2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

« コシアカツバメ | トップページ | ササゴイ »

2019年7月29日 (月)

珍しい白鷺 カラシラサギ

珍しい白鷺がやって来た、その名はカラシラサギ。昨年も地元でこの鳥の噂を聞き、皆さんと一緒に随分探しましたが分からず、今回が自分には初見・初撮りです。
一見コサギと見迷う小型のサギですが、コサギとの違いは嘴の色と夏羽では後頭部の冠羽。図鑑によればコサギの夏羽の冠羽は2本に対し、カラシラサギは短い冠羽が房状に数本現れるとあります。
嘴の先が僅かに下にカーブしているとも言われておりますが写真の撮る角度にもより定かではありません。
(写真はクリックで拡大されます)



2f0a0226_20190728151501


下写真で後頭部の冠羽がコサギより多いところがお分かりいただけるでしょうか。

2f0a0096

飛び出し飛翔スタイルも一応・・・

2f0a0128

撮影場所は、日中にもかかわらずこの日は珍しく川霧に覆われ、一時は水平線も全く見えなくなるぐらい幻想的な風景となりました。

Dc072701

    にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。上の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1531-

« コシアカツバメ | トップページ | ササゴイ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

country walker さんの周辺は本当に野鳥の楽園が多くあるのですね。
所見初取りのカラシラサギの容姿の観察も普通の人には難しいですが、
貴重な一枚になりましたね。

こんにちは
カラシラサギ 珍しい白鷺が撮れて
良かったですね。
もしいてもコサギと思って見過ごしそうです。
冠羽 房状なんですね~。
白鷺を見たら注意してみようと思います。


川霧のたちこめる光景は幻想的でいいですね。
こんなシーンに出会えると嬉しくなりますね^^

あすか  様
自分たちが住む地域には減ったとはいえ、まだまだ自然が残されています。
今日の白鷺、何の変哲もない白鷺に見えますが珍しい種で自分は初見・初撮りでした。
記念すべき貴重な1枚に変わりはありません。

はぴ  様
カラシラサギ、昨年も当地方の田んぼで見たとの情報もあり、皆さんと一緒に随分探しましたが遂に見つけることが出来ませんでした。
それだけに今回は嬉しかったです。
最初に見つけた人の観察力には驚くばかりです。
川霧、冬の早朝などでは近くの小川でも稀に見られることもありますが、この時期の河川では珍しい現象ではないかと思います。
写真では水平線の橋が見えておりますが霧の最も濃い時は全く見えなくなりましたよ。

こんばんは。
珍しい鳥ですね。
きっと田んぼでいるところを見かけたら、コサギと間違えてしまうと思います。
確かに冠羽の数が違いますね。
こちらにも寄ってくれないかなあ~!!
川霧の光景、朝霧だったら、光の具合で、もっと綺麗かもしれませんね。

カラシラサギ、コサギに似ていますが、ご説明を読んで納得です。
冠羽も嘴の色、形を見ればコサギのそれとは違いますね。
初見初撮り、良かったですね。

コシアカツバメもまだ未遭遇です。普通のツバメとは色などだいぶ違いますね。
アカショウビンの後は青いブッポウソウ、本当にすごい鳥をゲットーされてます!

白鷺はどれも同じに見えてしまいますが、
いろいろ細かく分かれるのですね。
country walkerさんは違いの分かる男なのですね!

ソングバード 様
昨年もこの鳥らしきサギが田んぼに居るとの情報があり、皆で随分探しましたが遂に分かりませんでした。それだけに今度は嬉しかったです。
嘴の色は鮮明ではありませんが冠羽の数が違います。
この違いを見つけた第一発見者さんに敬意ですね。
朝霧は何度か見ておりますが、日中の川霧、初めての体験でした。

ホロホロ  様
離れて見れば誰が見てもフツウのコサギですよね。
それを見つけたCMさんは凄いと思います。
そのお陰で初見・初撮りが出来ましたから・・・
コシアカツバメはこのカラシラサギを撮っている間も飛んでいるところを何度も見ました。
ブッポウソウはミニ遠征までした割合には散々の結果となってしまいました(笑)

ジャランこ 様
通称白鷺、それぞれ似ていても違いがあるのです。
でも今度の白鷺は初見・初撮りの珍鳥でした。
「違いの分かる男」ではありません、「ジャランこ」さん、TVの見過ぎかも(笑)

こちらでも、ちょっとだけ遠征したところにこのカラシラサギが来ているようです。
コガモとほとんど変わらないですよね。
ただ、冠羽の数が違うようです。
最初に、コサギとの違いが分かった人は エ・ラ・イ !!

korekore  様
そちらでも少し足を延ばせば見られるようですね。
当地方でも離れた地域で2羽確認されているようです。
珍鳥には違いないようですが、居ても気づかない方が多いのかもしれませんね。
「エ・ラ・イ!」人、自分も全く同感です!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コシアカツバメ | トップページ | ササゴイ »