2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »

2023年7月

2023年7月30日 (日)

4羽が巣立ち アカショウビン

その後のアカショウビンです。
前回掲載の写真は5月の末に撮影したもので、それ以降7月下旬のこの日まで2~3回様子を見に此処を訪れただけですが、今回は幸運なことに巣立ち日に遭遇することが出来ました。

親鳥が餌を持って巣穴近くの枝に留まっています。通常ではこの後すぐに巣穴に入りヒナに給餌するのですが、なかなか巣穴に入って行きません。もしかして巣立ちを促しているのかもしれないと期待が膨らみます。


0t1a0055_20230724143301

この時は、親が何時まで待ってもヒナが巣穴から出て来ないので親鳥は仕方なく巣穴の中で給餌、そして飛出しです。


0t1a0080


この後、再度餌を持ってきた親鳥は今度は巣穴からかなり離れた枝に留まり巣穴に入って行く様子は全くない。
巣穴の中からヒナは体を乗り出して短く鳴きながら親に餌の催促。しかし親は巣穴には来てくれません。ヒナは餌は欲しいが初めて見る外の世界に不安が大きいのか親の呼びかけにもなかなか飛び出せません。


0t1a0604

 

暫く時間が経ったのち、意を決して巣穴から飛び出したヒナは少し離れた枝へ。ヒナ鳥だけ見れば嘴や羽、そして足の色も成鳥とは全く異なりアカショウビンとは思えません。
残念ながらヒナの飛出しの瞬間はシャッターを押すタイミングが遅れ撮れませんでした。


0t1a0546_20230726195201

 

離れた枝で餌を持って待機中の親鳥は早速ヒナに近づき「よく思い切って出て来たね」とばかりに巣立ち祝いの?プレゼント。



0t1a0413_20230727142901



これ迄が1番子の巣立ち迄のあらましです。
この後、同様の経過で2、3番子が巣立ち、3番子が巣立ちした時点で肋骨の傷のこともあり、あまり無理は出来ないと帰宅。そのあと最後の1羽も無事巣立ちしたとのことです。したがって4番子の巣立ちの経緯は分かりません。
残念だったのはヒナの巣立ちの瞬間で、最初はシャターのタイミングが遅れ、2~3番子の時は何とか撮れたもののピン甘とピンボケでした。
それでも1~3番子までの巣立ちの模様を見ることが出来、ラッキーな1日となりました。
-2241-
いつも応援をありがとうございます。 
にほんブログ村「デジタル写真」ランキングに参加しています。拙いブログですが、下の「デジタル写真」のバナーを「見たよ」と、ポチッとクリックしていただけたなら本当に嬉しく、これからの励みになります。何卒宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2023年7月28日 (金)

夏鳥のスーパースター アカショウビン

夏鳥の季節。この時季、当地方で鳥撮りCMさんの人気度では1,2を争うスーパースターのひとつがアカショウビン。鳴き声は聞いてもなかなか撮らせてくれない鳥は数多く居りますがその頂点に立つ鳥のひとつかもしれません。撮影は5月末頃と、かなり前のものです。

この日は小雨がパラつく暗い森の中とあまり芳しくない状況。それでも枝葉の被らないところへ出てくれました、嘴のテカリが気になりますが。。。


0t1a4552
 

カップルでしょうか2羽が並んだところを。アカショウビンのツーショトは2017年以来今回で2度目、前回は同方向を向いて2羽揃って並んでおりましたが鳥と鳥との間隔は今回の方が離れています。でも、自分としては貴重な1枚となりました。
2017年のブログはこちら http://yusato.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-cbf2.html


0t1a4429

 
アカショウビンの紋所?腰の部分が淡い色になってしまいました。本来なればもう少し濃い瑠璃色になるはずなのですが・・・
撮影場所が暗かった事もありますが、やっぱりウデの問題なのかもしれません。それでも貴重な紋所が見えたところをパチリ。


0t1a4639


メスへのプレゼント? 餌らしきモノを銜えて・・・飛出しも1枚。


0t1a7802


写りは「いまいち」ですが再び2羽並んでくれました。それに紋所?も見えたので更に1枚。


0t1a4810

-2240-

いつも応援をありがとうございます。 
にほんブログ村「デジタル写真」ランキングに参加しています。拙いブログですが、下の「デジタル写真」のバナーを「見たよ」と、ポチッとクリックしていただけたなら本当に嬉しく、これからの励みになります。何卒宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村



2023年7月26日 (水)

久しぶりで見た Drイエロー+ツバメ

田んぼ道を走行中、農道に並ぶCMさんの姿を発見。三脚やレンズの大きさから見て鳥屋さんではなさそう、その中の1人に声を掛けたところ「ドクターイエローの走行日です」

田んぼに鳥も居ないこともあり、皆さんの仲間に入れていただき間もなく来るというDrイエローを待つことに。レンズを向けた上空は曇りでしたが田んぼの緑と黄色い車体のDrイエローをパチリ。


0t1a6874

列車が通過後、再度田んぼを探すも鳥は居ません、そこで上空を飛ぶ燕をパチパチと。ツバメは数多く飛んでいますが幼鳥が多い感じでした。


0t1a8540


尾羽の短いこの個体も幼鳥でしょうか?


0t1a8239_20230723214101


-2239-
にほんブログ村「デジタル写真」ランキングに参加しています。拙いブログですが、下の「デジタル写真」のバナーを「見たよ」と、ポチッとクリックしていただけたなら本当に嬉しく、これからの励みになります。何卒宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2023年7月24日 (月)

2羽が巣立ち  アオバズク

 今年もまたアオバズクのヒナが誕生した。昨年よりやや早い今月中旬に1番子が、少し遅れて2番子が誕生し、双方共に無事巣立って行きました。

先ずは親鳥から。後ろ向きに留まった枝から振向き斜め後方を見たところを、アオバズクの「見返り美人図 」風のポーズはあまり見たことがない。自分としては珍しいのでパチリ。


0t1a5183

 

一番子ですが足元の葉や斜めの枝が気になるところです。この時は直ぐ右にメス親がいるのですが親は枝被りで写真にならず。この日は親子共々居場所は確認出来ても遂にすっきりとした場所に出てくれませんでした。

 

0t1a9097

 

1番子が巣立ってから少し日にちを置いて巣立った2番子は親子揃って。1番子は既に高い所に行ってしまったのかその姿は全く見られません。


0t1a9704


ちょっとだけエンゼルポーズも披露してくれました。


0t1a9583

 

-2238-


にほんブログ村「デジタル写真」ランキングに参加しています。拙いブログですが、下の「デジタル写真」のバナーを「見たよ」と、ポチッとクリックしていただけたなら本当に嬉しく、これからの励みになります。何卒宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2023年7月22日 (土)

その後の家康公 田んぼアート菊川

先月11日、「田んぼアート菊川2023」を今年も訪れた。
その時、アートを管理する人から「稲の成長は早い、1ヶ月もすれば作品全体の表情も随分変わってきますよ・・・」の言葉をかけられた。
このアートには第1回目から殆ど欠かさず鑑賞に来ているが訪れるのは年に一度だけで年に2度訪れたことはない。

鳥撮りに出かけても鳥枯れの季節で鳥は少ない。それならばと、前回訪れてから約1か月後の7月15日、再びアート会場を訪れました。


119a8068

下写真は7月11日に撮影したものです。
現在は先月と比べ、背景となる田んぼの水が見えなくなり衣冠束帯 や顔の表情もくっきり。となれば秋の収穫祭前にはどんな感じになるのか・・・そう思うと秋には再々度訪れてみたくなるのが人の常かもしれません。

過去に掲載した下写真のブログは http://yusato.cocolog-nifty.com/blog/2023/06/post-8a8093.html


119a7948_20230718202601


田圃アート鑑賞後、新聞の地方版に掲載されていいた里山公園のカサブランカを見て帰宅。


119a8106

-2237-


にほんブログ村「デジタル写真」ランキングに参加しています。拙いブログですが、下の「デジタル写真」のバナーを「見たよ」と、ポチッとクリックしていただけたなら本当に嬉しく、これからの励みになります。何卒宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

 

2023年7月19日 (水)

三度目の正直 アオバト

肋骨にひびが入っていると診断され鳥撮りは自粛しておりました。鎮痛剤や患部のコルセット着用のお蔭で痛みも和らぎ、カメラ機材を持って歩かなくても良い場所ならばといつもの海岸へ。
今季、此処には2回訪れましたが1回は完全な空振りに終わり、2度目も遠く離れたところを一度飛んだだけと不完全燃焼でした。夏休みに入り海水浴客や水辺で遊ぶ人たちで混雑しない内にと3度目のアオバト撮りに挑戦です。
この日も9時半頃から13時過ぎまで海岸におりましたが25~30羽位のアオバトの群れが現れたのは二回だけ。




0t1a8018


眼下を旋回するアオバトの背中が再びよく見えたところで。。。


0t1a8037


この日も気温は高かったものの風があり、何といっても駐車した車の1m横で撮影出来るのが此処の良いところ。
ただ、患部保護のため胸に巻き付けたコルセットの影響で暑いのには参りました。

0t1a8038


現場で偶然ご一緒になった地元のCMさん、その方が突然「ヒメウがいますよ~」
教えていただいた海上を見れはヒメウが1羽。ヒメウは久しぶりであり「ありがとうございます」と、迷わずパチリ。


0t1a8645


この日は約4時間ほど海岸に居りましたがアオバトが現れたのは2回だけ、それでもその内の1度は比較的近くを旋回してくれた。
飛翔姿も通常では下からの腹打ちが多い中、上からの背打ちも撮れた。そして地元CMさんのお蔭でヒメウも久しぶりで見ることが出来たので先ずは上々の成果となりました。

肋骨の症状、未だ完全に回復した訳ではなく、通院中でもありブログも今迄どおりの定期的更新は出来ないと思いますが、新しいPCにも少しだけ慣れてきましたのでこれからは不定期でも更新出来たなら・・・と思っているところです。

-2236-


にほんブログ村「デジタル写真」ランキングに参加しています。拙いブログですが、下の「デジタル写真」のバナーを「見たよ」と、ポチッとクリックしていただけたなら本当に嬉しく、これからの励みになります。何卒宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村



2023年7月13日 (木)

再びクロハラアジサシ

過日、近くの池に飛来した3羽のクロハラアジサシは1週間ほど滞在し飛び去ってしまいましたが、今度は少し離れた田んぼで5~6羽の群れを鳥友さんが発見。

この前と異なりこの日は晴天、先ずは飛翔姿をパチリ(画像はWクリックで拡大されます)


0t1a6271

前回アップのクロハラアジサシは着水前のシーンのみ、水面からの飛び出しは掲載できなかったので今回は着水前は省いて着水後のショットです。


0t1a5903


水中から姿を現したクロハラアジサシですが何も咥えていないので狩りは失敗した模様。池や河川と異なり水深も浅い為かダイブ時の水飛沫もやや少なめです。


0t1a5905

今回の狩りは失敗に終わりましたが、他の写真から獲物の殆どはドジョウでした。採光条件や鳥までの距離もあってやや消化不良気味の為、翌朝再度出かけましたが農作業が始まり、鳥の姿を見ることなく終わりました。

 

1週間程前からPCが不調でついにダウン、再起を図りましたが「薬石効なく?」遂に廃棄の運命に。新しいPCが手元に届くまで下書きフォルダーに準備してあった予備のブログ記事も今日で底をつきました。
PC不調と同じ頃から背中から脇腹に腫れと痛みを感じ、整形外科医の診断受けた結果、肋骨に「ひび」が入っている状態とのことです。
その様な理由から暫くの間ブログを休ませていただきます。
皆様方への訪問はタブレット等で対応致したいと思っておりますが何卒よろしくお願い致します。

-2235-


にほんブログ村「デジタル写真」ランキングに参加しています。拙いブログですが、下の「デジタル写真」のバナーを「見たよ」と、ポチッとクリックしていただけたなら本当に嬉しく、これからの励みになります。何卒宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2023年7月11日 (火)

漸く撮れたキジの母衣打ち

 最近、彼方此方でキジの姿を見ることが多くなってきた感じです。日本の国鳥でもあるキジ、その姿が多く見られる様になってきたことは野鳥ファンの一人としても喜ばしい事です。

鳥待ちの時、目前の農道を走って渡るキジを見つけ急ぎパチリ(画像はWクリックで拡大されます)



0t1a6647


農道を渡り終えたキジは耕作前の畑の一角で止まり、周囲を見渡しています。もしかして此処で母衣打ち?
キジは今季、数回見ておりますが何故かキジのトレードマークでもある母衣打ちは後ろ姿ばかり。

 

0t1a6620


そして更に場所を移動した後、母衣打ちです。足元も見えず、正面からではありませんが今迄の後ろ姿ばかりの事を思えば文句は言えません。

 

0t1a6727

 

-2234-

いつも応援をありがとうございます。 
にほんブログ村「デジタル写真」ランキングに参加しています。拙いブログですが、下の「デジタル写真」のバナーを「見たよ」と、ポチッとクリックしていただけたなら本当に嬉しく、これからの励みになります。何卒宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2023年7月 9日 (日)

短時間でしたが今季三度目 ツバメチドリ

何処に行っても季節の鳥が少なくなって来た、所謂鳥枯れの時季到来です。
日頃懇意にしている鳥友さんと近くの田んぼ道で偶然出会い、情報交換をすれどもお互いに「鳥が居ませんね~」
鳥を見つけたなら連絡しますと別れた後、「ツバメチドリが居ましたよ~」の嬉しい連絡を頂き現地へと直行。


毎年春には短い期間見られるツバメチドリ、今年も5月の初旬と下旬には其々別の場所で見ることが出来ましたが7月に入ってからのツバメチドリはあまり記憶にありません(画像はWクリックで拡大されます)


0t1a6542


鳥は全部で3羽が居た模様ですが双眼鏡で随分探せども自分が確認出来たのは2羽だけ。耕作前の土塊の中に座っている為、上写真の様に立ち上がらなければ見つけることは困難です。
写真を数カット撮った後、突然カラスに追われて飛び立ち、其の儘二度と戻って来ることがありませんでした。此の間の時間は極めて短く、カラスに追われる前に数カット撮れただけでも幸運な事です。


0t1a6437


ツバメチドリが飛びび去った上空をを呆然と眺めていた時、近くに数羽居たケリが上空を。地上のケリは今ひとつですが翼を広げたケリは美しい、急いでその中の1羽をパチリ。


0t1a5770

 

-2233-

いつも応援をありがとうございます。 
にほんブログ村「デジタル写真」ランキングに参加しています。拙いブログですが、下の「デジタル写真」のバナーを「見たよ」と、ポチッとクリックしていただけたなら本当に嬉しく、これからの励みになります。何卒宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

 

2023年7月 7日 (金)

行々子 オオヨシキリ

少しだけ前の写真です。
初夏の河原などでは1日中鳴いている感じのオオヨシキリ。今季、自分が出かける近くの河川敷では何故かその声があまり聞こえてきません。

それでも遠くで微かに聞こえる鳴き声を頼りに河原を探せば(画像はWクリックで拡大されます)


0t1a6686


居ました居ました、枯茎の先で盛んに鳴いています。この鳥の特徴はやっぱり大きく嘴を開き、鳴き続けているこのポーズでしょうか。


0t1a6705


撮影日は異なりますが水辺を悠々と泳ぐシマヘビ。目測では1.5m以上は十分にある、かなりの大物の感じでした。野鳥の卵やヒナを狙う天敵なのかも?
大きなヘビを見た日には好いことがあるとも言われておりますが。。。


0t1a4471


-2232-

いつも応援をありがとうございます。 
にほんブログ村「デジタル写真」ランキングに参加しています。拙いブログですが、下の「デジタル写真」のバナーを「見たよ」と、ポチッとクリックしていただけたなら本当に嬉しく、これからの励みになります。何卒宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村



2023年7月 5日 (水)

近くの池で クロハラアジサシ

前回、前々回掲載のコアジサシやゴイサギと同じ日に撮影したものです。
コアジサシが見えなくなった後、残ったのは3羽のクロハラアジサシ(画像はWクリックで拡大されます)



0t1a4190


ダイビングの瞬間を狙ってシャッターを押しますが、元来のウデの悪さプラス加齢とともに動作も鈍くなって鳥の動きについて行けずボツ写真ばかり。


0t1a3079


この時、偶然ご一緒した鳥友さん、自分の知っているん鳥屋さんの中でも1、2を争う飛び物撮りの名手と言われるだけあってダイブシーンも悉く成功。自分も今度こそと挑戦してもウデの差は歴然。



0t1a3081


着水は画面からはみ出しそうですが、本来なればもう少しだけ中央部で撮りたいものです、この辺りもウデの問題です。
この時のクロハラアジサシの狩りは失敗に終わりました。


0t1a3082


-2231-

いつも応援をありがとうございます。 
にほんブログ村「デジタル写真」ランキングに参加しています。拙いブログですが、下の「デジタル写真」のバナーを「見たよ」と、ポチッとクリックしていただけたなら本当に嬉しく、これからの励みになります。何卒宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2023年7月 3日 (月)

幼壮のゴイサギ

コアジサシやクロハラアジサシを撮っている時、池の彼方を飛ぶゴイサギを発見。カメラを構えた時には既に後ろ姿と、撮るのが遅れましたが何とかパチリ(画像はWクリックで拡大されます)



0t1a4122

 

近くの枝にもう1羽の鳥が飛来、よく見ればゴイサギの幼鳥ホシゴイです。


203a9266

 

幼鳥の為なのか警戒心も薄くかなり近い、そこでもう1枚。

 

203a9255

 

-2230-

いつも応援をありがとうございます。 
にほんブログ村「デジタル写真」ランキングに参加しています。拙いブログですが、下の「デジタル写真」のバナーを「見たよ」と、ポチッとクリックしていただけたなら本当に嬉しく、これからの励みになります。何卒宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2023年7月 1日 (土)

コアジサシがやって来た

5月上旬頃には河口等で多く見られたコアジサシですが、近くの池にもクロハラアジサシと共に飛来です。この時確認出来たのはコアジサシが7羽位とクロハラアジサシの3羽。この日も生憎の梅雨空で池の水も冴えません。

飛翔姿は曇り空を避け、対岸の樹木前を通過する時を待って(画像はWクリックで拡大されます)


0t1a2068


獲物を見つけたのか水面に向かってダイビング。

0t1a4644

 

嘴の先が僅かに着水?

 

0t1a4645


狩りは成功?それとも失敗?

 

0t1a4647


向こう向きであり獲物の姿はハッキリと見えませんがこの後の写真では小魚を咥えておりました。小魚を確認した写真はピンボケで掲載には耐えられないシロモノでした。ダイビングショット、本当に難しいです。

 

0t1a4650

 

-2229-

いつも応援をありがとうございます。 
にほんブログ村「デジタル写真」ランキングに参加しています。拙いブログですが、下の「デジタル写真」のバナーを「見たよ」と、ポチッとクリックしていただけたなら本当に嬉しく、これからの励みになります。何卒宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »