2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 冬鳥を探しに | トップページ | ルリビタキ若・ウメジロ »

2019年2月15日 (金)

ヒクイナ

水の少なくなった池の畔に現れたのはヒクイナ。

2f0a0456

映りこみはいまひとつですが、周囲を警戒しつつ枯れ草の中から出たり入ったり・・・

2f0a0461

ワインレッドの色とも呼ばれる久しぶりのヒクイナでした。

                       にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。上の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1449-

« 冬鳥を探しに | トップページ | ルリビタキ若・ウメジロ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

綺麗なオレンジ色の鳥ですね!
めったに都心の公園ではお目にかかれない鳥です。
身近でカワセミとかルリビタキ等青色の他にこんな鳥にお目にかかれる環境
が羨ましいです。

あすか  様
この鳥はそれほど珍しい鳥ではありませんが自分は久しぶりでした。
過去に撮ったことのある場所には居る可能性が高いと思っていますが警戒心が強く偶然でければ見つけられなかったと思います。

こんばんは。
ヒクイナは、もともと中部以南で多く見られるのですが、最近は温暖化のせいか、年々、北上してるようですね。
MFでも、2カ所で現れて、連日賑わってますよ。
残念ながら、どちらも、なかなか姿を見せてくれず、証拠写真だけ撮ってきました。
こんなに綺麗な姿を見せてくれるといいのですが・・・・・

↓のミニ遠征、たくさんの成果があったようですね。
特にカヤクグリが素敵です。

ソングバード 様
こんばんは。
ヒクイナは中部以南で多く見られるたのですね。
こちらでも、ヒクイナはそれほど多い方ではありませんが,
と言って格別珍しい鳥でもありません。
この日は鳥探しに出掛けた日に池の畔で弁当を食べていて時に偶然出てきたものです。
勿論、この辺りでクイナ類が出てくれたなら・・・の下心はありましたが(笑)
↓のミニ遠征、昨日も行ってきましたが今度は久々のベニマシコが撮れました。
カヤクグリはその地では常連さんなので勿論撮ることは出来ましたが。。。

ヒクイナが近くの二ヶ所で見れるんですね。
こちらでも、一か所見れるところがあるのですが、一度そのポイントに
行きましたが、まったく姿を見せてくれませんでした。。。
そのヒクイナに会いたくて、わざわざつくば市から来た人がいました。
可哀そうに、結局会えなかったと思います。

korekore  様
ヒクイナは近くでも見ることが出来ますが、行けば必ず見れるものではなく、その時の運次第です。
自分たちのエリアは田舎なので田んぼや小河川が多いのでこの鳥を撮りに行くために遠くまで行くことはありません。
この時も撮影者は自分ひとりだけでしたから。。。

ヒクイナがピンとバッチリでとても綺麗です。
さすがcountryさんです。
私はヒクイナどころかクイナでも撮るのは難しいです(^^;)
ヒクイナはクイナよりももっと警戒心が強いので、サッサッと隠れてしまいます。
先日もずいぶん待ちましたが、クイナは出たもののヒクイナは出てきませんでした。
また、挑戦したいです。
前ブログのミニ遠征、ミヤホにカヤクグリ、ウソも見られて成果ありですね。

ホロホロ 様
クイナ類、警戒心が強いのでなかなかの難敵です。
この日は昼の弁当を食べようと池の近くで休憩。
水の少ない池の傍に居たのは自分ひとり。
約30分ぐらいの間全く一人だけなので警戒心もなかったのかもしれませんね。
こんな点、田舎の公園は静かで好いものです。
都会ではこうはいかないと思います。

こんにちは。

警戒心が強いので中々撮れないのですが全身をしっかり撮られてさすがです。
赤褐色と黒褐色のツウトンカラーが素敵ですね!赤い足も・・・
気配ですぐ引っ込んでしまいますが1度だけ撮った記憶があります。
映り込みもうっすらと見えますので、はっきり見えたら贅沢ですね(笑)

こんにちは
ヒクイナ明るいとこで撮れていいですね。
私は滅多に見ません。
いつも撮れないとこばかりなので
こんなチャンスに出あいたいものです。
渋いワインレッドの色がよく出ていますね^^

happy 様
街中の公園ではなく人家の少ない地域の公園なので人影が全く無く居たのは自分だけ。
これが幸いしたのかもしれません。
順光なので映りこみも期待したのですが仰るとおりそれでは欲が深すぎますね。
この後、何かに驚いたのか、私の気配を察したのか葦の中に入ってしまいました。

はぴ  様
ヒクイナ、葦などが生えて水気があれば何処にでも居る鳥だと思いますが、警戒心の強い鳥なのでなかなかモデルになってくれませんね。
無人の公園で自分独りだったのが幸いしました。
鳥撮りには運不運が付きものですがこの時は幸運でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒクイナ:

« 冬鳥を探しに | トップページ | ルリビタキ若・ウメジロ »