2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 鳥待ちの時 キジとシメ | トップページ | 梅の次は桜 サクジロー »

2024年2月16日 (金)

早春の花を訪ねて 浜松フラワーパーク

我が家の梅は早咲き故か既に終わってしまったが、浜松フラワーパークの梅が見頃とのニュースに行って来た、同パークにはハスとカワセミを期待して昨年8月に訪れて以来の訪問です。
メイン目的は様々な梅が植えられている梅園と早春の草花、福寿草を見ること。

先ずは梅園に咲く枝垂れ性の紅梅から。


119a8469_20240215190201


紅梅の次は白梅、これも枝垂れ性の梅です。梅園に小鳥の姿があればとも思いましたが腰痛持ちの自分には広い園内を重いレンズを持って出かける事はNG、幸か不幸か小鳥の姿は皆無でした。


119a8478_20240215190201   


馥郁たる梅園の香りを楽しんだ後は福寿草が咲く一角へ。かつて、この花が好きでホームセンターで購入後、自宅の庭やプランターに植えたものの一度も成功せず、今では自宅での植栽は諦め、眺める草花としております。
広大な園内に咲く、野生の福寿草は期待どおりの美しさでした。


119a8628


現地で教えて頂いたセツブンソウもパチリ。ピントが若干蕊から外れてしまいましたが・・・


119a8612_20240215190201


-2330-

いつも応援をありがとうございます。 
にほんブログ村「デジタル写真」ランキングに参加しています。拙いブログですが、下の「デジタル写真」のバナーを「見たよ」と、ポチッとクリックしていただけたなら本当に嬉しく、これからの励みになります。何卒宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

« 鳥待ちの時 キジとシメ | トップページ | 梅の次は桜 サクジロー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ふんわり感がやさしい印象の
紅梅がきれいですね♪
これは、前ボケで撮影されたのですか?
春を告げるような福寿草やセツブンソウもかわいくて
私も、お花の撮影に行きたくなりました♪

k-24  様
紅梅はフィルターを使いました。
鳥撮りにハマる前、花撮影に夢中になった時期があります。
その頃使っていたフィルターで「kenko社」の「センターフォーカス」と言うフィルターです。
フィルターはPLを始め様々なフィルターを使っておりましたが
久しぶりでこのフィルターを使った次第です。
昔と違い、今ではソフトでフィルター効果を得られる場合が多く、使わなくなってしまったものも多くありますが、今回久しぶりで使用してみました。
フィルター効果、レタッチではなく生の画像なのが好いと仰る方も多いです。

フクジュソウとセツブンソウは、こちらの公園でも会えたこともありましたが、
どういうわけか、今年はまだ見ることができません。。。
一度はこの目で見ないと、春は迎えられない感じ。
いつになるやら。
一枚目の枝垂れの紅梅。
素敵な写真になりましたね。

koreekore 様
福寿草は草花の中でも大好きな花です。
過去、ホームセンターで咲いている小鉢を購入しては庭やプランターに植えるもことごとく失敗。
お正月用にと店頭で販売している花なので、植えられている環境の違いもあり、これは仕方のないことかもしれませんね。
その様な訳で自然界に咲く福寿草を観てきました。
節分草は過去にもあまり記憶が無く新鮮な花でした。
鳥を忘れて季節の花三昧。
偶には好いものですね。
鳥が少ない事もありますが(笑)

こんばんは
フラワーパーク いろんな花が見れて
いいですね!!
紅梅 フィルター効果でとても印象的な
仕上がりですね!! 綺麗〜。
福寿草やセツブンソウもいいですよね。
以前 セツブンソウを撮りたくて
フラワーパークに行きましたが強風で
撮影に苦労したのを思い出しました。

はぴ 様
こんばんは。
花のそれほど多い時期ではありませんが
梅と福寿草が見たくて夫婦で行って来ました。
セツブンソウ、過去に見たようなそうでもないような・・・
あまり記憶にないのですが清楚な感じの花でした。
今回は腰痛の為、重いレンズは持たず、マクロレンズ1本。
その為、昔使ったフィルターも数個持参しましたが、
適正絞り地など忘れてしまったものもあり、充分に使いこなすことが出来ませんでした。
紅梅、有難うございます。
花撮影の上手い「はぴ」さんにお褒めの言葉を頂き、本当にありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鳥待ちの時 キジとシメ | トップページ | 梅の次は桜 サクジロー »