2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 花にエゾビタキ | トップページ | ノビタキ »

2020年10月 4日 (日)

鷹の渡り

鷹の渡りがぼつぼつ始まったとのニュースに出かけてきました、快晴ではありませんが天気も先ず先ず。
鷹の渡りにしては風がやや弱かったものの今季初のサシバやハチクマも見ることができました。
(写真はクリックで拡大されます)

渡って行く鷹の中で最も多いのがサシバ。

119a8140



比較的近くを飛んでくれたハチクマ。


119a8323




規模は小さくても鷹柱も。。。



119a8443


今季初めての鷹の渡り撮影でした。前日は500羽位の飛行が確認されたとのことでしたがこの日は数も少なく、時々少数の群れが通過するだけ。
それでもサシバにハチクマ、ミニでも鷹柱が見られただけでも満足の1日でした。

                                                   -1743-


「デジタル写真」ランキングに参加しています。
  にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  
いつも応援をありがとうございます。
拙いブログですが、上の「デジタル写真」のバナーを「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。


« 花にエゾビタキ | トップページ | ノビタキ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
静岡県は、海岸線が多く、鷹の渡りポイントもたくさんありそうですね。
埼玉県も、ある山の頂上から見れるポイントがあるのですが、人もすごい”!!
一度でいいから、大きな鷹柱を見てみたいものです。

↓のクサギの花に来たエゾビタキもいいですね。
クサギとエゾビタキの構図は初めて見ました。

今季、私も市内のある場所で見れるというポイントに行ってきましたが、あまりに高くを飛ぶ猛禽さんたちに振り回されてしまいました。
まったく初心者だし、無理もない事だったのかもしれません。
これからの課題となりました。
ただ、もう少し早くから観察に行っていたら、近くで体を休めているところを撮れると、聞きましたので来年のお楽しみにしたいと思います。

ソングバード 様
おはようございます。
県内にも何カ所かの観察地点があるようですが自分が出かけるところは現在は此処だけ。
過去には、隣県の名所まで出かけましたが鳥見のベストなところは登るのが急峻で現在の体力では無理と諦めております。

クサギとエゾビタキ、全くの偶然で自分でも想像さえしていなかった瞬間でした。

korekore  様
鷹の渡り、これも通常の鳥撮りと同じで運不運が大きいですね。
前日は500羽位とのことでしたが、この日はその数分の一ぐらい。
1000羽を超す日もあれば殆ど飛ばない日も・・・
数は少なくても時々近くを飛んでくれる鷹が居れば満足できます。
この日はサシバの小さな群れが二度、ハチクマが単独で二度近くを飛んでくれました。
近くで体を休めているところ・・・来年が楽しみですね。

鷹の渡り
鷹も移動するのですか!
空中での鷹種の判別をしながらの撮影
は難しそう。

こんにちは
サシバにハチクマも 鷹柱も 撮れて良かったですね!
鷹の渡りって そんなに多くの群れになって
渡るって不思議ですね~。
一羽でも強いのにって 思っちゃいます^^;
前日の大きな 鷹柱 惜しかったですねぇ。

あすか 様
鷹の仲間でも年中国内に居る鳥、海を渡って移動する鳥と様々です。
空中での識別は自分には難しいですが、飛翔事の撮影は動きの速い小鳥のことを少しはマシかもしれません。
でも、やっぱり難しいです。

はぴ 様
こんばんは。
鷹の渡りで最も多く見られるのがサシバ。
この日はハチクマも比較的近くを飛んでくれたのがラッキーでした。
弱い小鳥が集団で移動することは理解できますが鷹も集団で渡る。
野鳥のことは分からないことばっかりですね。

大きい鳥を見るとトンビ?タカ?位しか思いつかないです。

ふみ 様
トンビも鷹の仲間。
遠く離れて見れば同じように見えてしまいますね。
自分も同じです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花にエゾビタキ | トップページ | ノビタキ »