2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 河川敷で コチドリ | トップページ | 美しいセキレイ ホオジロハクセキレイ »

2024年5月12日 (日)

小さくとも鳴き声だけは セッカ

春の季語でもある「揚げ雲雀」のヒバリ同様、河川敷や畑地上空で賑やかに囀るのはセッカ。体はスズメより小さいがこの時期、その存在感を示すかの如く良く通る声で盛んに囀る。

上空から舞い降り、近くの低木の上に留まったところを先ず1枚。

0t1a0197


「ヒッツヒッツ・・・」と鳴きながら上空高く舞い上がったところで、もう1枚。


0t1a3279_20240505205701


降下する時には「チャッ・チャッ・・・」と鳴きながら。。肝心の眼がハッキリと写っていませんが、背中を見せて下降したところを更に1枚。


0t1a3944


-2372-


いつも応援をありがとうございます。 
にほんブログ村「デジタル写真」ランキングに参加しています。拙いブログですが、下の「デジタル写真」のバナーを「見たよ」と、ポチッとクリックしていただけたなら本当に嬉しく、これからの励みになります。何卒宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

« 河川敷で コチドリ | トップページ | 美しいセキレイ ホオジロハクセキレイ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

こんばんは セッカ 可愛らしいですね~。
飛び上がったところも背中見せてくれたとこも
綺麗に羽と尾羽が広がってキャッチも入り
ばっちり撮られていますね!
渡しも一昨日セッカを撮ろうと粘りましたが
一枚も撮れずに終わりました~。

こちらのセッカを毎年、撮り続けていたポイントの葭原が、すっかり切り倒されてしまったようです。
残念なことです。
いつも、その葭原の中に巣もつくったりしていたのに・・・
農家さんの持ち物だし、毎年大勢の鳥撮りさんたちが集まるので、
迷惑だったのでしょう。
でも、用水路のほうでも営巣することもあるので、一度様子を見に
行ってこようと思っています。
やはり、青空の時がいいですね。

はぴ 様
おはようございます。
青空高く舞い上がるセッカ。
ヒバリ同様この時期、当地ではよく見かかる光景です。
降りて来る時には眼が入りませんでしたが羽が広がっていたので「よし」にしました。
この鳥は折角飛んでいる時が撮れても羽を閉じている場合が多いものですから・・・

korekore 様
おはようございます。
そちらのセッカポイントは残念なことになったようですね。
地主さんの事を思えば仕方がないかもしれません。
こちらでは大河川の河川敷に行けば何処にでも居ますs、
畑地でも同様です。
平野部が多いのでこの点だけは恵まれているのかもしれません。
留まり物はともかく、飛翔時はやっぱり青空が好いですね~

おはようございます!
スズメよりも小さなセッカですか。
そんな小さな鳥の飛行姿をどうやって撮っているんですか?
動きが素早くて、望遠レンズを向けても捉えるのが大変で、ましてやピント合わせも難しいと思いますが?

FUJIKAZE  様
こんにちは。
図鑑によればスズメの大きさは14.5cm、セッカは12.5cmと僅か2cm小さいだけです。
自分は未だ下手ですが、カメラの性能を頼りに被写体追尾性能を利用しています。
失敗も多く、成功率も低いですがせっせとトライしています。
海中撮影で鍛えられた「FUJIKAZE」さんならば直ぐに慣れて来るものと思います。

木の枝に止まっているセッカが、水彩画のように美しいですね♪
緑の葉っぱもいいアクセントになっていますね。
羽を広げた姿は、昔、ジュディオングさんが着ていた衣装のようで
とってもきれいです♪

おはようございます。
飛びものが続きますね。
どれもバッチリ!!素敵です。
このところ田圃巡りを始めてみましたが、こちらのセッカは遠くばかり!!
じっと我慢してまっていれば、近くに来る機会も多くなるのですが・・・・・・
3枚目の背中部分が映る飛翔写真、背景も抜けてよく撮れましたね。
高台からですか??

k-24  様
おはようございます。
セッカ、一見地味でスズメみたいな小鳥ですが
良く見れば綺麗な小鳥で自分も大好きな野鳥のひとつでもあります。
羽がもう少しだけ広がればジュディオングさんのようになるのですが・・・
なかなか上手くは行きません。
何時も嬉しいコメントを有難うございます。

ソングバード 様
おはようございます。
偶然でしたが飛び物が続いてしまいました。
飛び物が撮れた時にはやはり嬉しいものですが、
「ソングバード」さんには何時も褒めていただき嬉しさも格別なものがあります。
当地にはセッカは掃いて捨てるほど居りますので何処でも撮れます。
3枚目の写真、河川敷の平地でしたが下降時に運よく背中が見えました。
背打ちが撮れたのも幸運でした。
出来る事なら眼を入れたかった事です。欲を言えばキリがありませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 河川敷で コチドリ | トップページ | 美しいセキレイ ホオジロハクセキレイ »