2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 今年も オオハム | トップページ | 美しいオシドリたち »

2020年2月 6日 (木)

アカツクシガモ(Ⅱ)

数日前、珍鳥アカツクシガモ飛来のニュースを聞いて出かけた場所へ再度行って来ました。再度出かけた理由は前回ハッキリ写せなかった若緑色の風切羽です。
前回は池に居ることが多かったアカツクシガモですが最近では近くの田んぼに居ることが多い様でこの日も田んぼでの撮影です。


問題の緑色の風切羽 ですが今回は何とか?



Dc012201_20200213101301


今度はパタパタも・・・


2f0a6166

飛翔シーンは周囲が住宅、ビニールハウス、電柱・電線等々人工物が多く背景が芳しくありません。
空抜けとなりますが人少しでも人工物の少ない場所を飛んだ写真を選んで。。。それでも電柱らしきものが入っています。

2f0a6266

                         にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。上の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1627-

« 今年も オオハム | トップページ | 美しいオシドリたち »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
アカツクシガモ、緑色の羽が綺麗ですね。一度見てみたいものです。
見れば見るほど、面白い配色のカモですよね。
この田んぼは、水が入ってるんですか?

↓のオオハムも、こちらでは憧れの鳥。
池や沼には、来てくれそうにないですね。残念!!

本当に同種の鳥でも多くの種類が居るのですね。
カラフルなアカツクシガモはもちろん私は初めて拝見しました。
しかし鳥撮は長時間の忍耐力が無ければ と思いました。
気短な私には・・・ (°°;)

ソングバード 様
おはようございます。
珍鳥撮りに再度出かけてきました。
飛来したのが昨年12月後半ですから此処で越冬するのかもしれません。
顔の部分や羽の下が白いので露出の補正が難しくて困りました。
白い部分を抑えれば緑やオレンジの羽がくすんでしまい、周囲も暗くなり華やかな鳥の雰囲気がが出ませんので。。
此処は水が張られているので池に見えますが田んぼです。

あすか 様
おはようございます。
鳥撮り、いつ来るかわからない鳥を気長に待つので
魚釣りに似ていると思っています。
でも魚釣りの人って案外気短な人もおられるとも聞きますが鳥撮りとは違うのかもしれませんね。

こんにちは
アカツクシガモは、なかなか見ることができない、珍しい鳥なんですね。
きれいな羽の色が、目を引きます。
緑色の羽は、風切羽と呼ぶのですね。
また、新しい言葉を知ると、うれしくなります♪

k-24 様
こんにちは。
このカモは国内では滅多に見ることの出来ない水鳥です。
勿論、自分も今回初めて見る珍鳥なのです。
この鳥を見るために関東地区及び関西地方からも多くのCMさんが見えた様子です。
自分が出かけた日にも京都から来たCMさんや川崎ナンバーの車を見ましたよ。

こんにちは。
今日は寒かったですね。
暖かい日に慣れていたので今日の寒さは身にこたえました。
ご無沙汰しておりました。
家の排水管の取替工事で出かけられませんでした。
アカツクシガモやオオハムを拝見して羨ましく思いました。
美しいカモさんですね!始めて見ました。
緑色の風切羽も綺麗な色合いですね。私も是非会いたいです。

happy  様
こんばんは。
当地方も今日は今季一番の寒さでした。
今までが暖かかったので仰るとおり冷たさが応えましたね。
きょうは寒いだけでなく強風注意報が発令されていたのでその冷たさは格別でした。

アカツクシガモ、この場所が気に入ったのか未だ居続けているようです。
この鳥は初見・初撮りですがオオハムは毎年来てくれます。
明日もこの状態が続くとのこと、鳥見は車中からの場所を探さなければ(笑)

こんばんは
アカツクシガモの緑色の風切り羽、綺麗ですね。
パタパタも見られて、上々の撮影日和でしたね。
頭部が白一色で模様がないので、つるんとして可愛いお顔です。
それにしても綺麗な色彩のカモです!

ホロホロ 様
おはようございます。
前回は緑色の風切り羽の色が出なかったので再度行ってきました。
仰る通りとおり本当に綺麗なカモです。
この時も水の張られた広い田んぼにたった1羽だけ。視力の悪い自分でも遥か遠くからでもすぐに分かりました。
こんなに目立つ色で仲間も無く、自然界で生きていけるのか皆さんも心配してしまいました。
今後再び見られる機会はないだろうと、この後もう一度出かけてしまいました(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年も オオハム | トップページ | 美しいオシドリたち »