2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »

2023年12月

2023年12月31日 (日)

2023年、地元で撮った印象に残る鳥たち

2023年、野鳥が少ないとボヤキながらも様々な野鳥たちとの出合いがあった。
その中でも地元で撮った強く印象に残る鳥たちを順次並べてみました。出来栄えの芳しくない写真も多々ありますが、あくまでも本年の思い出に残る写真でありベストショットの羅列ではありません。

昨年秋には地元に飛来せず、残念な思いをしておりましたが隣県迄行かなくても地元で必ず・・・と待ち続け2月上旬、地元でハイイロチュウヒです。
この鳥は今迄にも随分撮りましたが飛翔姿は殆どが空抜けや背景が茶色か枯草ばかり。それはそれで季節感もあってよいのかもしれませんが、この時は緑バックでしかも鳥との距離もかなり近く、自分なりに感激した思い出の1枚です。この時は車内から手持ち撮影でした。


0t1a4250_20231020152001

3月中旬にはキバシリ。この鳥は随分前に証拠写真の域を出ないショットを撮って以来全く縁が無かっただけに嬉しく、本当に久しぶりの新鮮な感じの小鳥でした。


0t1a7289


同月下旬には深紅のベニマシコ。此処2~3年ベニマシコの濃い赤色の個体には出合ったことが無く今季も諦めていた時、渡り途中なのか思いがけない場所で偶然に。こんな時は殊の外嬉しいものです。


0t1a8500_20231211182501


4月下旬、通常では地元で絶対に見られないノビタキの夏羽が飛来。この鳥の夏羽は富士山麓の高原では見ておりますが地元では全く初めて。それだけに印象強く残っています。


0t1a0454_20231020155701


7月下旬にはアカショウビンの巣立ちを初めて見ることが出来ました。写真は巣立ち寸前のアカショウビンの雛鳥、この直後の巣立ちの瞬間は暗い事や動きが早すぎてピンボケ連発。当時は肋骨に「ひび」が入って通院中、それでも痛みを我慢しての撮影は忘れることが出来ません。


0t1a0604_20231020152001


9月、世界的に希少種で、絶滅危惧種のカラフトアオアシシギが。推定個体数は500~1000羽と、あのヘラシギ並みの希少種とか。
一見、アオアシシギと思って見過ごすところを見つけたこの鳥の第一発見者は凄い!


0t1a7123_20231020192601


10月中旬、短い時間だけ見ることが出来たジュウイチの幼鳥。過去2度、見に行くも2度共に「前日まで居ましたよ・・・」と残念な思いをしていたので3度目の正直となりましたが滞在はこの時限り。逆光と枝被りばかりで欲を言えばもう少し好い環境の下で写真を撮りたかったがチラリとだけ見ることが出来ただけでも幸運でした。
周囲が葉や小枝が多く背景があまりにも煩く、思い切って大きくトリミングしました。



0t1a6502__20231211180601


最後もハイチュウで、11月下旬の撮影でした。撮影場所は広い田園地帯で近くにCMさんは誰も居らず自分一人だけ。自分に向かって真っすぐに飛来してくるハイチュウを発見、夢中でシャッターを連写した中の1枚です。車中からの撮影でしたが、これ程真正面から目線の高さで至近距離まで飛んでくる個体を撮ったのは初めて。


0t1a3385


本年のブログUPも今日が最終回となりました。
今年1年間、拙いブログではありましたが訪れていただいた方々、暖かいコメントを寄せて下さった皆様、そして「にほんブログ村」への「ポチッ」と、応援して下さった皆々様、本当にありがとうございました。
来年もまた宜しくお願い申し上げます。

皆々様 良いお年をお迎え下さい。

-2307-

いつも応援をありがとうございます。 
にほんブログ村「デジタル写真」ランキングに参加しています。拙いブログですが、下の「デジタル写真」のバナーを「見たよ」と、ポチッとクリックしていただけたなら本当に嬉しく、これからの励みになります。何卒宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

2023年12月29日 (金)

獲物は魚専門の美しい鷹 ミサゴ

ミコアイサを撮った後、河口上空を飛ぶ魚専門の美しい鷹、ミサゴを見つけた。

下でカメラを構える自分をジロリと一瞥後、外洋で狩りをしてきたのか獲物を「これ見よがしに」持って悠々と・・・


0t1a7336


ミサゴが獲物を獲る瞬間、所謂「ダーウィンポーズ」にも挑戦してみたいところですが最近、河口付近ではその瞬間は殆ど見られず、専ら狩りは外洋で行ってくることが多い様です。


0t1a7321


岸辺近くでは赤い目が特徴のハジロカイツブリも、無風状態なので映り込みも何とか。


0t1a6947



-2306-

いつも応援をありがとうございます。 
にほんブログ村「デジタル写真」ランキングに参加しています。拙いブログですが、下の「デジタル写真」のバナーを「見たよ」と、ポチッとクリックしていただけたなら本当に嬉しく、これからの励みになります。何卒宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ









2023年12月27日 (水)

再々度 ハイイロチュウヒ(3)

腰痛治療で通院先のDrから「寒いところは厳禁、常に暖かくして・・・」の指示もあり、好きな鳥撮りは車内から撮影出来る近くの田んぼか河川敷が多く、この日も近くの田んぼです。そのため、同じ鳥の繰り返しUPとなってしまいました。

この日も現れたのはハイイロチュウヒ、通称ハイチュウのオスです。何時もは低いところばかり飛翔していますが、この時は久しぶりに直ぐ近くの畔に降りてくれました。地上に降りたハイチュウ、久しぶりの撮影です。


203a1881


日曜日で人気の鳥とあって約300m離れた農道にはズラリ25~6台が並んでおりますが、自分が停めた農道は人気が無いのか自分の車だけ。それが幸いしたのかハイチュウは直ぐ近くで10分位休憩の為? 地上に降りたままです。左の枯草の束が邪魔ですが近くから撮り放題のこの際、文句は言えません。


203a2045


飛出しは気付くのが遅れミスショットでしたが、畦道沿いに飛んだところも1枚。


203a2079

 

-2305-

いつも応援をありがとうございます。 
にほんブログ村「デジタル写真」ランキングに参加しています。拙いブログですが、下の「デジタル写真」のバナーを「見たよ」と、ポチッとクリックしていただけたなら本当に嬉しく、これからの励みになります。何卒宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

2023年12月25日 (月)

可愛いパンダガモ ミコアイサ

先日はその姿が確認出来ても遠過ぎて写真にならなかったミコアイサ。毎年、12月になれば近くの川や池に少数が飛来します。
腰痛の為、毎日通院しリハビリ治療を終えた後、近くの河川敷を覗いてみた。

パンダガモの愛称で親しまれているお馴染みの水鳥ですが、この日は先日よりかなり近くに来てくれた。冷たい川風を避け、腰にホッカイロと暖かくして車中からの撮影です。


203a0677


全て目が写っている写真を選んだつもりですが? ブログ画像ではハッキリしませんね。


203a0874


定番ですがパタパタも1枚。


203a0714


この日、確認出来たのは3羽だけ、その3羽が揃ったところも1枚。


203a1301_20231223204801


-2304-

いつも応援をありがとうございます。 
にほんブログ村「デジタル写真」ランキングに参加しています。拙いブログですが、下の「デジタル写真」のバナーを「見たよ」と、ポチッとクリックしていただけたなら本当に嬉しく、これからの励みになります。何卒宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

2023年12月23日 (土)

何時もの田んぼで タゲリ等

 持病でもある腰痛再発により只今通院中となりました。寒くなってきたことや、腰の痛みに寒さは禁物との整形医のアドバイスもあり 、ここのところ暫く鳥撮りには出ておりません、写真は今月初め頃に撮ったものです。

11月中旬頃には、ほぼ毎日出かけておりました近くの田んぼで見たタゲリ。


0t1a6316_20231218201301


通常、田んぼで見かけるタゲリは5~6羽位の小さな群れ多いのですが、この時は30羽位とかなりの数が集まっていた。一斉に舞い上がったところの一部を。


0t1a5426


タゲリが去った後、ハイタカとチョウゲンボウが絡み合ったところも・・・でも、双方共に顔がハッキリしません。


0t1a5928


-2303-

いつも応援をありがとうございます。 
にほんブログ村「デジタル写真」ランキングに参加しています。拙いブログですが、下の「デジタル写真」のバナーを「見たよ」と、ポチッとクリックしていただけたなら本当に嬉しく、これからの励みになります。何卒宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ




2023年12月21日 (木)

何時もの池で コウノトリ

この季節には時々出かける池にミコアイサが飛来し、トモエガモやアメリカコガモも居るとのニュース。
水面に浮かぶミコアイサは確認出来ましたが遠すぎて写真にならず、トモエガモとアメリカコガモは対岸の岸辺に上がって爆睡中のカモたちの中に混じっているのかこちらも遠くて確認不能。

そんな中、この池では時々見かけるコウノトリがクロツラヘラサギの近くに来たところを1枚。クロツラヘラサギと比べコウノトリの大きさがよく分かります。
11月に2羽が飛来し、その後3羽になったクロツラヘラサギですがこの日、見たのは2羽のみ。


0t1a7274

コウノトリ、かつては大珍鳥で当地方への飛来時には新聞にも掲載されたものですが、最近では何時でも見られることからCMは自分と久しぶりで出会った旧知のベテランCM氏の二人だけ。
人工飼育され放鳥されただけに人を見ても怖がる事は全くない。クロツラヘラサギと一緒に居た場所から突然レンズを構える自分達の直前まで舞い降りてきました。二人を生まれ育った所の餌を貰える飼育員の人と間違えた?


0t1a7371

鳥との距離は5~6M位、この後の写真は近すぎてフレームアウト。小鳥が近くに来るのは大歓迎ですが、れ程大型の鳥はもう少し離れて欲しいと贅沢な願いです。


0t1a7362

-2302-

いつも応援をありがとうございます。 
にほんブログ村「デジタル写真」ランキングに参加しています。拙いブログですが、下の「デジタル写真」のバナーを「見たよ」と、ポチッとクリックしていただけたなら本当に嬉しく、これからの励みになります。何卒宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

2023年12月19日 (火)

近くの池で トモエガモ

トモエガモ。かつて当地ではその数も少ない上、警戒心が異常に強く、見つけても遠すぎて写真にならない水鳥のひとつでした。
近年、その数が増えたのか近くの池にも毎年飛来する様になり、少しは身近な感じとなりましたが依然として警戒心が強く、なかなか近くからは撮らせてくれません。

この日、多くのカモたちの中に混じって居る2羽のトモエガモを運よく見つけてパチリ。それでも鳥との距離はやや遠かったので起きている1羽を大きくトリミング。


0t1a7550


周囲のカモたちも爆睡中、漸く見つけたトモエガモですが直ぐに寝てしまうので目を開けた瞬間を持ってもう1枚。


0t1a7588


パタパタなどのパフォーマンスも期待しましたが、すぐに寝てしまうトモエガモは諦め、上空を飛ぶ越冬?アオアシシギを撮ったところで帰宅。


0t1a7259


-2301-

いつも応援をありがとうございます。 
にほんブログ村「デジタル写真」ランキングに参加しています。拙いブログですが、下の「デジタル写真」のバナーを「見たよ」と、ポチッとクリックしていただけたなら本当に嬉しく、これからの励みになります。何卒宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

2023年12月17日 (日)

暗色型ですが コクマルガラス

何時もの田んぼで鳥待ちの時、ベテランCMさんから「近くのカラスの群れの中にコクマルガラスが2羽居ますよ」
周辺の田んぼには数えきれない程の夥しいカラスの群がいる。その中からたった2羽のコクマルガラスを見つけたベテランCMさんは凄い。
その日、教えて頂いた田んぼでコクマルガラスを撮る事が出来ましたが後日、今度は近くの電線に留まっているところを再度発見。

全て電線どまりですが、先日のミヤマガラスに混じって田んぼに降りていた時に比べ、何とか眼も写っていたので電線どまりのこちらの方をUPです。


0t1a7440


数年前に一度見た白と黒の「淡色型」と異なり体全体が黒く、一見普通のカラスと間違えそうな感じですが大きさもハト位。一緒に居るミヤマガラスと比べ、かなり小さく頭部周辺が一部淡色。


0t1a7453


鳴き声もカラスとは似ても似つかぬ可愛い声で鳴いていた、コクマルガラスの生の鳴き声は初めて聞いた。


0t1a7448

-2300-

いつも応援をありがとうございます。 
にほんブログ村「デジタル写真」ランキングに参加しています。拙いブログですが、下の「デジタル写真」のバナーを「見たよ」と、ポチッとクリックしていただけたなら本当に嬉しく、これからの励みになります。何卒宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

 

2023年12月15日 (金)

今年もやって来た コハクチョウ

温暖とも言われる当地方ですが、ここ数年、毎年コハクチョウが少数飛来しています。
先日、浜松市内にはオオハクチョウが11羽飛来したものの、コハクチョウが未だ確認されず、今年は来ないのか・・・と、気になっておりましたが何時もの池に3羽飛来です。
9日朝、鳥友さんより「昨夜、コハクチョウが飛来しましたよ」の連絡を頂き早速現地へ。昨年より約1か月遅い到着ですが嬉しいニュースです。

撮影ポイントは半逆光気味でしたが1羽が近くで水浴びを始めた、水浴びは逆光時がチャンスと先ずは急ぎ1枚パチリ。目で見れば水浴びによる水飛沫は上がっているのですが写真を見ればそれ程目立ちません ↓


0t1a6770

大型の鳥なので小さな水しぶきは目立たないのかもしれない。飛沫がもっと光るようにと撮影位置を少しだけ移動してもう1枚。撮影場所を移動した分、顔が黒くなりました ↓


0t1a6743


更に移動し、最も逆光気味のところから・・・顔は上写真以上に暗くなりましたが水浴びの状況は少しだけリアルに表現出来た? 主役はコハクチョウのつもりでしたが。。。
この後、寝ていた2羽も起きて3羽揃って水面に浮かぶシーンを撮って帰りました。


0t1a6688


-2299-

いつも応援をありがとうございます。 
にほんブログ村「デジタル写真」ランキングに参加しています。拙いブログですが、下の「デジタル写真」のバナーを「見たよ」と、ポチッとクリックしていただけたなら本当に嬉しく、これからの励みになります。何卒宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

2023年12月13日 (水)

冬の大空に チョウゲンボウ・コチョウゲンボウ・オオタカ

広い田んぼでハイチュウ待ちの時、冬の大空を颯爽と飛翔する猛禽三種を其々1枚ずつ。

先ずはチョウゲンボウのオス。この時期、この田んぼで最も多く見られる猛禽はハヤブサの仲間、チョウゲンボウかもしれません。


0t1a6416


次は同じチョウゲンボウでも「小」が付くコチョウゲンボウ。
コチョウゲンのオスはこのところ見ることが出来ませんが、オスでなくとも見られただけでも幸運?


0t1a4370_20231211193701


最後はオオタカの幼鳥です。


0t1a4799


-2298-

いつも応援をありがとうございます。 
にほんブログ村「デジタル写真」ランキングに参加しています。拙いブログですが、下の「デジタル写真」のバナーを「見たよ」と、ポチッとクリックしていただけたなら本当に嬉しく、これからの励みになります。何卒宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

 



2023年12月11日 (月)

島田市のジャンボ干支 辰

恒例の島田市大代のジャンボ干支を見に行ってきました。
ネットに掲載された記事によれば

「年末恒例の島田市大代地区コミュニティー団体「王子田(おおじだ)会」による、手作りのジャンボ干支が12月3日にお披露目。毎年、年賀状用写真撮影スポットとして人気を集めています。今年は11月4日から土日を利用して約11日間かけて地元のわらや竹、間伐材を材料として使い28作目で最大の迫力ある「辰」を制作しました。会場ではお披露目日を含め、週末を中心に地場産野菜などが販売される「干支前市」が開かれます。12月中旬頃からはジャンボ干支カレンダーも販売予定です。夜には、ライトアップとイルミネーションもおこなわれます」

毎年この時期に訪れている島田市のジャンボ干支、来年の干支「辰」も迫力満点。出来栄えも実に見事なものでした。
見物客からも「あっぱれ!」の声が・・・



119a8393

-2297-

いつも応援をありがとうございます。 
にほんブログ村「デジタル写真」ランキングに参加しています。拙いブログですが、下の「デジタル写真」のバナーを「見たよ」と、ポチッとクリックしていただけたなら本当に嬉しく、これからの励みになります。何卒宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

 

2023年12月 9日 (土)

河川敷で ベニマシコ

久しぶりで河川敷を訪れ、彼方此方と鳥探し、漸く見つけたのはベニマシコ。先月上旬に出合った様な赤いベニマシコではありませんが。。
口元は、ほんのり紅色の若様?


0t1a1432

ススキの穂?らしきものを一心に啄んでいます。


0t1a1570


鳥は皆地系でも近くで撮れたことが好かった。でも、やっぱり濃い紅色のオスに出合いたかった、これが本音。

0t1a1617


飛出しも1枚。


0t1a8136

-2296-

いつも応援をありがとうございます。 
にほんブログ村「デジタル写真」ランキングに参加しています。拙いブログですが、下の「デジタル写真」のバナーを「見たよ」と、ポチッとクリックしていただけたなら本当に嬉しく、これからの励みになります。何卒宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

 

2023年12月 7日 (木)

冬の使者 オオハクチョウ

忘れていた訳ではありませんが約半月前のレポートです。賞味期限切れの感否めずかもしれませんが。。。

11月21日、地元新聞紙上にオオハクチョウが飛来のニュースです。
当地方には毎年、少数のコハクチョウが飛来しますがオオハクチョウも時々その美しい姿を見せてくれることもあります。
今回は11羽が浜松市内の池に飛来し「冬の使者飛来」の記事が掲載されていた。その後近くの川に移動したとの事、居なくなる前にと早速出かけてきました。


0t1a1751

新聞によれば飛来したオオハクチョウは成鳥が8羽、幼鳥が3羽の計11羽。11羽全てフレームに入る位置まで下がりパチリと。


0t1a1769


群れの中の1羽がパタパタと少しだけ移動です。


0t1a1773


-2295-

いつも応援をありがとうございます。 
にほんブログ村「デジタル写真」ランキングに参加しています。拙いブログですが、下の「デジタル写真」のバナーを「見たよ」と、ポチッとクリックしていただけたなら本当に嬉しく、これからの励みになります。何卒宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

 

2023年12月 5日 (火)

鳥撮りCMの人気者 ハイイロチュウヒ(2)

美しい鷹、ハイイロチュウヒのオス、通称ハイチュウ(♂)が多く撮れたので続編です。


0t1a3803


この日の飛翔コースは有難い事に空抜けでなく、直ぐ前の田んぼの畦道の内側を飛んでくれました。

0t1a4456


この時は、午後から風が強くなり、3時前には殆どのCMさんが引き上げた、その直ぐ後に現れたハイチュウ。

0t1a5298


別の日に撮影したものですが、個体数の少ないハイチュウが珍しく2羽同時に現れたことがありました。背景も煩く、右の1羽は写りもハッキリしませんがハイチュウのオスが2羽同じフレーム内に入ったのは初めての事であり、証拠写真として。


0t1a3783_20231203210901

-2294-

いつも応援をありがとうございます。 
にほんブログ村「デジタル写真」ランキングに参加しています。拙いブログですが、下の「デジタル写真」のバナーを「見たよ」と、ポチッとクリックしていただけたなら本当に嬉しく、これからの励みになります。何卒宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

2023年12月 3日 (日)

地元の紅葉 法多山

12月1日。新聞の地方版に地元の紅葉名所小國神社が見頃との記事が掲載されていた、春の桜と共に紅葉の時期も長いようで実は短い。鳥撮りに明け暮れる毎日ですが身近なところで季節感を味わうこともまた良しと、土日を避け即、家内と共に小國神社へ。
平日にも関わらず神社入り口ではかなりの渋滞、漸く駐車場に辿り着き、紅葉をと宮川一帯を散策すするも期待した紅葉には至らず、早々に引き上げ遠州三山のひとつ法多山尊永寺に。

法多山、かつてはウォーキングや初詣、お花見等で随分訪れておりますが紅葉時期に訪れたのは初めて。
本堂へと向かう参道は人通りも少なく、綺麗な紅葉が続く中、ゆっくり晩秋を楽しみながら本堂へと。


119a8336


そして本堂へと向かう石段をテクテク。間もなく卒寿も折り返しの歳となりましたが、この石段を上る度に「この石段を上るのも今度が最後かな」そう思いつつ今年も何とか上ることが出来ました。


119a8348

下写真は上ってきた本堂から北谷寺方面を。


119a8359


お土産に名物の「厄除けだんご」を買って、石段ではない下山コースを紅葉を楽しみつつゆっくり帰りました。


119a8376

近年、加齢と共に「安近短」の近場で紅葉を楽しんでおります。
行先も近場の小國神社始め遠州三山のひとつ油山寺などに出掛けておりましたが、今年は初めて法多山へ行ってみた。
紅葉は想像していた以上に美しく、この日だけは野鳥を忘れ、静かな環境の中で日本の秋を楽しむことが出来ました。

-2293-

いつも応援をありがとうございます。 
にほんブログ村「デジタル写真」ランキングに参加しています。拙いブログですが、下の「デジタル写真」のバナーを「見たよ」と、ポチッとクリックしていただけたなら本当に嬉しく、これからの励みになります。何卒宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ



2023年12月 1日 (金)

そっくりな動作 クロツラヘラサギ

過日、近くの池に今年もまたクロツラヘラサギが2羽やって来た、ここのところ毎年飛来していますがが鳥撮りファンの一人としても本当に嬉しい事です。
長い嘴を水に入れ、左右に振りながら餌をとる姿や池の上を飛翔する場面は過去にも掲載いたししましたが、今回は2羽揃って同じ動作をすることの多い2羽の瞬間を。。。



0t1a9020_20231122194301


池の上を飛翔してから舞い戻って来ましたが降りるタイミングも翼の格好も殆ど同じ。


0t1a9021_20231122194301


人間でも一卵性双生児の方は動作も似ると言われておりますが。偶然かもしれませんがそれにしても。。。


0t1a9022_20231122194301


一連の動作は静止画を連写したものの一部であり合成・加工写真ではありません。

0t1a9023_20231122194301

この撮影後1羽増え今では3羽が見られるとのことです。

-2292-

いつも応援をありがとうございます。 
にほんブログ村「デジタル写真」ランキングに参加しています。拙いブログですが、下の「デジタル写真」のバナーを「見たよ」と、ポチッとクリックしていただけたなら本当に嬉しく、これからの励みになります。何卒宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ





« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »