2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 珍鳥 ワライカモメ | トップページ | 茶臼山高原 »

2019年8月28日 (水)

水辺の鳥たち セイタカシギ

お盆を過ぎた頃から田んぼや池にも水鳥たちの姿がチラホラと見られるようになってきました。この日見た鳥はセイタカシギやアマサギの他、アオアシシギにタカブシギ、コアオアシシギにムナグロ等々・・・

鳥撮りCMさんたちにも人気の足の長い美しい鳥、 セイタカシギです。
(写真はクリックで拡大されます)

 

119a0164


此処の田んぼには11羽、全部は入りませんが・・・


119a0391

セイタカシギの近くにはアマサギが1羽だけ。


119a0180



               にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。上の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1546-

« 珍鳥 ワライカモメ | トップページ | 茶臼山高原 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

お早うございます。
セイタカシギが11羽でしたか。
こちらでは、いくつかの田んぼに分散して入ったようで、一ヶ所にはせいぜい5羽程度だったでしょうか。
長い、赤い足が魅力的ですね。
未だアマサギがいたとは。。。
これからだんだん橙色の羽が、真っ白に変化していくのですね。
今年はこのアマサギに会えるまでが大変でした。
なかなか飛来してきてくれなくて。。。

おはようございます。
セイタカシギがやってきたんですね。
こちらの沼では、どうした訳か、まだ姿を見せてくれません。
(一時、数羽やってきたのですが、すぐに姿を見せなくなりました)
例年だと7月ごろから来てるのですが・・・・
アマサギ、まだ亜麻色の羽が残ってるんですね。
そろそろ冬羽に変わる頃なのに!!

猛暑と雨続きの日々が過ぎ去ろうとしているこの頃ですが
九州地方には水害の恐れもある中、鳥たちは季節の移り変わりを敏感に感じとっているのですね。
昨年、イベントでアマサギを見たことがあったのでなつかしさもありじっくり眺めていました。

korekore  様
おはようございます。
セイタカシギが田んぼや池でも見られるようになりました。
数あるシギ・チの中でも見つければまず最初に撮りたくなる鳥ですね。
それに目立つので発見も容易ですし・・・
アマサギ、そちらには少ないようですが当地では何処にでも居ます。
それでも流石に最近は少なくなってきました。

ソングバード 様
おはようございます。
涼しくなってありがたいと思っていた矢先、今度は長雨情報です。
九州地方では水害のニュースも。
おかげさまで被害はありませんが鬱陶しいですね。
アマサギが未だ亜麻色のままでいたので撮りました。
冬羽に変われば見落としてしまうかもしれませんね。
その頃まで居ればの話ですが・・・

あすか  様
九州の大雨は酷いことですね。
当地も昨日の3時ごろから降り出した雨、
今朝も降ったり止んだりの状態です。
猛暑には辟易としましたが長雨もね~
それでも災害がないだけでもありがたいことです。

こんにちは
セイタカシギが11羽!!
そんなに入ったとは嬉しいですね。
水辺に緑の田んぼ背景で綺麗ですね^^
他にもいろんなシギチが入って羨ましいです。
一昨日 かなり念入りに休耕田などを
探しまわりましたが セイタカシギは
見つかりませんでした。

はぴ 様
自分が行った時には11羽でしたが、後から出かけた方の話では13~4羽位は居たとか。
この他、エリマキシギやクサシギなども居たらしいのですが自分は気が付きませんでした。
シギチ、似たようなスタイルのものが多く、居ても気付かなかったのかもしれません(笑)
エリマキならば大きいので分かるかもしれませんが・・・
セイタカシギ、そちらにもその内に現れると思いますよ。

そちらの田んぼに来るシギたちは豪華ですね。
海に近い私の近辺では見られないシギの名前がたくさんで驚きです。

セイタカシギはこちらでも時々、見られます。貴婦人と言われるだけあって、
優雅な姿ですね。
初めて見た時、「こんな鳥がいるのー?」と驚いたものでした。
ここ最近、セイタカシギに出会っていないので、見たくなりました。
アマサギはまだ、未遭遇です!

ホロホロ 様
自宅の周囲は田んぼや畑がいっぱいです。
池もすぐ近くにありますし・・・
シギたちが飛来しやすい環境なのかもしれません。
その代わりにオナガも居ないし、干潟が無いので都鳥やヘラサギたちも遠征しなければ見ることが出来ません。
セイタカシギは最近増えてきた感じなのでそちらでも見られると思います。
驚いたのはアマサギです。
田植えが始まるころから暑い間、田んぼにいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 珍鳥 ワライカモメ | トップページ | 茶臼山高原 »