2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« ピラカンサとツグミ | トップページ | オシドリ »

2020年1月11日 (土)

再びミサゴです

ミサゴのダーウィンポーズ、前回はダイビングの向きが真正面で目が見えなかったので再度挑戦です。獲物を探して上空を旋回していたミサゴが餌となる魚を見つけたのか急降下です。

2f0a0987


この時も横向きではなく、やや斜めからのダイビングですが辛うじてミサゴの頭部が入りました。


2f0a0989


水飛沫が上がり水中に潜ったミサゴ、此の後暫く水面に上がってきません。

2f0a0766

漸く出てきましたが激しく抵抗する獲物はなりの大物の様です、直ぐに上がってこられなかった訳が分かりました。

2f0a1024


捕らえた魚はボラの様です。図鑑によればミサゴの翼開長は約150~170Cm、体長が約60cmとありますからこの獲物の大きさが想像できます。


2f0a1035


魚が重いのか直ぐ上空には上がれず水面からさほど高くないところを飛んで行きました。

2f0a1061


全般にピンが甘く、上級者から見れば噴飯物かもしれませんが自分のウデと機材からこれが精一杯なのかもしれません。

  にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。上の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1614-

« ピラカンサとツグミ | トップページ | オシドリ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
近くでミサゴが撮り放題ですか!!いいですね。
こちらももう少し近いところで見れればいいのですが、隣県までちょくちょく行くわけにはいかず、羨ましい限りです。
これだけ大きな獲物が捕れると、ミサゴも狩りのし甲斐がありそうですね。
流石に、これだけ大きな獲物だと両足でがっちりつかんでますね。

迫力満点の写真ですね!
自分の体長と同じぐらいの獲物をゲット出来るのですね。
自然界の掟のようなものを感じました。

ソングバード 様
おはようございます。
この場所までは車で約15分ほどと近いので時々出かけますが、川幅が1kmと広いのでミサゴの時期には寒風が強く寒いのが難点です。
これほどの大きな獲物ならばミサゴも満腹でしょうね(笑)
今の時期にはミコアイサなども飛来するのですが何故か今年は一度見ただけ。
その時も遠かったのでブログアップも躊躇しているところです。

あすか  様
この時は捕らえた獲物が大きかったのでなかなか水面に現れず一瞬心配したほどです。
魚が重くて飛び難いのかあまり上空には上がれず低いところを飛んで行きました。

こんばんは
1枚目 背景色も綺麗でカッコいいですね。
2枚目のダーウィンポーズもカッコいいです!
飛び込んだ飛沫もダイナミックですね~。
大きな獲物ゲットで撮る方も楽しくなりますね^^
私もまた撮りたいです。

大きいのをゲットしましたね。
まだ子育ての時季ではないし、独り占めで一度に食べてしまうのかしら?
1匹食べたら2,3日はもつのかな?
素晴らしいシーンで拍手、拍手です。

はぴ 様
ありがとうございます。
猛禽専門とかこのミサゴのダイビングが上手いベテランCMさんから見れば「何だこれは・・・」の部類に入る写真ですが自分の実力から見ればこの辺りかもしれません。
でも、大きな獲物を持って上がってきたミサゴを見たときには興奮してしまいました。

ちどり 様
これほど大きな獲物となれば・・・
自分も「ちどり」さん同様の疑問が浮かびました。
鳥は爬虫類のようなスタイルではなし。。。
かつてオオタカやハヤブサが鳩1羽を45~50分で食べたことを覚えております。
となれば・・・
いつも嬉しい拍手をありがとうございます。

ミサゴのダイナミックな狩りのシーン、
素晴らしいです。
目も度胸も良いのですね。
大物ゲットですね。
このようなシーンを撮るのは大変そうですね。

ホロホロ  様
ありがとうございます。
なかなか上手くは撮れないミサゴの狩りのシーンです。
一番難しいのはピントです。
これはやはりウデの未熟さの問題でしょうね。
それだけに「この次こそは・・・」と思うのですが結果はいつも同じです(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ピラカンサとツグミ | トップページ | オシドリ »