2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 日本一小さなトンボ  ハッチョウトンボ | トップページ | 高原の鳥たち② »

2019年7月13日 (土)

高原の鳥たち①

記事内容は先月中旬と、約1ヶ月前のレポートです。
標高の高い土地へ出かけてきました。地元では春の桜が終わる頃に観察できるコムクドリ(写真はクリックで拡大されます)

 

2f0a4087

巣穴からの飛び出しです。

2f0a4455

高原を渡る爽やかな空気と緑がいっぱいの素晴らしい環境の下でコムクドリを見たのは初めてのことです。

2f0a4458

    にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。上の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1523-

« 日本一小さなトンボ  ハッチョウトンボ | トップページ | 高原の鳥たち② »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

今の時季にコムクドリに会えるとは、嬉しいですね。
もうすっかり忘却の彼方のコムクさん (笑)
ちょっと高いお山なんですね。
その他にも、いろいろ会えたんでしょうね。

高原の爽やかな場所は鳥たちにとってもいごごちがよいのでしょうね。
キツツキのように幹に穴を掘るのでしょうか。

コムクドリ、約一ヶ月前は繁殖地の高原にいたのですね。
先日、葛西で群れを見ました。
南の国へお帰りの途中で立ち寄っています。

korekore 様
返事が遅くなって申し訳ありませんでした。
松本方面に一泊で出掛けており、今帰宅したところです。
信州と言っても鳥撮りではなく身内の結婚式のためです。
もう少し若ければ車で行ってもう一泊し、探鳥という手もありますが、体力の無さと天気の具合も悪いので断念でした。
この続きは明日UP致しますが期待していていただけるほどのものではありません。

あすか  様
この時は未だ梅雨入り前、今とは違い実に爽やかでした。
この鳥たちは自分で巣穴を掘るのではなくキツツキがあけた穴を利用して繁殖・子育てをした模様です。

ホロホロ 様
コムクドリを地元で見られたのですか・・・
当地方では春、桜が終わる頃姿を見せてくれる以外見ることはありません。
この時はアオゲラの開けた穴を利用して営巣していました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本一小さなトンボ  ハッチョウトンボ | トップページ | 高原の鳥たち② »