2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

« その後のタマシギほか | トップページ | クロハラアジサシ »

2019年6月11日 (火)

クマタカ他

先月、ポイントでアカショウビンを待つ間に現れた鳥たちです。悠々と滑空するのはクマタカ、未だ幼鳥の様です。

 

2f0a6014

 

これも遠かったがイカルの姿が樹間からチラリと。

 

2f0a6571

 

すぐ前を流れる小川にコサメビタキ。コサメビタキは昨年もこの付近で営巣したとのことです。

2f0a6860

                          

                           にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。上の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1507-

« その後のタマシギほか | トップページ | クロハラアジサシ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
アカショウビン待ちで、いろんな鳥に会えて、退屈しないフィールドみたいですね。
クマタカが悠然と飛ぶ姿、一度ゆっくり見てみたいものです。
以前戸隠でコサメビタキの営巣写真を撮ったことがありますが、抱卵中のコサメビタキも可愛かったですよ。

↓のタマシギの雌、綺麗ですね。
こちらでも、先日、別の場所で、雄と雌が一緒のところに遭遇しましたよ。

おはようございます。
アカショウビンを待つ間にクマタカを
見れたのもラッキーでしたね。
悠々と飛ぶ姿 カッコいいです。
まだ幼鳥なんですか~。
イカルは先日 山で鳴き声をいっぱい聴きましたが
葉がいっぱいで見つけられなかったです。
コサメビタキ いい瞬間を撮られていますね!
川面を見つめる表情も可愛いです^^

ソングバード 様
今年のアカショウビン、遠いところばかりで好い写真はありませんでした。
アカショウビンを待つ間に現れた鳥たちです。
昨年は赤色型のホトトギスやクロツグミなどが来ましたが今年はさっぱり。
コサメビタキは今年は何処で営巣したのか全く不明でした。
タマシギは稲が伸びて今では全く分からなくなってしまいました。

はぴ 様
アカショウビンを待つ間に現れたクマタカ、
遠く写りが悪いので分かり難いかもしれませんが胸の模様から幼鳥の様です。
イカルも時々見ることがありますがいつも遠くて。。
もう少し近くからハッキリ撮りたいものです。
コサメビタキはホバリングをしていたので急いでシャッターを押しましたが何とか間に合いました。

こんばんは。

クマタカが青空に悠然と飛んでいる姿はカッコイイですね!
私は初めて見ました。
アカショウビンを待っている間にクマタカやイカルも撮れてやったねーです。
コサメビタキは山にいるのかと思いきや小川で何をしているのでしょか?
可愛いですね!

アカショウビン待ちでクマタカ・・・!
クマタカは見たことがありませんが、大きな鳥なのでしょうね。
イカルも良いですね。
コサメビタキのホバ、ピントばっちりで綺麗で可愛いいです(^^)

happy 様
クマタカが飛来したところは所謂里山付近です。
肝心のアカショウビンは今一つでしたがクマタカやイカルなどが瞬間ですが来てくれました。
コサメビタキは沢の上に現れホバリングしていたので慌てて撮った1枚です。
猛禽もかっこいいものですがやっぱり小鳥が可愛いですね。

ホロホロ 様
クマタカ、下から見上げた感じでは鳥の高さにもよりますが、それほど大きな鳥とは思えない大きさです。
図鑑によればトビとそれほど変わらい大きさとありましたから。。。
それでも滅多に見られない猛禽なのでパチリです。

クマタカはもう幼鳥が飛んでいたのですね。
この時季、イカルも見れて、しかもコサメビタキも営巣する場所。
いかに鳥さんたちにとって住みやすい場所だかが、うかがえますね。
クマタカ、気になる鳥です。
私も、クマタカ目指して出かけて見ようかなぁ~。。。

korekore  様
クマタカ、成鳥になるまで4~5年とか言われており、
何時生まれた鳥なのか詳しいことは分かりませんが成鳥でないことは確かの様です。
此処では稀に上空を飛ぶところを見かけますが少ないです。
小鳥は可愛いものですが、猛禽類はやはりカッコいいですね。
クマタカ、撮られたならまたUPして下さいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« その後のタマシギほか | トップページ | クロハラアジサシ »