2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 地上に居た猛禽 隼・長元坊 | トップページ | 漸く出合えた トラツグミ »

2021年1月10日 (日)

2度目 ニシオジロビタキ

何時もの公園を散策中、鳥友さんからニシオジロビタキのニュースを聞いて現地へ直行。今回もメスですが数年前地元の湖畔で見て以来2度目となります。


先ずは正面側から1枚、小鳥は皆可愛いものですがこの鳥も実に可愛い表情をしています。ハイキー気味かもしれませんが可愛い小鳥なので意識してチョットだけ少し明るめに・・・でもやっぱり明る過ぎ?
(画像はクリックで拡大されます)


0t1a1999


向こう向きですが尾羽をピンと上げたところを。。


0t1a2244


再び正面に来たところを、木漏れ日が沢山の玉ボケを作ってくれました。


0t1a2327


  -1792-
「デジタル写真」ランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  
いつも応援をありがとうございます。
拙いブログですが上の「デジタル写真」のバナーを「見たよ・・・」と、クリックしていただければ励みになります。



« 地上に居た猛禽 隼・長元坊 | トップページ | 漸く出合えた トラツグミ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

ニシオジロビタキの来訪、嬉しいニュースでしたね。
あまりに可愛すぎて、大フィーバーのご様子。
こちらでは、毎年一度は来鳥ニュースを知り、出かけていました
今度も、近いうちこちらまで遠征してきてくれないかなぁ~・・・?
ちょうど梅の花が開花しているともっといいけどなぁ~。
それは、欲張りでしたね。
胸のうっすらとした黄色味が撮れていて、ニシオジロの証拠ですね。

korekore  様
可愛いですね~
ニシオジロビタキ、この鳥を見たのは今度で2回目。
可愛くて珍しいので満足していますが、未だオスを見ていないので次はオスが見たくなりました。
「鳥屋」の欲は際限がありません(笑)
そちらには毎年飛来するのですか、
羨ましいですね~
梅が咲くころに来てくれるといいですね。

鳥友さんからの情報 ありがたいですね。
ニシオジロビタキ と言う鳥 なかなかかわいいですね。
緊急事態宣言中でも鳥たちの行動を見ていると気持ちも救われます。

9日からの駅ハイやTWAのイベントがすべて中止になりました。
ブログ更新も出来なくなり手持ち無沙汰状態です。
東京では”外出を自粛してください”との報道がきつく言われている中で、運動不足解消のためと言う理由でおきまりの早朝お散歩ですが、やはり近所の目が気になります。

お、珍しいのが出ましたね。
こういうのを見に行くときは寒さを忘れますね!
今年はいい年になりますよ、country さんにご幸運あれ!!

あすか 様
親切な鳥友さんからの情報、言葉では言い尽くせないほどありがたいものです。
自分一人で探し回っても限度があります。
そんな時の情報は本当に嬉しいものです。
東京を含む首都圏、いよいよですね。
当県の発生者も今までは二桁で推移していましたが、ここのところ連日三桁になり他人ごとではありません。
早朝散歩など「三密」とは無関係では?
運動不足の解消と気分転換、健康保持のため早朝に外を歩く、これは継続するべきかと思いますが。。
鳥撮りもマイカーも使用し、電車バスには乗りませんし、田んぼや河川敷、それの里山の公園ですから「三密」とはならず、これからも続けるつもりです。

ちどり 様
はい、自分は2度目の珍鳥です。
連絡を頂いて即、現地へと向かいましたが、「自分が到着する前に飛ばないよう・・・」
ただそれだけで、寒さも忘れます。
現地に着き、まず1枚シャッターを押してやれやれです(笑)
ありがとうございます。
是非そうなって欲しいものです。

何て上品な鳥だ事 同じ生まれるのであれば奇麗に生まれたかったです。笑

ふみ 様
熱帯地方などに棲む原色の綺麗な鳥、
この鳥のように派手さは無くても美しい鳥と様々です。
内面から感じる美しさがあるのでしょうね。
「ふみ」さんも同じだと思いますよ。

こんばんは
ニシオジロビタキ、可愛いですね。
色は地味でも尾羽を上げたりする動作もお顔も愛くるしいですね。
何年か前、喉元がオレンジ色の雄が都下の公園に来た時は大フィーバーでしたよ。

ホロホロ 様
こんばんは。
「ホロホロ 」さんはニシオジロビタキのオスを見られたのですね。
ニシオジロビタキのメスは今回で2度目なのですが、残念ながら自分は未だオスを見たことがないのです。
機会があれば図鑑でしか見たことのない喉元がオレンジ色の雄を見てみたいものです。
当地にも表れたたならばやっぱり大フィーバーになるでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地上に居た猛禽 隼・長元坊 | トップページ | 漸く出合えた トラツグミ »