2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« ミコアイサ | トップページ | 池の畔から »

2019年2月 7日 (木)

コウノトリ

少し前の事です。自宅に「近くの川にコウノトリが居るよ・・・」の知人からの一報があり、家に居た家内が普通レンズで撮影したものです。

自宅直ぐ近くを流れる川に居たコウノトリです、ここのところ近くの池に棲みついて居るものが飛来したらしい。

Img_3689
Img_3824
帰宅後、この話を聞き、その場所を覘いてみたが既に飛び去った後でした。

コウノトリは居ないので堤防に咲いていたロウバイをパチリ。

2f0a7755

※「ソングバード」様からコメント戴き、コウノトリは左右の足環の色から豊岡市からリリースされた2017年4月生まれの♂J160号と判明致しました。「ソングバード」様、本当に有難うございました。
紹介いただいた足環の根拠となるサイトは以下のとおりです。

http://www.osabeya.com/bird/stork/

                       にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。上の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1445-

« ミコアイサ | トップページ | 池の畔から »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
コウノトリってこんな姿だったんですね。
鶴かと思いました。 笑

こちらではオシドリは見たことが有りますが 後は分からないです。

ふみ  様
外観が鶴に似ている為、昔から日本画などに描かれた「松にとまった鶴」は本種であるといわれております。
図鑑の説明文にも、「鶴は樹の上にはとまらないが、コウノトリは樹にとまります」とありましたから。

こんにちは
自宅不在の時にコウノトリで
残念でしたねぇ。
でも奥様が綺麗に撮られてて良かったですね^^
こちらでも我が家のすぐ近くでコウノトリが
発見されましたが、行った時はすでにいなかったです。
静岡や焼津、磐田あたりにはよく出没してくれるので
またチャンスを待ちたいとい思います。

幸福を運んできてくれる鳥と言われるコウノトリ
私は新潟あたりに居ると聞いていましたが、
countryさんの近くにお出ましとは!(笑)
人工繁殖で放たれるとも聞いていますが、数も多くなってきたのでしょうか。

こんばんは

コウノトリを奥様がしっかり撮って下さって良かったですね!
ご自宅の近くの川にコウノトリがいたとは何とラッキーな事なんでしょう。
奥様に感謝ですね。
飼育されて放鳥されたコウノトリ、滅多に見られないですものね・・・

はぴ 様
自宅からコウノトリの連絡を貰いましたがその時点で家から離れていたことや、昨年11月にも浜松市内で2羽揃っているところを見ているので撮影は家内に任せました。
それ以前にも当地区には度々飛来しており、幸運なことにも過去にも何度か撮影済みなので自宅にUターンすることを断念した次第です。

コウノトリが野で見られたら、感激ものですね。
奥様もご主人様同様、名カメラマンですね。
とても、綺麗に写されています。
堤防の蝋梅も匂い立つようです。

あすか 様
幸せを運んでくれるといわれているコウノトリ。
当地方には過去にも数回飛来しておりますが今度は自宅から2~300m位に来たのは初めて。
家内の普通のレンズで充分でした。

物語の世界だけの存在かと数年前までは思っていたコウノトリ。
実際にこの目で見れてからというもの、割と近くに存在していた
ことが判明しました。
こちらでもよく来てくれているようです。

我が家の玄関前のロウバイも満開です。
早春には黄色の花が多いように思います。

happy 様
かつては豊岡市のみだったコウノトリの人工飼育。
今では千葉産あり鳴門産ありで随分その数も増えてきたようで本当に喜ばしいことです。
幸運なことに過去、当地方にも数回飛来しており家内も今回で二度目、自分は4度ぐらい近くから見ることが出来ました。
絶対数が増えてきたのでそちらにも飛来があるかもしれませんね。

ホロホロ 様
家内もコウノトリは二度目、人工飼育された鳥なので近くに寄っても全く逃げる気配なし。
しかも固体が大きいのでこれほど楽な撮影はありません。
電話連絡を貰った時、写すときには「背景と白トビだけ気をつけて」
でした。

korekore  様
兵庫県豊岡市で始まったコウノトリの人工飼育。
今では各地で同様の試みが行われ、全国の彼方此方で幻の鳥が現実の身近な鳥になりましたね。
嬉しいことです。
これからもその数が増えてもっともっと身近な鳥になって欲しいものです。

おはようございます。
コウノトリ、まだ健在ですね。
足環を検索してみたところ、2017年4月生まれの雄のようですね。
兵庫県からリリースされたようですよ。(個体識別ナンバー:J0160)
野田からの個体とは、結局カップル成立しなかったようですね。

右足:黄色(上)・黄色(下)  左足:赤(上)・黒(下)で、検索してみました。
下記サイトを参照ください。
http://www.osabeya.com/bird/stork/
同ページに記載の「足環カタログ」も見れます。

ソングバード 様
今早速サイトを参照いたしました。
左右の足環の色の配列でリリース地、オスメスの違いや誕生日まで全て判別できるのですね。
便利なサイトですね。
これからも飛来があるかもしれませんので「お気に入り」に保存し参考に致します。
本当に有難うございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コウノトリ:

« ミコアイサ | トップページ | 池の畔から »