2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 漸く センダイムシクイ | トップページ | オオルリの若様 »

2020年9月23日 (水)

花と蝶

「花と蝶」、と言っても古い演歌の題名ではありません。鳥待ちの間に現れた蝶のことです。

昆虫に疎い自分ですが赤い模様があるのはモンキアゲハ? クロアゲハ。

(画像はクリックで拡大されます)

 

119a3119


このアゲハ蝶 クロアゲハには模様が無く黒一色。


119a3349



ツユクサに留まったのはイチモンジセセリ。


119a3216

※昆虫に詳しい方から1~2枚目のチョウは共にクロアゲハですとの連絡をいただきましたので訂正いたしました。ご指摘をいただきありがとうございます。


                                                    -1738- 

「デジタル写真」ランキングに参加しています。
  にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  
いつも応援をありがとうございます。
拙いブログですが、上の「デジタル写真」のバナーを「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。

« 漸く センダイムシクイ | トップページ | オオルリの若様 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も、飛ぶものにはすべて目に行くので、チョウなどはよく撮ります。
そして、そのあとの名前の判別に四苦八苦です (^_^;)
でも、このモンキアゲハはよくわかります。
背中側から撮ると、黄色の薄い丸い班が目立つからです。
こうして、横から撮ることが少なかったので、ちょっと迷いましたが、図鑑で似たポーズがありました。
これは間違いなくモンキアゲハです !!

微妙なシャッターチャンスをとらえた一瞬は 見事ですね。
躍動感を感じます。

モンシロチョウは良く見ますが アゲハはあまり見ないです。
優雅ですよね。

korekore  様
鳥撮りCMさん、蝶をとる方も多いようですね。
ヒコーキや蝶など飛ぶものには関心があるのかもしれませんね。
これはモンキアゲハですか。
蝶のことは知らないので間違っていたならと、心配していましたが
「korekore」さんのお墨付きをいただき安心しました。
ありがとう!

小だぬき 様
鳥を待っていたところなので鳥用のレンズで撮りました。
近づくと逃げられてしまいますが、このレンズなら離れたところから撮れるので逃げられる心配がありません。

ふみ 様
鳥は良いものですがチョウもまた綺麗で魅力がありますね。
ただ、名前がわからないので。。

こんにちは
クサギの花にモンキアゲハも優雅ですね。
大きなアゲハさんもいろいろいるので
私も覚えるのが難しいです。
セセリちゃんはつゆ草のとこだと
大きく見えますね^^
くりくりおめめが可愛いです^^

はぴ 様
こんにちは。
この木はクサギという樹木なんですね。
詳しいですね~ 
ご存じだったとは・・・流石です。
いつも出掛ける公園に生えている木なのですが名前は全く知りませんでした。
今、ネットで調べてみましたが葉にその名前の由来があるようですね。
今度出かけた時に葉を確認してみます。
ありがとうございました。

いつの間にかセミの声が聞こえなくなりました。
相変わらずのコロナ騒動の中でもこんな長閑な光景があったのだと
改めて思い出す光景ですね。

あすか  様
終日フル回転だったエアコンも静かになりました。
朝夕はめっきり涼しくなり半袖では肌寒く感じます。
秋ですね~

クサギの花とも合って、クロアゲハが見事です。
大きな蝶はやはり見応えがありますね。

ちどり  様
昆虫に疎い自分はチョウの世界も同様です。
何も知らないままUPいたしましたが、ご指摘を頂けたことだけでもありがたい事と感謝しております。

こんばんは。
慣れない蝶写真、クサギに来るクロアゲハが綺麗に撮れてますよ!
蝶に普段接してないと、黒いチョウはすべて同じに見えてしまいますよね。
2枚目は多分、雄だと思いますが、翅の裏がこれだけ黒い個体はあまり見かけないです。
やっぱり想像以上に、奥が深そうですね。

ソングバード 様
ありがとうございます。
鳥撮りの間に現れた黒いチョウ。
自分の乏しい知識はこんな程度です。
でも有り難いですね間違えていれば教えてくれる・・・
鳥の識別も難いですが昆虫の世界も同じぐらい難しそうです。
これからも宜しくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 漸く センダイムシクイ | トップページ | オオルリの若様 »