2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« イタチ | トップページ | 河川敷で »

2019年12月18日 (水)

忘年ウォーク  薩埵峠

12月15日(日)、JR東海主催のさわやかウォーキング「広重の富士山 薩埵峠を越えて旧東海道で由比へ」約7.5kmに夫婦で参加してきました。

後期高齢者の有資格者となって早数年、最近めっきり足腰の弱ってきた自分です。 薩埵峠には旧東海道53次を往復歩いた時を始め、JRのウォークイベントやかつて所属していた「歩こう会」などで十数回は歩いておりますが、年齢、最近の体力を考慮し、これが最後かもしれないと 天下の名勝薩埵峠へと行ってきました。

当日のコースは興津駅をスタートし、旧東海道より若干外れた比較的広い道を歩きますが、自分たち夫婦はこれが最後の旧東海道 薩埵峠越えになるかもと、当日のコースから外れ本来の旧道を行くことに。この道を歩くのは東海道53次を歩いた時以来の懐かしい道です。

 

スタート後、自分たち夫婦だけはこの日のコースから別れ、東海道本線の線路を渡り、朝鮮通信使の一行も立ち寄ったとされる海岸寺前を通過。


P1070947

 

そして 薩埵峠への道を進みます。この細い道を多くの旅人や大名諸侯たちも通過したのでしょうか。。。

 

P1070948

 

 
しばらく歩いた後、この日のコースに合流。峠へ登る道は一人ずつと狭いので大渋滞です。

 

P1070949

急階段を息を切らせながら登った後にはこの風景が。峠まではもうすぐ・・・

P1070956

峠を示す道標です。

P1070958

そしてお馴染みの展望台からの風景です。広重もこの辺りから眺めたのかな?広重が見ていないものは右から東名高速道路、国道1号線、東海道本線です。

P1070964

多数の参加者で賑わったこの日のウォーキングイベント。ゴール後、JR担当者にこの日の参加者を尋ねたところ3.300人余で、三重県から参加した人、東京・横浜からグループで参加した人たちもおられたとホクホク顔で答えてくれました。このコース、JRのドル箱コースなのかもしれません。
この日の万歩計総数は17.130歩、でも疲れました。コースの大半は坂道でしたが。。。

                        にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。上の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1603-

« イタチ | トップページ | 河川敷で »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

ウォーキングイベントは晴天に限りますね (^0^)
薩埵峠は私の憧れの場所の一つです。
当時の旅人も苦労しながらこの光景を眺め、疲れた体を癒やしたのでしょうね。
広重もここにまさかの高速道路を想像したのでしょうか。
そんなことを考えながら拝見しました。
お疲れ様でした。

おはようございます。
体力の衰え、最近、私も感じるようになってきました。
根気力も衰えてくるし・・・・歳はとりたくないものですが、のんびりウォーキング、マイペースで続けてくださいね。

薩埵峠、相変わらず大渋滞ですね。
でも、我慢して登ることだけの成果がありそうですね。
何度見ても、富士は綺麗!!

あすか 様
この日、抜けるような青空とまではいかず、やや霞がかかった様な天気でしたが富士山も見え十分満足できました。
自分たちも歩いてこの峠へ上るのは多分今回で終わりになるかもと話しながら歩きました。
東京方面からもグループで参加されていた方々もいたと聞きましたよ。
健脚な「あすか」さんなら何でもない峠道だと思います。

ソングバード 様
おはようございます。
気力だけは若いつもりでも、やっぱり足腰の衰えは如何ともし難いのが現実です。
これからは自宅付近を中心に無理をしない程度にウォーキングが楽しめたならいいかなと思っております。
このコースは人気のコースなので参加者が多く、峠への狭い登り口は何時も大渋滞です。
そのお陰で?ゆっくり登れるので自分にとってはありがたい渋滞です(笑)

こんばんは!
薩埵峠へ来られたのですか。
天気も好くて、富士山も綺麗で何よりでしたね。
私はいつも興津側の墓場の前に駐車して、そこから登りますので、あまりキツいという印象はありませんでしたが、興津駅からだとけっこうありますね。
あの細くて斜面に貼りついた様な山道を大名行列が通過したなんて信じられませんが、戦国の昔、薩埵峠は古戦場で、武田信玄や今川氏真、北条氏康が陣を張り戦いを繰り広げた場所でもあるわけです。
訪れる度に、何処に陣を張って何処で戦ったのだろうって思いますね。
実に不思議です。
当時はもっと道も広かったのかな。

この素晴らしい富士山の風景を見るために多くの人々が参加しているのですね。
私も近くならば、参加したいです!
以前、東名の光の帯を見せていただいた記憶がありますが・・・country walkerさんのお写真でしたよね?間違っていたらごめんなさい。

旧道は趣がありますね。お達者なcountryさんご夫妻ならば、この後もまた、参加できますよ!

こんばんは
薩埵峠 まだ一度も行ったことがないんです。
一度はここから夜景を撮ってみたいです。
天気のいい日で富士山も綺麗に見えて良かったですね~。
参加者3300人とは驚きでしたね!
この坂道を延々と歩くのって私には到底できません^^;
いつも車ばかりで歩かないので尊敬しちゃいます。

FUJIKAZE  様
自分も撮影だけの時は機材の関係もあり、興津側から車で駐車場まで行きますがそれ以外は全て興津駅から由比駅まで歩きます。
以前はそれほどでもなく、興津から蒲原駅まで歩いたこともありましたが最近では歳のためか疲れてしまいます。
登山やダイビングで鍛えられたお若い「FUJIKAZE」さんには到底及びません。
自分も薩埵峠の合戦のこと読みましたがあの峠の何処で?といつも不思議に思ってしまいます。
かつて、峠越えには上道、中道、海岸を歩く下道とあったそうです。
でもあの道を馬や駕篭が通ったとは思えませんね。

ホロホロ  様
相変わらず記憶力が素晴らしいですね「ホロホロ」さんは。
随分前ですが 薩埵峠の富士山と高速道や国道1号の通過する車の光の帯の夜景を掲載したことがあります。
以前のSNSのころだと思いますが・・・あの頃は野鳥撮影にハマる前だったかもしれません。
今後ですか? 衰えてきた脚力を考えるとこれが最後になるかもしれません。
やっぱり歳には勝てません(笑)

はぴ 様
おはようございます。
行動派の「はぴ」さんが未だ 薩埵峠に行ったことがないとは驚きです(笑)
自分も通常では興津駅から歩いて登り由比駅まで歩きます。
薩埵峠の夜景など撮りに行ったときは重い機材を担いでは無理なので車で行きました。
由比側からより興津側から車で行けば簡単です。
駐車場もありますしね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イタチ | トップページ | 河川敷で »