2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 何時もの公園で | トップページ | コサメビタキ »

2020年9月13日 (日)

カッコウ

近くの公園へ出かけましたが、何故か季節の鳥は全く居ません。公園内で出会った顔馴染みのCMさんも「鳥が居ませんね~」

トケン類カッコウ科の鳥の識別は実に難しい。中でもカッコウとツツドリの見分けは本当に難しいものです。
この日、今の時期には珍しくカッコウの鳴き声を聞いた人もおり、念のため公園を訪れた超々ベテランCMさんに下写真を 見ていただいたところ「虹彩の色や、やや赤みを帯びた羽の色からカッコウの若鳥でしょう」

この日、たった1回だけ、それも瞬間現れただけのカッコウ(画像はクリックで拡大されます)


119a2864



カッコウが現れたのはこの時の一瞬だけ、これ以後、野鳥は全く現れず別の池に未だ咲いていたスイレンをパチリ。

 

1-119a2205
                                                    -1733- 

「デジタル写真」ランキングに参加しています。
  にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  
いつも応援をありがとうございます。
拙いブログですが、上の「デジタル写真」のバナーを「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。

« 何時もの公園で | トップページ | コサメビタキ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
カッコウの幼鳥 少ないチャンスを
しっかりものし 撮れて良かったですね!
トケンも判別が難しいですよね~。
カッコウも未見なので撮ってみたいです。

今季初として以前アップされていたのは、カッコウの成鳥だったのでしょうか?
で、今回はその若ということかな。
どちらにしても、カッコウがゲットということは、喜ばしいことです。
私は、まだツツドリにもカッコウにも今季あえていなくて、、、(;´・ω・)

おはようございます。
こちらでもツツドリ狙いの鳥撮りさん達で賑わってるようです。
カッコウもいいですね。
確かにトケン類は見分けが難しくて苦労しますが、今に時期、何でも撮れればラッキー!!
お腹の横じまの間隔が広いとカッコウだといいますが、並べて比較してみないと分からないですよね。
スイレンの花もそろそろ終わりでしょうか。

カッコウ初めて見ました。
黒いイメージ有りましたが? 黒いのはキツツキですよね

はぴ  様
ツツドリとの識別、本当に難しく自分一人では判定できません。
運よく超ベテラン氏が居合わせたので確認が出来た次第です。
この超ベテラン氏との出会いも久しぶりの事なので本当に運が良かったと感謝しているところです。
鳥撮影、運が大きく左右しますね。

korekore  様
はい、前回UPしたのも当初はツツドリと思っておりましたがカッコウだったようです(その時のブログは訂正しましたが)
ムシクイもそうですがトケンも識別が実に難しいものですね。
次に現れた時にはまた頭を悩ませそうです(笑)
公園に他の鳥が全く居ないのは参りました。

ソングバード 様
おはようございます。
過去数年間ツツドリと思って撮影してきましたが今となればカッコウも居たのかもしれません。
後頭部の羽の特徴が分かればカッコウと識別出来ていたかもしれませんが今回はほんの一瞬であり後頭部は見ることが出来ませんでした。
腹の横じまの間隔とか線の太さなど双方が並んでくれたなら分かり易いのですが・・・
終わったと思っていたスイレンは未だ咲いていました。

ふみ 様
カッコウ、今は渡りの途中なので見られましたが通常では海近くの平野部には居らず高地に居ることが多い鳥です。
キツツキ、様々ですが濃色のものが多い様です。

最近は お目にかかれない「カッコウ」、苦心の1枚ですね。

: 小だぬき 様
仰るとおり、当地ではこの時期にしか見ることのできないカッコウでした。

昨日の夕方のTVニュースで関東のある場所でサギの群れの中に珍しいサギが一匹だけ居るとの情報で多くの鳥撮さんが大砲を連ねて並んで居る姿が放映されました。
country walker さんも同じように探鳥待ちをして居るのかと想像して見て居ました。
しかし、栃木ではサギの大群で住民は困惑して居るのも報道もしていました。
共存は難しいですね。

カッコウは渡り鳥ですか?知らなかったです。

今日もステキな時間をお過ごしください。

あすか 様
経年と共に重い器材は苦痛になり、今ではレンズも小型なものに変更です。
鳥友さん達の中にも自分と同様、小型化に移行している人達も多くいらっしゃいます。
使用している一眼レフのフルサイズ機は重いのでミラーレスへの変更も考慮しているところです。
鷺たちの大群、当地方ではありませんが、ムクドリやカラスそしてハト等の鳥害は時々話題になります。

ふみ 様
カッコウは通常では自分たちが住む平野部では見ることが出来ません。
渡りの時期だけ見ることが出来る貴重な鳥なのです。

小だぬき 様
今日は湿度が低く、爽やかな1日を過すことが出来ました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 何時もの公園で | トップページ | コサメビタキ »