2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 水辺の鳥たち(1) セイタカシギ | トップページ | 水辺の鳥たち(3)その他 »

2020年4月26日 (日)

水辺の鳥たち(2)オジロトウネン

セイタカシギを撮った後、農道ですれ違ったベテランCMさんから「少し東の田んぼにはオジロトウネンが3羽居ます・・・」

オジロトウネンとの距離は近かったものの、生憎の天候とウデの悪さも反応して写りはいまひとつです。


2f0a9692

2f0a9707


少し離れた田んぼにはムナグロの群れが、その中からキレイな個体を見つけました。鳥のいる田んぼは農道の南にあり、曇り空でも逆光のためどうしても目が入りません。

 

2f0a8219


オジロトウネン、近い割には写りも今ひとつ、これは天候の為かと好天の翌日、再度出かけましたが撮影場所一帯は田植えがは始まりオジロトウネンの姿は見ることが出来なかった。
この日、ウズラシギ、コキアシシギ、コアオアシシギ等々・・・他のシギたちに交じって居た様で一応シャッターは押したものの遠く、画像もハッキリしない上、何より鳥の識別が難しくボツとしました。
シギ類、本当に難しいです。


                                       -1667-

 「デジタル写真」ランキングに参加しています。
  にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  
いつも応援をありがとうございます。
拙いブログですが、上の「デジタル写真」のバナーを「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。

« 水辺の鳥たち(1) セイタカシギ | トップページ | 水辺の鳥たち(3)その他 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

田んぼには、たくさんの種類の鳥さんたちが飛来してきていたのですね。
オジロトウネンにムナグロ etc
少し遠くには、ウズラシギ、コキアシシギ、コアオアシシギ等々・・・
これらの鳥さんたちも、少し経てば近くまで寄ってきてくれるかもですね。
そのうち、こちらの田んぼにも来てくれるかも。
今年はどんな鳥さんとの出会いが待っているのか、楽しみです。

korekore  様
田んぼに水が張られてからここのところシギ類の姿を多く見かけるようになりました。
シギ類は種類も多くその識別ではいつも悩まされます。
せっかく覚えたり教えていただいても次の年には忘れることが多くて。
記憶力の鈍さと歳かも・・・
この鳥たち、間もなくそちらには表れてくれるかもしれませんね。

こんにちは
オジロトウネン 可愛らしいですね~。
教えていただかないとシギチの名前は
全くわからないです^^;
ムナグロも綺麗な夏羽が撮れて良かったですね~。
私も先日 撮りましたが まだ移行中で
夏羽はまだ見たことないです。
ほかのチドリたちも混在してたんですね。
当方もそうでしたが、名前がはっきりしません。

はぴ  様
シギ・チの識別で悩まれているのは自分だけではなさそうで一安心です。
シギ類の識別、本当に難しく何年経っても初心者の域を出ません。

ムナグロはかなりの群れでおりましたが夏羽に移行中のもの、幼鳥など混在しておりましたが、運よくキレイな夏羽の成鳥を見ることができました。

country walker さんの場所は、コロナ騒動さ中でも鳥撮にはあまり差し支えが無い場所でブログネタにも不自由なしで羨ましい限りです。
当方は不要不急の外出自粛要請で駅ハイは6月中旬までのコースは全て中止になっています。メインのTWAも、とりあえずは5月5日までの予定は全て中止なっていますが、その先もこの状態では無理かもしれません。
花ばかりも乗せられず完全にブログアウトです💦 (;゚ロ゚)

あすか  様
自分が居住する地域は今のところコロナの患者はゼロ。
だからと言って安心しているわけではありません。
それでも不要不急の外出は控えております。
好きな鳥撮りは専ら河川敷や田んぼ回り、それに人のいない里山がメインです。
探鳥の公園なども25日からは駐車場も閉鎖されており、行っておりません。

ブログネタ、花専門のブロガーさんも数多くいらっしゃいます。
庭の花もよし、路傍に咲く名もなき花でも十分美しいものです。
マクロレンズを駆使した花ブログは如何でしょうか。
「あすか」さんの花シリーズを期待しております。

おはようございます。
オジロトウネン、もともと羽衣が地味で色が出にくいから、曇りで光った水面がバックでは仕方ないですね。
少し夏羽っぽくなってますね。
反対に、ムナグロは鮮やかです!!

↓のセイタカ氏の群れ、一斉に飛ぶとさすがに綺麗ですね。
こちらで見れるのは、もう少し先になりそうです。
人のいないところでの撮影が何よりですね。

ソングバード 様
おはようございます。
オジロトウネン、仰るとおり地味な鳥ですね。
曇り空ですがやや逆光気味、何より背景となる田んぼが「代掻き」前でお世辞もキレイとは言えない状態でした。
夏羽っぽくなっているのですね、自分はそのあたりは全く分かりませんが。
最近では、人のいない田んぼや畑で車中からの撮影とか、広大な河川敷が専らの撮影場所となっています。
河川敷にコアジサシが数百羽居り退屈しません。

こんにちは
オジロトウネンはまだ、未遭遇だと思います。
こちらではトウネンはいますが、オジロは?いないようです。
このムナグロはすっかり夏羽で綺麗ですね。
MFの川にも、シギチが来ている頃だと思いますが、
とりあえず連休明けまで、我慢します(^^)

ホロホロ 様
オジロトウネン、地味な鳥ですがトウネンに比べてその数は少ないようです。
「ソングバード」さんのお話によれば「少し夏羽っぽくなっているようです」でも、自分にはこの辺りの微妙なところは全く分かりません。
ムナグロの夏羽だけは分かりますが(笑)
「この時期に鳥撮りとは・・・」と思われないように鳥ブログも神経を遣います。
この日も交通量の少ない農道で車中からの撮影でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水辺の鳥たち(1) セイタカシギ | トップページ | 水辺の鳥たち(3)その他 »