2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 久しぶり マミチャジナイ | トップページ | 水面を駆ける カワアイサ »

2020年12月 5日 (土)

アカハラ

マミチャジナイを撮った同じ日、公園で見たアカハラです(画像はクリックで拡大されます)


園内の高木、クスノキの実を盛んに食べていました。


119a9231



マミチャジナイ同様、葉の多いところばかりでなかなか開けた場所には出てくれません。


119a9050


漸く水場へ降りてきたところを。。


119a9035


                                              -1774-
「デジタル写真」ランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  
いつも応援をありがとうございます。
拙いブログですが、上の「デジタル写真」のバナーを「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。


« 久しぶり マミチャジナイ | トップページ | 水面を駆ける カワアイサ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

アカハラにも会えましたか。
たくさんの葉の中で、いいところが撮れてよかったですね。
しかも、水場にも降りてくれただなんて、お利口さんでしたね。
大好きなクスの実もあって、水場もあれば、しばらくは住みついてくれそうですね。

同じ場所で多くの鳥たちを見る事が出来て
なかなか引き上げられないcountry walker さんの
気持ちがわかる様な気がします。
鳥たちは警戒心もあるのでなかなか表には出てくれないのでしょうね。

korekore  様
何時もは冬の終わりごろに出合えるアカハラですが今季は早々に来てくれました。
マミチャジナイと同じ木ですがアカハラの方が少し良い場所に出てくれたのがよかったです。
水場に来てくれたことは嬉しかったです。
マミチャジナイよりお利口さんですね(笑)

あすか 様
同じ木に複数の野鳥が来るとなかなかその場を離れられません。
「もう少しよい位置に、もう少しハッキリと・・・」そんな気持ちになってしまうのです(笑)
鳥屋さんは皆同じかもしれませんよ。

こんにちは
アカハラが黒い実を咥えてるとこいいですね。
アカハラくらいの大きさなら楽勝でこの実も
食べれますね。
近くに水場があるのもチャンスが増えていいですね~。
鳥さんのお食事シーンは撮ってて楽しいですね^^
であってもそのタイミングがいつも難しいです。

はぴ 様
こんばんは。
鳥たちはこのクスノキの黒い実が大好きなのか前述のマミチャジナイやこのアカハラが複数集まっていました。
仰るとおり、クスノキの実は大きくてメジロなどの小鳥では無理かもしれませんがアカハラはせっせと食べていました。
この公園に鳥が集まるのもこの水場があればこそかもしれません。
餌となる食べ物があり、水場があれば鳥たちが集まるのでしょうね。

こんばんは。
マミチャとアカハラが同じ公園で見れるなんて、いいですね。
木の実を頬張る野鳥の姿は絵になります。
MFでは、久しく、マミチャに出会えてないのですが、アカハラも以前より少なくなってきたように思います。
我がマンションにも、クスノキが2本あるのですが、野鳥がやってくる気配は全くないです。
やっぱり街中では、期待できそうにありませんね。

ソングバード 様
こんばんは。
この時は偶然にマミチャとアカハラを同じ日に見ることができました。
アカハラはともかくマミチャは久しぶりの対面です。
アカハラもシロハラも以前より随分見る機会が減ってきたように思いますが如何でしょうか?
今期はシロハラやツグミが以前より少ないように思います。
クスノキにこれほど沢山の実が生ることは知りませんでした。

こんばんは
シーズン開始と同時にアカハラに出会えて良かったですね。
私はまだ、出会えていません。早く出会いたいものです。
水場のシーンは被りがなくてストレスなく撮影できますね。

今日は急いで応援しました。

ホロホロ 様
おはようございます。
例年にないアカハラでした。
こんなに早く出合えるとは・・・
でも、こういった想定外は嬉しいものですね。
水場まで降りてきて大サービスのアカハラでした。
そちらにも早く現れてくれるといいですね。

ふみ 様
おはようございます。
いつも応援をありがとうございます。
今日も1日好い日となりますように・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶり マミチャジナイ | トップページ | 水面を駆ける カワアイサ »