2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 近距離から ヒメウ | トップページ | 幸せの青い鳥 ルリビタキ »

2024年1月31日 (水)

今季二度目 ホシムクドリ

昨年の11月末頃、田んぼで電線留まりのホシムクドリを見つけて以来久しぶりの出合いです。
今回偶然見つけたのは推定150羽位のムクドリたちの群れに混じっていた1羽だけ。この鳥も目の周囲が黒く、目が入り難いのですが何とか目の見える写真を選んで。


0t1a4255


ホシムクドリ、前回掲載のヒメウ同様、構造色の為か?光の当たり具合で紫色や緑色に見えるのですが鳥までの距離がかなりあり、緑や紫色の羽の色は殆ど分かりません。


0t1a4343

一斉に飛んでは元の場所に戻る・・・こんな動作を繰り返す、そんな群れの中から外側に出る瞬間を待って。

0t1a4418

この後、もう少し近くから青紫色に輝く羽の色が見えるところで撮りたいものと何度か出かけてみましたが、同じ場所で二度とムクドリ達の群れを見ることが出来ませんでした。

-2322-

いつも応援をありがとうございます。 
にほんブログ村「デジタル写真」ランキングに参加しています。拙いブログですが、下の「デジタル写真」のバナーを「見たよ」と、ポチッとクリックしていただけたなら本当に嬉しく、これからの励みになります。何卒宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

« 近距離から ヒメウ | トップページ | 幸せの青い鳥 ルリビタキ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

150羽以上もの群れの中で、ただ1羽だけのホシムクドリを、よく
探せましたね。
ただムクとは、色は違うとはいえ、見つけることは至難の業では
なかったでしょうか。
昨年、私もホシムク情報を得て、出かけてみましたが、あくる日には
もういなくて、残念な思いをしました。
当日、出かけた人たちは撮れていたので、ほんとに羨ましかったです。
鳥さんとの出会いは、毎度こんな風で、悲喜こもごもですね。

korekore 様
畑や田んぼでムクドリの群れを見つけた時、
ホシムクが居ないか一応確認します。
この時は群れの一番手前の端に居たので運よく見つけられたのです。
当地の田んぼには毎年必ずホシムクが少数飛来するので「何処かに居るはず」なのです。
でも、この時は本当に運が良かったのだと思っております。
鳥撮りには運が大きく左右しますね。
この時は幸運でした。

おはようございます。
ホシムク、ムクドリの中に混じってることが多いようですが、最初に見つけるのは、大変そうですね。
こちらでもムクドリの群れの中に混じってるかもしれないのですが、ムクドリってだけでパスしてしまってます。
やっぱり、諦めず、じっくり観察しないとこんな幸運には恵まれないようですね。
↓のヒメウ、暗緑色の羽がよく分かります。
もちろん初めての鳥ですが、いいものを見せて頂きました。

ソングバード 様
おはようございます。
当地の田んぼには毎年、数は少ないけれど必ずホシムクドリが来ます。
そのような訳でムクドリの群れを見つけた時には注意して見ています。
地表に居る時は分かり難いですが、電線に留まっている時には比較的見つけやすいですよ。
今回は1羽だけでしたが、電線留まりで複数の時には一緒に居り、ムクドリ達と僅かに距離を開けて留まっている場合が多いようです。
ヒメウ、暗緑色迄見ていただき有難うございます。近かったので分かりましたが大群の中に混じれば見つけるのは難しいでしょうね。

こんにちは
150羽ほどのムクドリの中から
1羽の星ムクドリ よく見つけられましたね!!
1羽だけで寂しくないのでしょうかね。
自分もムクドリと思っているのかな。
光の具合で紫や緑が見えるところ
撮ってみたいです。
てか まだ一度も出会いがないので
そこからです。

はぴ 様
こんばんは。
偶然と言うのでしょうね。
大きな群れの一番手前側に居たので直ぐ分かりました。
これもやはり幸運の一語ですね。
群れの中に居ても電線などに留まっている時
少しだけ離れた場所に居ることも多いのでやはり仲間とは違うと思っているのかもしれません。
でも、いじめたりはしていないようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近距離から ヒメウ | トップページ | 幸せの青い鳥 ルリビタキ »