2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

« ヤブサメ | トップページ | ヤマセミ »

2019年5月 6日 (月)

クロツグミ・キビタキ♀

夏鳥の中でもオオルリ、キビタキ、サンコウチョウなどとともに人気の美しい鳥、クロツグミです。

Dc042406_1

Dc042601

前回はキビタキのオスでしたが今季初めてのメス。

Dc042405

     にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。上の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1489-

« ヤブサメ | トップページ | ヤマセミ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
きれいなクロツグミですね!
キビタキも可愛いわ。
夏鳥のシーズンですね。
ここで拝見させていただき、うれしいです。

ちどり 様
キビタキにオオルリ、そして今回はクロツグミです。
夏鳥のシーズンになりましたね。
何時も嬉しいコメントをありがとうございます。
これからはサンコウチョウのサンちゃんです。

こんにちは
黒ツグミ 綺麗に撮られていますね!
黒くて綺麗な鳥さんですよね。
高草山にもいますが、なかなか姿を
見せてくれなくて地元では撮ったことがないです。
キビタキの女の子も可愛いですね~。
今季は一瞬見ただけで撮れませんでしたので
これからまた撮れたらいいなと思います。

はぴ 様
クロツグミ、大きな声で鳴いているのになかなかその姿をみせてくれません。
それだけに見ることが出来たその瞬間は格別なものがあります。
キビタキのメスは今回が初撮りでした。
秋の渡りの時までは随分期間があります、今は次の瞬間を期待して待っているところです。

憧れのクロツグミ、しかもとてもきれい。
毎年、クロツグミには会いたい気持ちはあっても、なかなか会えない鳥さんです。
思いが募れば募るほど会えない、そんな片思いの最たる鳥さんです (^_-)
こちらでは、高いお山の麓まで出かければ、会えるチャンスはありそうなのですが、
時季を選ぶ必要がありそう。
キビタキの雌にも登場してもらうという、ゴールデンウィークにふさわしい豪華版ですね。

こんばんは。

クロツグミをこのようにして近くで見れたのはとても嬉しいです。
私は憧れのクロツグミを昨年河口湖の水場で一瞬撮れただけ、それも遠くで・・・
きちんと撮るのが夢(ちょつと大げさ?)なのです。
くちばしと足が黄色なんですね。堪能させて戴きました。
キビタキの♀はとても可愛いです。

とても綺麗なクロツグミです。綺麗に撮影されているのですね。
私は未遭遇ですが、いつか出会いたいものです。
キビタキメスも可愛らしいポーズです。
キビタキくんには最近2度出会いましたが、雌は出会えていません。
秋の渡りに期待することにします。

korekore  様
クロツグミ、そちらではあのお山の麓付近まで行かなければ見られないのでしょうか。
当地では所謂里山程度の山です。
キビタキもいればサンコウチョウの声も聞くことが出来ます(と言ってもなかなか撮れませんが)
やはりところ変われば・・・なのかもしれませんね。
キビタキのオスは市井の公園で渡りの途中に撮れましたがメスは今回が初めてでした。

happy  様
クロツグミは難敵中の難敵かもしれません。
鳴き声だけは森中に響き渡るぐらいの大きな声で鳴いていても餌をとる時以外はなかなか地上には降りてきてくれません。
その点、キビタキやオオルリは地上近くの枝に留まってくれるので有難い鳥ですね。
今はさんちゃんを待っておりますが証拠写真の域を出ないショットばかりです。

ホロホロ  様
大都会では渡りの時期以外、山手で過ごす鳥を見つけるのは難しいのかもしれませんね。
その点田舎は秋まで居てくれるので珍しい鳥に巡り合えるチャンスはあるものと思います。
でも、そちらでしか見られない憧れの鳥も居ますし・・・
やはりところ変わればでしょうか。。。

クロツグミ という鳥は配色がお洒落ですね。
黄色のクチバシもなかなかのものです。
こんな配色の鳥もいるのですね。

あすか  様
クロツグミ。里山に飛来する夏鳥ですが、図鑑の紹介分には「ツートンカラーの歌い手」とあります。
賑やかで美しい鳴き声の持ち主でもあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヤブサメ | トップページ | ヤマセミ »