2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 飛べば奇麗 ケリ | トップページ | 春の香嵐渓 カタクリ »

2020年3月23日 (月)

間もなく旅立ち ハシビロガモ

灌漑用のため池で泳ぐハシビロガモです。7羽ほどの群れでした、比較的近くに寄ってきたところを待って。
奇麗な鴨であり自分の好きな水鳥のひとつですが今季2~3回見た時は全て遠いところばかり、未だ撮っていない事を思い出し急いでパチリと。

2f0a3957


常時嘴を水面につけて泳ぐ事が多く、全身の姿がなかなか撮れません。


2f0a3951


                                                   -1650-
                   「デジタル写真」ランキングに参加しています。

                          にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  
いつも応援をありがとうございます。
拙いブログですが、上の「デジタル写真」のバナーを「見たよ・・・」と、クリックしていただければ幸いです。

« 飛べば奇麗 ケリ | トップページ | 春の香嵐渓 カタクリ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
水鳥たちも少なくなりましたね。
ハシビロガモも、あの大きくてブサイクな(?)嘴がなければ、もっと人気者になれたでしょうにね。
でも、アンバランスな嘴を水面につけながら泳ぐ姿は、ユーモラスで、何度見ても飽きません。
警戒心が強いのか、確かに、近くまでやって来ることは少ないですね。

ソングバード 様
おはようございます。
近くの池には多い時には数百千羽の水鳥達で賑わっておりましたが今ではその1割ぐらいかそれ以下になりました。
ハシビロガモ、今期は遠いところばかりでしたが旅立ち寸前で?どうにか間に合いました(笑)
今日はこれから隣の県までカタクリを再度見に行ってきます。
先週出かけた時、現地は曇り空で開いた花が殆ど無かったので再度出直しです。
今日は快晴、今日こそは。。。

こんにちは
名前どおり 大きく立派な口ばしですね。
私はカモ類はほとんどわかないんですが
ハシビロガモは遠くからでも見分けができそうです。
2枚目は顔をカキカキしてるのも面白いですね^^

本当に鴨には多くの種類が多くいるのですね。
ハシビロガモはやはり魅力は羽根の配色でしょうか。
オシドリとはまた違った配色に魅力を感じます。

はぴ 様
こんばんは。
自分も水鳥は苦手中の苦手。
シギチは勿論、カモ類も難しいですね~
メスとなれば殆どがお手上げです。
でもこのハシビロは羽の色が鮮やかなので何とか。。。
そんな程度ですよ。
2枚目のカキカキまで見ていただけたとは、流石は観察力が素晴らしい「はぴ」さんですね。

あすか 様
こんばんは。
カモ類には種類が多いだけでなく似ているものも多く、記憶力の衰えた時分には苦労します。
それでもこの鴨は嘴の形や羽の色に特徴があり間違え難い鴨の一つでもあります。

こんばんは。
ハシビロガモは大好きなカモさんです。
あのハシビロのくちばしと綺麗な色の模様は絶品と私は思います。
私のフィールドには行くたびに会えるカモさんです。
頭に陽が当たると綺麗なエメラルドグリーンに輝くのが最高です。

happy  様
こんばんは。
「happy 」さんはこのハシビロガモが大好きなんですね。
自分も羽の色が鮮やかなこともあって好きな鴨ちゃんです。
そちらのフィールドでは何時でも会えるのですか。
羨ましいですね~
こちらでも居ることは居るのですがなかなか近くで撮れなくて。。。
シーズンの終わり近くなって漸く写すことが出来ました。

もう少しでハシビロさんともお別れになりますね。
綺麗な配色とユニークな嘴の持ち主。
個体数が少なければ、大人気のカモですよね。
みんな集まってグルグル回りながらの採餌は面白いですね。
私の近辺の公園でも良く出会えます。

ホロホロ  様
そちらではお馴染みさんの様ですね。
ハシビロガモは。。。
当地方でも珍しい部類には入りませんが、それほど個体数が多くないので人気の鴨です。
図鑑にもありましたが「みんな集まってグルグル回りながらの採餌・・・」残念ながら自分は未だ見たことがありません。
それだけ当地方には個体数が少ないのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 飛べば奇麗 ケリ | トップページ | 春の香嵐渓 カタクリ »