2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 再び カヤクグリ | トップページ | 冬の田んぼで ノスリ・タゲリ »

2020年2月22日 (土)

4年ぶり コチョウゲンボウのオス

何時もの田んぼで鳥探しをしている時、久しぶりでコチョウゲンボウの♂を見かけました。此処ではコチョウゲンのメスは毎年見ますが何故かオスは少ないのです、すべて小枝被りばかりのショットですが。

 

 

2f0a9306

御簾の向こう側でスカートのご婦人が立っているような・・・でも雄です。
全て小枝の多い落葉樹の中、もう少し枝が少なければよいのですが。



2f0a9409

地元では4年ぶり、枝被りですが久々のコチョウゲンの♂でした。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。上の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1635-

« 再び カヤクグリ | トップページ | 冬の田んぼで ノスリ・タゲリ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
コチョウゲンボウの雄、4年ぶりですか!
枝が少々邪魔だったようですが、贅沢言えませんね。
こちらの田んぼでも、時々姿を見せてるようなのですが、雄のようです。
残念ながら、私は会えてないですが・・・・

↓のカヤクグリもいいところに出てますね。

ソングバード 様
おはようございます。
コチョウゲン、メスは毎年見ていますがオスは丁度4年ぶりでした。
チョウゲンも今期見かけるのは雌ばかりでオスは未だ見ておりません。
此処の田んぼでは両チョウゲンともにオスは貴重品?です。
↓のカヤクグリは11月以来の再会でしたが比較的近くから撮ることができました。

数年お目にかかれない鳥がこうして観られると
何か得した気になりますね。

あすか 様
久しぶりで見ることが出来たコチョウゲンボウの雄。
探していましたがなかなか見つからず、半ばあきらめていましたが、やっぱり嬉しいものですね。

おはようございます。
コチョウゲンボウは全く見た事はありません。
チョウゲンボウは良く見ます。
名前の通り随分と小さいのでしょうか?
可愛い顔していますね!!
2枚目の写真は本当にスカートを広げた女の人のように見えました。
良い所が撮れましたねヽ(^o^)丿

happy  様
こんにちは。
そちらにはコチョウゲンは居ないようですね。
当地ではコチョウゲンのメスはおりますがオスは少ないのです。
図鑑で調べたところチョウゲンボウの♂33cm ♀39cm
              コチョウゲンの♂29cm ♀33cm
と、なっており一回りぐらい小型のようです。
尾羽を広げた格好は、片羽を伸ばしてノビをした後でこんな格好をしてくれました。
前の小枝がなければよかったのですが、こればかりは仕方がありません。

コチョウゲンボウの雄、胸がオレンジ色で綺麗ですね。
チョウゲンボウはこちらにも居ますが、コチョウゲンは居ません。
チョウゲンより小さく感じ、可愛らしく見えます。
チョウゲンも以前はMFで頻繁に見られたのですが、最近は居なくなりました。
でも、先日出会えて、とても嬉しかったです。

ホロホロ 様
コチョウゲン、やっぱりそちらには少ないのか居ないのか個体数が少ないのかもしれませんね。
当地方でも普通のチョウゲンより数は少ないもののメスは毎年見られます。
希少価値からなのか、鳥撮りCMさんたちにもコチョウゲンの方が人気があります。
4年ぶりの雄、この後も随分探しましたが二度と出会うことがありません。

こんにちは^^
コメントはしてなかったですが
いつも拝見させてもらっていました~。
コチョウゲンボウ なかなか悩ましいとこに
とまってたんですね。
2枚目の尾羽を広げたシーン 素敵ですね~。
カヤクグリやヒレンジャクも撮れて羨ましいです。
タゲリもまだいるんですね~。
こちらではすっかり抜けてしまい見れません。

はぴ 様
ありがとうございます。
自分も「はぴ」さんのブログは毎日欠かさず拝見しておりましたよ。
コチョウゲンボウの♂、♀は毎冬見ておりますが♂は久しぶりでした。
それで撮影場所は芳しくなくてもブログUPに至った次第です。
カヤクグリはミニ遠征ですがレンジャクは2年ぶりで地元で見ることが出来ました。
タゲリは今でも田んぼで見かけますよ。
大きな群れではありませんが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 再び カヤクグリ | トップページ | 冬の田んぼで ノスリ・タゲリ »