2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 何時もの池にコハクチョウ | トップページ | ミサゴのダイビング »

2019年12月24日 (火)

今年も来ました コウノトリ

コハクチョウが居る池に向かう途中、偶然見つけたコウノトリです。
コウノトリは過去にも県西部には数度飛来しております。今年の1月21日にもこの場所から近いところでも確認されていますが、1月に飛来した個体との関係はわかりません。
撮影場所でご一緒したベテランCM氏の話ではこの鳥は兵庫県豊岡市野上地区で放鳥された鳥「J0160」で2016年生まれとか。


2f0a9070

 

用水堀に降り立つ瞬間です。

2f0a9077

図鑑等で見たことがある、タンチョウが上を向いて鳴いている写真に似ているようなポーズを。

2f0a9087


  にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。上の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1605-

« 何時もの池にコハクチョウ | トップページ | ミサゴのダイビング »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
豊岡市のコウノトリのようですね。
野田のコウノトリは、背中に発信機が付いてるので、その違いがよくわかります。
こちらにも、豊岡市産のコウノトリがやってきてくれるといいのですが・・・・・
野田市のコウノトリは、佐賀県伊万里市にまで行ってる個体がいるようで、豊岡産のコウノトリも関東地区まで来てくれる可能性がありますよね。

ソングバード 様
このコウノトリが何処からやってきたのか不明ですが最近コウノトリが増えて、見る機会が多くなってきましたね。
我々鳥ファンには嬉しいことです。
コウノトリの行動範囲は広い様ですが千葉県から佐賀県までとは驚きです。
以前飛来した鳥は鳴門市からと聞きました。
海も渡ってくるのですね。

おはようございます。
偶然コウノトリに出会えたとは
いいことが起こりそうですね^^
2016年生まれでまた若いんですね^^
コウノトリは情報もいろいろ出ているので
今どこにいるか、どの鳥かわかるのも面白いですね。
上を向いて鳴くようなシーン タンチョウヅルに似ていますね~。
こんなシーンに出会えたのも良かったですね^^

はぴ  様
こんばんは。
昔から縁起の良い鳥の一つに数えられているコウノトリ。
嬉しいですね~ 今年もまた見ることが出来ました。
今年初めの飛来はミニ遠征中で見ることが出来なかったのですが、自宅近くの川に居るところをご近所さんに教えていただき家内が普通のカメラで撮ってきました。
彼方此方で放鳥されたコウノトリ、もっともっと増えてほしいものですね。

人口繁殖で放鳥されたとはいえ、今はもう立派に野生環境で生活しているコウノトリ。
素晴らしいですね。

遠出しなくても、コウノトリが見られるとは良い環境だということがわかります。
綺麗なコウノトリを美しく写されています。

鳥撮りを始めたばかりの頃、葛西臨海公園の上空に7羽が舞っていました。
地上に降りはしませんでしたが、その姿は今でもハッキリ覚えています。
豊岡で放鳥されたコウノトリだったようです。

ホロホロ 様
環境が特別良いのかわかりませんがコウノトリはほぼ毎年飛来しています。でも長期間居たことはありません。
この日も滞在時間は約半日でしたから。。。

殆どが単独で二羽揃って見たことは過去二度だけです。
7羽ものコウノトリの飛翔姿は圧巻だったことでしょうね。
飛翔姿が確認出来たということは、今後飛来する可能性は大だと思います。
そうなれば好いですね~

幸福を運んで来る鳥と言われているコウノトリが自然に見られるのですね。
新潟でも時たま見られると聞いていますが。
貴重な鳥なので管理されているのですね。

こちらでも今朝の新聞に「城陽に初飛来」と報道されました。
越前市の飼育施設で生まれ、放鳥された♀の「ひかり」だそうです。
あちこちに生息範囲が広がってほしいですね。

あすか  様
縁起の良いコウノトリ、ほぼ毎年県西部には飛来しております。
「ホロホロ」さんも仰っているように東京の上空にも舞っていたようです。
でも余程注意していなければこんな大きな鳥でも見逃してしまうかもしれませんね。

ちどり 様
そちらにも飛来したのですね。
越前市の飼育施設で生まれた「ひかり」クンが。
京都御所にも来る可能性が出てきましたね。
仰るとおりもっともっと数が増えて「あゝまたコウノトリか・・・」になってくれることを期待したいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 何時もの池にコハクチョウ | トップページ | ミサゴのダイビング »