2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 桜にメジロ | トップページ | カワガラス 成鳥・幼鳥 »

2019年4月 4日 (木)

再びカタクリ

先月16日、愛知県の香嵐渓に群生するにカタクリを見に行ってきましたが、ブログ友さんのコメントを拝見し29日、今度は県内の牧之原公園に自生するカタクリを見に行ってきました。

規模は香嵐渓には及びませんが今年も又見事なものです。

            Dc032905

公園に居たボランティア?の係員さんから「花弁が8枚のカタクリがありますよ・・・」
教えていただいたところには珍しい花弁が8枚のカタクリです。花弁が8枚の珍しいカタクリは四葉のクローバーのようなものとか。。。
左下の一枚が分かり難いかもしれませんが確かに花弁が8枚あります。

Dc032906
下写真のとおり、通常のカタクリの花弁は6枚です。
Dc032908
牧之原公園での美しいカタクリを十分鑑賞した後は、近くの戦国期に築城された諏訪原城址へ。ここで、特別天然記念物に指定されている珍しい動物 ニホンカモシカとの出合いです。持参していたカタクリ撮影用の100ミリマクロレンズでパチリ。
Dc032907

      にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。上の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1473-

« 桜にメジロ | トップページ | カワガラス 成鳥・幼鳥 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
牧之原のカタクリは今年開園オープンに
見ごろとばっちり合ったので良かったですよね。
花弁8枚のカタクリ! これは知らなかったです。
花弁の反りもちょうどいい具合で綺麗でいいですね~。
私が行った時間はちょっとゆっくりめだったので
くるりんと丸まったのが多かったです。
100mmマクロで背景のボケ感もとろけて素敵~。
なんとニホンカモシカに合いましたか!
自然がいっぱいのとこでは野鳥もいろいろいそうですね。

こんにちは。

凄いカタクリの群生地ですね!
自生のカタクリの花は見応えあります。花弁が8枚のカタクリの花も珍しいのですね!
私が行って撮ったカタクリの花はこちらを見たら全くお粗末なカタクリの花でした。
今年は早く咲いてしまったようで残った花はほんの少しでしたので
この様な群生地のカタクリの花は見てみたいものです。
特別天然記念物の二ホンカモシカも見られて良かったですね!
とても私どもには見れない光景です。


昨日 花見の後のミニ宴会で、牧之原出身の方と相席になり実家に
用事があり行った時こちらの公園により「カタクリ」を見て来たという話を聞きましたよ。
花にはあまり興味がないが、とってもキレイだったと話しておりました。

親戚がお茶園を営んでいるとの事で、茶葉の話で盛り上がり
飲めない私でも楽しい宴会に成りました。
たまにはこの様な会にも参加するのも、違った人の輪が出来
良いものですね。

花弁が8枚とは。
驚きですね。
突然変異?
白い羽の鳥さんが生まれたり、白斑を持つカラスがいたり、、、
世の中は色々変化が著しいですね。
ニホンカモシカは、金沢に住んでいたころ、私もカタクリの花を観賞に行った時
会ったのでした。
ちょうど関東に帰ってくるのがわかっていたころで、お別れをしてきたようなものでした。
カタクリの花、きれいな撮り方ですね。

はぴ  様
牧之原の自生カタクリ。
今年はタイミングもバッチリで出かけた甲斐がありました。
これも「はぴ」さんから頂いたコメントのお陰です。改めてありがとうございました。
花弁8枚のカタクリ、普通に観察しておれば見つけることは絶対に不可能です。
運よく係員さんから教えていただき、これは本当に幸運でした。
諏訪原城址のニホンカモシカ、少し前から此処に居るそうですが未だ幼獣らしいとのことでした。

まだカタクリ 咲いているのですか!
しかも8枚葉のカタクリも観られ収穫でしたね。
野生のシカですか! 驚きです!

happy 様
此処を管理するボランティアの人たちから聞いた話では「かつてはもっと広い地域にカタクリが咲いていたよ・・・」でした。
「この地を保護して次世代に」をモットーに地元の皆様方が保護管理し、今の見事なカタクリ園が存在しているようです。
嬉しいことですね、皆様方の努力と熱意が。
二ホンカモシカとの出合いは嬉しいハプニングでした。
鳥撮りの山地で稀に遇う事もありますが城跡で出合うなんて思ってもいませんでした。
都会では考えられませんね。

せろりさん 様
牧之原出身のその方も今年のこのカタクリを見てこられたのですね。
野鳥に夢中で花には疎い自分でもカタクリやサギソウは別格です。
この季節になれば鳥はひとまず置いてもカタクリは見て見たくなる花のひとつです。
牧之原市と言えば殆どが大茶園ばかり。。。
この大茶園を開拓したのは勝海舟の勧めで旧幕臣たちを率いた中条景昭と大井川の川越人足たちとのことです。

korekore  様
花弁が8枚のカタクリの花。
教えてくださったボランティアの方の説明によれば「四葉のクローバーのようなもの」でした。
鳥でも珍しい個体に出合えた時には殊の外嬉しいものですが、珍しい8弁のカタクリを見て、四葉のクローバーが発見できた時以上に嬉しくなってしまいました(笑)

ニホンカモシカとの出合いはまさに「ビックリ」
戦国期の城跡と言っても現在では公園風に整備されており、直ぐ近くには勿論人家もあります。
増えすぎて猪や鹿の様にならなければよいのですが。。。

あすか  様
此処を訪れたのは先月の29日。
今は流石に咲いている花は少ないと思いますが、ソメイヨシノも未だ満開に至ったところは無く、今年の花は異例づくめです。
野生のニホンカモシカ、これほど市街地に近いところに現れたことは驚きです。

自生のカタクリの群生、こんなにたくさんのカタクリは見たことがありません。
8枚の花弁のカタクリも珍しくて、幸運が来そうですね。
光を浴びたお花も後光が差しているようです。
ニホンカモシカまで出会えるとは、驚きです。
市街地近くまでやってきているとは、山間部に餌が少ないのでしょうか・・・

ホロホロ  様
カタクリの自生する範囲はその前に出かけた愛知県の香嵐渓には及びませんが此処も見事なものです。
東北地方には全山全てカタクリと言った桁違いに広範囲のところもあるそうです。
係員さんのおかげで、8弁のカタクリは自分たち夫婦も初めて見ました。
城跡は旧東海道沿いにあり、人家まで100m位のところに居たカモシカには自分たちもビックリでした。
どうしてこんな人里まで出てきたのか不思議です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜にメジロ | トップページ | カワガラス 成鳥・幼鳥 »