2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 令和6年 ハイイロチュウヒ | トップページ | 今年も来ました ヒレンジャク »

2024年2月 8日 (木)

今度は近くから オシドリ

先月、ダム湖へ出掛けた時には遥か彼方で残念な思いをしたオシドリ。あの美しいオシドリを近くから撮りたいものとダム湖とは違う場所に出かけたが僅かな人の気配でも直ぐに隠れてしまい、その存在は確認出来ても撮影には至らなかった。同行した鳥友さんは、誰も居ない雨天の時には撮影が出来たとの事。
この日は朝から小雨模様とオシドリ撮りには絶好?の天候。


現場に到着した頃には雨も殆ど上がり、未だ雲は多いがそれほど暗くはなく、先ず先ずの撮影日和となった。気付かれない様「そおっと」近づいて見れば「居ました居ました」オスのオシドリが1羽、池の奥から静かにこちらにやって来ます。


203a4409


このオシドリは、見張り役か斥候か?松の枝の下を通り雨に濡れて美しい羊歯の方へ。映り込みもキレイで・・・気づかれない様、物陰に隠れ、息を殺し撮っている自分もシャッターを押しながら心中思わず「やったー」と、にんまり。


203a4485


1羽が通過し、安全と見たのか奥の方からは数羽のオスやメスが次々と・・・その中からオス、メス揃ったところも1枚。


203a4454


最後は、此方に向かって飛出しも披露! と、大サービス。


203a4504


-2326-

いつも応援をありがとうございます。 
にほんブログ村「デジタル写真」ランキングに参加しています。拙いブログですが、下の「デジタル写真」のバナーを「見たよ」と、ポチッとクリックしていただけたなら本当に嬉しく、これからの励みになります。何卒宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ



« 令和6年 ハイイロチュウヒ | トップページ | 今年も来ました ヒレンジャク »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
オシドリ 水面の映り込みも綺麗で
華やかに撮れましたね。
シダがいっぱいに背景になるのも
いいですね。
メスと一緒なのも飛び出しも撮れて
最高でしたね。
こちらで何度か撮ってた場所が
昨年立ち寄ったら環境が激変していて
オシドリは見れなくなり残念です。

はぴ 様
おはようございます。
過日はダム湖まで出かけたが遠すぎて残念な思いをしたオシドリ。
今回、最初は警戒されダメでしたが、
2度目鳥友さんを真似ては雨の日に出掛けて撮ることが出来ました。
様々なシーンが撮れて自分でも満足しております。
そちらでは環境が激変ですか。
警戒心の極めて強い鳥なので環境が変わるとその場所は敬遠されるのかもしれませんね。

最近、思うこと。
鳥の写真を撮ることは、一度の体験では撮れないところが、
二度目・三度目と重ねるごとに、
思わぬ絵が撮れるということ。
毎日のように観察に出かけられるカワセミ撮り人さんたちも、
そのことにとっくに気づかれているからなのでしょうか・・・
そんなところに奥の深さを感じます。
オシドリさんに会えて、いい絵とビッグチャンスにも恵まれて
ほんとによかったですね。

korekore 様
仰るとおりです。
二度三度出かけているうちに好い瞬間に出合えたり、
様々な体験が出来、それが経験となってその人の糧になる・・・
やっぱり奥が深いと思います。
だからこそ鳥撮りにハマってしまうのですね。
今回は自分でも満足しております。
残念な思いをしたり、満足出来たりと本当に奥が深い鳥撮りですね。

オシドリは、本当にきれいな鳥ですね♪
羽の色やグラデーションの美しさに見とれました。
水面の緩やかな波や、オシドリとシダの映り込みもきれいですね。
それから、夫婦仲良く泳ぐ姿や飛び出しまで
まるでフルコースの美味しいお料理を頂いたような
そんな気持ちになりました♪

k-24 様
オシドリ、日本に居る野鳥の中でも華やかさではトップクラス。
今年になってオシドリと撮りに遠いダム湖まで出かけましたが遠すぎて。。
此処は以前にも撮った場所なのですが、公園内の為、散歩の人が多く、
警戒心の極めて強いオシドリは居てもなかなか撮らせてくれなかった場所でした。
文中にもありますように鳥友さんから「雨の日ならば撮れる」を聞き、雨降りの日に出掛けてきました。
幸いなことに撮影時には雨も上がり、背景も緑が鮮やかとなり好いタイミングで撮影が出来たと喜んでいる次第です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 令和6年 ハイイロチュウヒ | トップページ | 今年も来ました ヒレンジャク »