2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« ウメジロー | トップページ | イカルの群れ »

2021年2月13日 (土)

ヒレンジャクの次はキレンジャク

先日、ヒレンジャク(緋連雀)がやってきましたが、今度は尾羽の先や羽の一部が黄色のキレンジャク(黄連雀)です。
当地方で見られるレンジャクはヒレンジャクが多く、離れてみれば「緋」と「黄」の違いは殆ど分かりませんがキレンジャクの方が数が少ないので希少価値の点でも人気があります(画像はクリックで拡大されます)


0t1a8951


樹木の洞(うろ)に溜まった水を飲みにやってきた2羽のキレンジャク。


0t1a9198




  -1809-
「デジタル写真」ランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  
いつも応援をありがとうございます。
拙いブログですが上の「デジタル写真」のバナーを「見たよ・・・」と、クリックしていただければ励みになります。






« ウメジロー | トップページ | イカルの群れ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

そちらでも、今年はキレンジャクが来てくれたようで、嬉しいことでしたね。
ヒレンジャクもそれなりに嬉しいのですが、数の少ないキレンジャクは格別。
私も、夢中で撮りまくりました。
充実した満ち足りた時間を過ごしました。
別の神社では、やはり同じように 樹木の洞(うろ) にたまった水を飲みにおりますが、
雨でも降らない限り、もう少しは無理のようです。
ただ、二度目は近くに川が流れているので、そこでのどを潤していました。
渾身の二枚でしたね。

korekore  様
キレンジャク、昨季は見ていないので2年ぶりだと思います。
今年はレンジャクの当たり年とか。
彼方此方でレンジャクのニュースを聞きますね。
さんな訳で「緋・黄」両方いてもそれほどCMさんも多くなく写真も撮り易かったです。
よく似ていますがやっぱり「黄」の方が嬉しいですね。

次から次へと多種の小鳥たちを観られブログネタに事欠かないのが羨ましいです。
我が家の近くに集団のスズメが止まる決まった木があり合唱しています。(^^;)

あすか  様
鳥撮りにはほぼ毎日出かけておりますが、ブログUPは隔日。
全く鳥が撮れない日もありますが何とかブログネタ不足には至っておりません。
ワクチンが全国民に行渡ればコロナの先も見てくるものと思います。
もう少しの辛抱ですね。
頑張りましょう!

こんにちは
ヒレンジャクに続きキレンジャクも
撮れて良かったですね~。
しかもスッキリしたとこで撮れてて綺麗ですね^^
洞で水飲みシーン こぼれる水滴も
臨場感がありますね^^
こんなシーン 撮ってみたいです。

日本鳥では無い感じがしますね?
奇麗

数が少ない、キレンジャクに会えて、良かったですね~♪
かっこよさと、かわいさを、兼ね備えた鳥ですね。
そして、水を飲んでいる姿と、水滴がこぼれ落ちる瞬間を
見事に撮られられたお写真に、見入りました!

はぴ 様
鳥撮りCMの一人としてはヒレンジャクが見られたので当然のことながら次はキレンジャクを期待してしまいますね。
それが今年は期待どおりの結果となって大満足です。
洞での水飲みシーン、鳥の嘴から水が滴り落ちるところが撮れたので迷わずUPでした。

ふみ 様
渡り鳥の一種ですが毎年日本には飛来します。
色彩が鮮やかなのでの本固有の野鳥には見えないかもしれませんね。

k-24 様
連雀類は毎年見られる年、そうでない年と一定していません。
その中でも当地方では数少ないキレンジャクが見られたので嬉しかったです。
連雀類、一般的な小鳥と異なるスタイルや羽の模様、
これが人気の所以かもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウメジロー | トップページ | イカルの群れ »