2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 馬酔木とメジロ | トップページ | 夏羽・冬羽? オオジュリン »

2019年3月17日 (日)

カワセミ(2)

カワセミポイントへ再度訪問です。Dc031701

Dc031107
Dc031702

給餌シーンでしたが、明るい場所でプラス補正撮影をした後、設定を元に戻すことをうっかり忘れ露出オーバー。
修正ソフトで暗くしてみましたがこれ以上は無理・・・大チョンボです。

Dc031112
露出補正の失敗、過去何度も失敗したにもかかわらず今回も又ミスを・・・ウッカリでは済まされそうにない失敗の繰り返しです。

                    にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。上の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1464-

« 馬酔木とメジロ | トップページ | 夏羽・冬羽? オオジュリン »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

カワセミは私にとって何度見ても飽きない鳥です。
露出補正の戻し忘れは私も日常茶飯事です (笑)
ある程度はソフトで修正できますが、満足できない時もありますね。
地方へ出張イベントでは失敗して二度撮りに行けないので特に困ります。
そんなことで最近はコンデジでも軍艦上に補正ダイヤルがあるカメラ(ちょっと古いモデルですが)を持参しています。

おはようございます。
折角の給餌シーン、残念なことしましたね。
いつの間にか、もうこんな季節になったんですね。
私もよくやる失敗パターンです。(笑)
写真修正も限界がありますが、RAWで撮っておくと、修正範囲に幅が出てくるかもしれません。

↓の馬酔木とメジロが2羽並んでる写真がいいですね。

こんにちは。

もうカップル成功で給餌シーンとは、おめでたい事です。
これから楽しみが増えましたね。
私もしょっちゅう露出補正で失敗しています。
気がつかずに何枚も撮ってしまうともう泣けてきてしまいます。
カメラは日々進歩しているのですからISOみたいに露出もオートにならないものですかね~(笑)

あすか  様
露出補正の間違い、一度ならず数回も。
これが自分の実績です。
直ぐにゼロポイントに戻す習慣をつけている筈でもついウッカリ・・・
これは終生犯し続けるのかもしれません(涙)

ソングバード  様
フツウなればボツの運命にあるショットでしたが、
折角の給餌シーンなのでUPしました。
当初は2枚UPでしたがあまりにも酷い写真なので先ほど一部差し替えました。
RAW撮影、連続撮影枚数や撮影可能枚数等があることから殆ど使用したことがありません。
でも考えてみる必要がありそうですね。
 

happy  様
このカップルは成功しているようです。
これから営巣、子育てとカップルは忙しくなりそうです。
そして季節の鳥たちの移動で市中の公園でも、今まで見られなかった鳥たちに出合えるかもしれません。それが楽しみです。
露出オート、大賛成です。
自分のような間違いを続ける者にはもろ手を挙げて賛成です(笑)

せっかくのチャンスシーンなのに・・・泣きたくなりますよね(^^;)
私も時々、あります。「良い場面だったわー」と見ると真っ白!・・・頭も真っ白になります(^^)
求愛給餌シーン、綺麗ですよ!

ホロホロ  様
「失敗は成功のもと」と、ありますが自分は失敗続きで成功がなかなかないのです。
カメラの設定を元に戻す前に新たな被写体が現れるとファインダーを覗くことに夢中になり・・・
これが何時もの失敗のパターンです。

鳥撮りのきっかけになったと言うカワセミ。
前回カワセミ撮影されて、その魔力に又もや引き込まれたということでしょうか?
カワセミに始まり、カワセミに終わるという人もいますし。。。
露出オーバーの最後のプレゼントシーン。
かえすがえすも残念なことでしたね。
無念さが伝わるような作品。
大丈夫、またこんなシーンには巡り合えますよ。
次回のトライをお待ちしています。

こんばんは
カワセミ緑背景に魚を咥えたり
羽を広げたシーンが綺麗でいいですね。
給餌シーン 惜しかったですね!!
>設定を元に戻すことをうっかり忘れ露出オーバー
これ 私もしょっちゅうありますw
いいシーンだと逃さず撮らないとって焦っちゃうんですよね~。
私もまた気をつけたいと思います。
今日は久しぶりに近くのカワセミスポットに行きましたが
いませんでした。 

korekore  様
前回訪れた時に給餌行為があったのでそれ以上を期待して再度出かけました。
でも前回より進展することなく、自分の撮影失敗だけが残ってしまいました。
繰り返す失敗に自分でも呆れるを越して自身に腹が立つぐらいでしたがこればかりは自分が悪いので仕方がありません。
近くの公園に渡りの途中の小鳥が入ったのニュースに出かけ、カワセミさんにはご無沙汰となってしまいました。

はぴ 様
給餌シーンの撮影は大失敗でしたが今年も又、美しいカワセミの行動を見ることが出来ました。
身近な鳥の中でも最も美しい野鳥、カワセミ。
これからもこの鳥との出会いを求めて出かけることも多いと思いますが、この次は失敗しないように十分注意して撮りたいと思っております。
こんなことを書いても又「失敗の恐れ無きにしも非ず」かもしれませんが。。。

こんにちは~!

折角いいシーンなのに残念でしたね。
私も昨日「引地川親水公園の側 川沿いでカワセミを
見かけて来ましたよ。
写真に撮ることは出来ませんでしたが、姿を見ることが出来ただけでも
なぜか嬉しかったです。
鶯の拙い初鳴きも聞くことが出来たのんびり散策でした。

それにしてもカワセミさん↓ キレイです!

セロリさん  様
カワセミ、嬉しいことに、今では全国津々浦々何処の地でも見られるそうですね。
高度成長期には山奥まで居かねければ見られない鳥だったようですが今では自宅近くの「こんな川にも居るの・・・」と庶民的な鳥になりました。

ウグイスの初音に魅かれ今日はウグイスをメインに撮りに出かけてきました。
2日続けての空振りでしたが、今日は撮ることが出来ました。
写真を整理し、後日ブログにUP致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カワセミ(2):

« 馬酔木とメジロ | トップページ | 夏羽・冬羽? オオジュリン »