2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« タマシギ | トップページ | アカショウビン »

2019年5月28日 (火)

ヤマセミ

前回は所用の帰りに立ち寄った場所で偶然見ることが出来たヤマセミ。今度はもう少し近くから撮りたいものと、スタートの遅い自分としては一念発起し朝一番で出かけてきました。
待つこと暫し、漸く来てくれましたが、葉の無い枝に留まったところの写真はモノクロの世界です。

Dc051301
少し開けた岩場に留まるところも期待していたのですが、この時は全く来てくれません。来てくれたのは近くの樹木です。それでも樹木に来てくれただけでもありがたいことです。
Dc051405

オス・メス2羽が同じ樹木に留まってくれました。葉っぱが少し被ったのが残念です。

Dc051403

                     にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。上の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1500-

 

« タマシギ | トップページ | アカショウビン »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
頑張って朝早くから出かけた甲斐がありましたね!
ツンツンヘアーがカッコいいです^^
ヤマセミのオスとメスを見れるなんていいですね~。
同じ枝にとまったとこ 撮れただけでもいいですよ~^^

↓ タマシギのペアも撮れていいですね!
私はあれからカップルを見かけません。
オスだけは夕暮れ時に撮れました。


はぴ 様
おはようございます。
前回は偶然でしたが今度は朝早くから出かけてみました。
写りは今一つですが同じ枝にオスメス同時にとまってくれただけでも嬉しかったです。
↓タマシギのカップル、その後何度出かけてもあの周囲では見つかりませんでした。
別の場所に移動したのかもしれませんね。

一度存在がわかった場所は、ラッキーな心ことでしたね。
お陰でこんな瞬間にも立ち会うことができたし・・・
次回は、ヒナのお披露目かな (^^)/
私も、久し振りにヤマセミに会いたくなりましたが、こんなに暑くなったら
きてくれるのか、どうなのか、、、?

korekore  様
今回は早めに準備し早朝から出かけました。
結果は何とか撮れましたが、この前より近くで撮れただけでも十分満足です。
他の人の素晴らしいショットから見ればかなり見劣りしますが、この日の状況や自分のウデから判断すれば致し方ありません。
暑くなってきましたね~
5月から暑さ対策ではこの先が思いやられますね。

寝ぐせが付いた頭のようなヤマセミと云う鳥。
特徴ある鳥を追う気持ちが解かる気がします。

タマシギのお次はヤマシギですね!
私には図鑑の中の野鳥です。
countryさんの野鳥ラインナップは本当にすごくて、いつも感心しております。

オスメス同時に見られ、羽を広げた姿は素晴らしいショットです。

あすか  様
「寝ぐせが付いた頭」とは「言い得て妙」です。
加齢とともに頭の毛が寂しくなって以来「寝ぐせ」には無縁となりこの言葉も久しく聞いたことがありません。
今となっては懐かしい寝ぐせを体験してみたいものです(笑)

ホロホロ 様
ヤマシギとヤマセミ。
鳥の名前は似たような名前が多く、自分では分かっていても間違ってしまう場合が多々あります。
この鳥は地元で撮ることは難しいので隣県までミニ遠征ですが道路事情が良くなって高速を使えば自宅から1時間ほどで行くことが可能になりました。
鳥撮りは大好きなのですが、教えていただいたり苦労して覚えた季節の野鳥の名前も次の年には忘れてしまう「恍惚のCM」です。

こんばんは。

私の憧れのヤマセミ、綺麗に撮れて羨ましいです。
矢張り確実に撮れるには朝早くなんですね!
オス、メス同時に撮れてこんな嬉しい事はないですよね、、、パチパチパチ
私の所のカワセミはいつ行っても今は親と子が入り混じって見る事ができますが
ヤマセミを一度で良いので撮って見たいです。

happy 様
ありがとうございます。
モノクロ写真のようになってしまいましたが、パチパチパチまで頂いて恐縮するばかりです。
鳥撮影、様々なパターンがあり、必ずとは言えないかもしれませんが朝の方が結果的に良い場合が多いようですね。
そちらのことは全く分かりませんが、何処かにこの鳥もいるのでは?
親切なCMさんに尋ねてみては如何でしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タマシギ | トップページ | アカショウビン »