2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 10本足のタマシギ | トップページ | 河川敷から »

2020年10月22日 (木)

旅する蝶 アサギマダラ

今の季節、彼方此方で見かける美しい蝶アサギマダラ。
移動時には渡り鳥のように長い距離を旅することで知られており、国内から海を渡り台湾や中国大陸まで渡った記録もあるとか。
そんなアサギマダラが乱舞する場所を訪ねました。

アサギマダラは「秋の七草」のひとつフジバカマが大好き(画像はクリックで拡大されます)



119a2258



此処にはフジバカマが沢山植えられており数多くの蝶たちが「花から花へと」飛び交っています。
蝶の数は多過ぎて分かりませんが、数十頭がひらひら。


119a2223


背景が変わったところで待ってパチリ。

119a2324

                                                  -1752-
「デジタル写真」ランキングに参加しています。
  にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  
いつも応援をありがとうございます。
拙いブログですが、上の「デジタル写真」のバナーを「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。

 

« 10本足のタマシギ | トップページ | 河川敷から »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こちらでも、この時季アサギマダラが目立ちますね。
つい先日までは、関東地区で大いに勢力を誇っていた
アカボシゴマダラの世界でしたが、
ここにきてアサギマダラを目にすることが多くなってきました。
いつだったかテレビで、7000㌔を旅すると言ってました。
アカボシの勢力に負けないで、また来年も飛来してきてほしいと思います。

おはようございます。
今年もアサギマダラがやってきたんですね。
私も、今年こそはと意気込んでいたのですが、肩を痛めていけませんでした。
近くの公園のノアザミに来ていたと聞いて、慌てて見に行ったものの、こちらも空振り。
やっぱり今年も縁がなかったようです。
アサギマダラにフジバカマ、似合いますね。
ここでじっくり拝見させていただきます。

korekore 様
おはようございます。
アカボシゴマダラは特定外来生物に指定されている蝶だと思いますが。
我が国の国蝶であるオオムラサキなどを駆逐してしまうと言われているあの蝶ですね。
今のところ当地方ではあまりニュースにはなっておりませんが特定外来生物は困ります。
アサギマダラは7.000キロですか。
しかし凄い行動範囲ですね。

ソングバード 様
おはようございます。
毎年、10月の10日頃には飛来するのですが今年は2~3日遅れて飛来したようです。
昆虫にはそれほど関心のない時分ですがこの蝶だけは別です。
なんと言ってもギフチョウの様に遠いところまで出かけなくとも近くで簡単に見ることが出来るのが魅力なのです。
この蝶の魅力はその姿・形の美しさもありますが、神秘的ともいえるあの行動範囲ですね。
この蝶を見ていると畏敬の念さえ湧いてきます。

こんにちは
アサギマダラの飛翔シーン 美しいですね^^
フレームに複数のアサギマダラが入るのもいいですよね。
ここはキバナコスモスが背景になるのも華やかになって
綺麗ですね~。
実は私も昨日 ここに行って来ました。
やはり50頭以上はいたと思います。
どのコを撮ろうか迷っちゃうほどでした~。
お話しによると 日曜日はものすごかったそうです。
この10倍はいたと思いますって言われましたが
え、 じゃぁ500頭@@ まぁ そんなことはないでしょうが
歩けば 触れてしまうほどだったようで そんなとこも
見てみたかったです。

はぴ  様
こんにちは。
「はぴ」さんも行ってこられたのですね。
自分たち夫婦は18日の日曜日に行ってきましたが
自分たちが行った時間帯は正午過ぎ。
それでも50頭余ぐらいだったと思います。
時間帯によっては蝶の数も違うのかもしれませんね。
警戒心も薄く素手で簡単につまんでいた人も見かけましたよ。
セイタカアワダチソウがバックの蝶も撮りましたが蝶の形が今一つでUPは諦めました。

アサギマダラといったら何と言ってもフジバカマですね。数十頭とはすごい!
この蝶は鱗粉がないので、羽にマーキングして追跡調査をされるのですね。
むかしマーキングされる方のお供をして、比良山に登ったことがありました。
きれいな蝶ですね。

蝶と言えば子どもの頃からの馴染みは「モンシロ」「モンキ」蝶ですが
そんな蝶も都心では見られなくなりました。
我が家の小さな庭にたまにクロアゲハが飛んでくると
物珍しく思えます。
ましてや大陸を横断する様な蝶にはロマンを感じながら拝見しました。

ちどり 様
自分たちが出かけた時間帯には50頭余りと思いましたが、同じ日この数倍のアサギマダラを見たとの話も聞きました。
あまりにも多いのでマーキングされている個体がないか注意してみましたがそのような個体は見つかりませんでした。

あすか  様
東京では蝶を居ることも少なくなってきたのですか?
当地では珍しい蝶はともかく、普通の蝶はトンボ同様数多く見ることが出来ます。
しかしこの蝶は渡り鳥並みの飛翔距離があるとか・・・これが凄いところですね。

アサギマダラ、川崎ではなかなかみられない蝶です。
このように 見ると素敵な生態ですね。
私も 自然散策をしたくなります。
今日も素敵な時間をお過ごしください。

小だぬき 様
アサギマダラ、当地ではフジバカマが咲く今の時節になれば容易に見ることが可能です。
関東には居ないのでしょうか?
川崎市、旧東海道53次を歩いた時、通過しましたがそれだけです。
お大師に寄れなかったのが今でも心残りとなっています。

こんばんは
今回も素敵なお写真です!
フジバカマにアサギマダラが2頭も入っていて贅沢なお写真ですね。
私も2度ほど実物に出会ったことがあります。
ステンドグラスを連想する蝶だと感じています。

ホロホロ 様
おはようございます。
この季節、フジバカマに集まるアサギマダラの新聞記事が必ず掲載されるようになります。
記事を読んで「アサギマダラの季節になったな・・・」と夫婦で出かけてきます。
幸い市内でも見られれるのがありがたいところです。
確かにステンドグラスを連想しますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 10本足のタマシギ | トップページ | 河川敷から »