2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 向寒の気配 | トップページ | 幸せの青い鳥 ルリビタキ »

2020年11月27日 (金)

カヤクグリ

カヤクグリのニュースに少し離れた何時もの場所へと出かけてきました。
毎年同じ場所であまり変わり映えのしない写真ですがニュースを聞けばやっぱり出かけてみたくなるのが人情です(画像はクリックで拡大されます)
 

              119a9885


現地に到着し待つこと暫し、「出てくれるかな?」の期待と不安が交差する中、その姿を見て先ずは一安心。「やっぱり来てよかった~」が実感です。


119a9855_20201126223501




                                                -1770-
「デジタル写真」ランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  
いつも応援をありがとうございます。
拙いブログですが、上の「デジタル写真」のバナーを「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。


« 向寒の気配 | トップページ | 幸せの青い鳥 ルリビタキ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

こちらでも、林道で出会った数名の知り合いの方たちが、カヤクグリがいたと言われるのですが、
期待してそのポイントに行ってみましたが、お隠れ中でした。
そちらでは、ちゃんと姿を見せてくれて、良かったですね。
やはり、自分の目で見たいのですが・・・
冬鳥の中では、例年会えていても、この年だけはなかなか会えないということも
よくありますね。
今季は我慢の日々となりそうな予感 (>_<)

おはようございます。
苔むした岩に、カヤクグリ。絵になりますね。
毎年同じところで見れるなんて、羨ましい!!
山中ですか?
新兵器、納品が遅れてるようですが、待ち遠しいですね。
想像以上に評判が良くて、生産が間に合わないとか・・・・

おはようございます。
鳥も魚も生まれたところを覚えているんですよね。凄い

待ったかいがありましたね (笑)
カヤクグリと言う名前も面白いです。
どんなところから名前がついたのでしょう。

korekore  様
毎年ほぼ同じ場所に現れてくれるカヤクグリ。
現地到着後も果たして来てくれるのか一寸だけ不安でした。
それでも出てくれた時の嬉しさは格別なものがありますね。
そこから「あ~やっぱり来てくれた・・・」
これで一安心です。
今季、好調を持続中の「 korekore 」さん、心配は杞憂に終わると思いますよ。

ソングバード 様
こんばんは。
毎年同じ場所なので新鮮味には欠けるかもしれませんが今年もカヤクグリです。
場所は自分たちが居住する平野部よりかなり山中です。
毎年飛来することは、この鳥にとって越冬し易い場所なのでしょうね。
新兵器、腕の悪さはカメラでカバー・・・の魂胆ですが早くても来月、遅ければ来年とのメーカーからの返答でした。
価格維持のための出荷調整?と疑いたくなってきました。
注文したのは8月中旬ですから。。。

ふみ  様
こんばんは。
この鳥が生まれた場所はわかりませんが、
帰巣本能など人間には到底分からない才能があるのが鳥です。
魚の鮭なども同じかもしれませんね。
自然界にはまだまだ分からないことばっかり(笑)

あすか 様
毎年恒例となっているカヤクグリ撮り。
鳥名の由来ですが「Wikipedia」によれば
冬季に藪地(カヤ=ススキなどの総称)に潜むように生活し、なかなか姿を見せず藪の下を潜ることに由来する。
とありました。

こんばんは
目にキャッチも入って綺麗に撮れましたね~。
出かけた甲斐がありましたね^^
私は未見の鳥さんです。
撮りたいと思ってはいますが、なかなか出かけられないです。

はぴ 様
おはようございます。
褒めていただきありがとうございます。
今年もまた何時ものところへと出かけてきました。
毎年同じ場所で見ていてもニュースを聞けば出かけたくなってしまうのです。
でも現地で鳥を見れば「やっぱり来てよかった」(笑)
紅葉見物や春のお花見と同じことかもしれませんね。

おはようございます。
久々に市街地に行くと迷う私です。

こんばんは
今年もカヤクグリに出会えて良かったですね。
野鳥はいつも確実に出会えるとは限りませんもの・・・
カヤクグリは未遭遇の鳥です。ちょっとクロジに似ていますね。

ふみ 様
こんばんは。
自分の居住する地域は田舎なので迷うことはありませんが、
車の通行量の多い市街地は迷いそうなので近付きません(笑)

ホロホロ 様
こんばんは。
今年も何時もの場所で見ることができました。
仰るとおりいつ会えなくなるか分かりませんので・・・
カヤクグリは地味な鳥で、クロジより全体に茶色っぽい感じですよ。
今年も出会えてよかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 向寒の気配 | トップページ | 幸せの青い鳥 ルリビタキ »