2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 梅園巡り | トップページ | 冬の田んぼで コチョウゲンボウ »

2019年2月27日 (水)

我が家のジョビ子さん(2)

今冬初め頃には時々我が家にやってきたジョウビタキのメス。狭い庭ですが水場が気に入ってくれたのか最近では毎日やってきます。
ただ、このジョビ子さん警戒心が殊の外強く、室内からの撮影でもカーテンが僅かに揺れただけでも直ぐに逃げてしまいます。

カーテンの隙間からガラス越しの撮影なので当然のことながら画像がハッキリしません。

Dc022403
Dc022402

Dc022404季節風が吹き荒れたり天気が悪い日には外に出られませんが、そんな日にはこのジョビ子さんをカーテンの隙間から眺めては楽しんでおります。

                    にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。上の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1456-

« 梅園巡り | トップページ | 冬の田んぼで コチョウゲンボウ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

野鳥も、いごごちの良い場所は知っているのですね。(笑)
外に出られない時はこんな光景に癒されますね。

おはようございます。

わ~いいなあ、素敵な水場があって・・・
梅の下で早く撮ってよ、っと言ってるようです。
もうここはジョビ子ちゃんのテリトリーですね!

我が家でもミカンでメジロを誘っていますが来てくれるのですが
良い写真が撮れません。

あすか  様
居心地はともかく、水場が気に入ってくれたようで毎日来てくれるようになりました。
嬉しいことです。
以前にはメジロも頻繁に来てくれましたがメジロには嫌われたようです(笑)

happy 様
広くない庭ですが鳥が来てくれる水場を作って大正解。
この頃ではヒヨにこのジョビ子さん、それにスズメは常連さんになってくれました。
ヒヨは狭い水鉢に入り、水浴びをするので蹲の柄杓や柄杓置き場を周囲に投げ飛ばす困りものですが今では静観しております。
庭に野鳥が来てくれるだけでも有難いと思うようになりました。

素敵な庭ですね。
まるで、旅館の窓から眺める日本庭園みたいです。
紅梅とジョビコさんがそのランクを数段上げてくれましたね。
鹿威しの上に止まったのは、ご愛敬でしょうか (笑)

素敵なお庭の水場にジョビ子さんが毎日やってくる。
なんて素敵でしょう!
紅梅に岩止まりのジョビ子さん。いずこかの日本庭園を拝見しているようです。
一日見ていても飽きないでしょうね。でも、カーテンを揺らしただけで飛び去ってしまう警戒心の強さ。
野鳥には必要なのでしようね。
我が家に毎朝来る、スズメたちも即逃げです(^^)

おはようございます。
お庭 綺麗に手入れされてるので
ジョビ子ちゃんがどこにとまっても画になりますね^^
水浴びシーンもお家で見れるなんていいですね~。
紅梅とジョビ子ちゃん いいですね^^

korekore 様
さして広くない庭ですが現在地に家を建てたときに近くの造園業の親方に造ってもらいました。
家族構成の変化により駐車場に変わった部分もあり、築庭時の2/3程度になってしまいました。
松を中心にした常緑樹が多いのですが梅や夏椿などの花木も多少あり、自分では気に入っております。
蹲の水鉢にはヒヨやスズメにこのジョビ子さんが毎日やってきます。

ホロホロ 様
毎日やってくるジョビ子さんや、ヒヨにスズメたち。
鳥たちにわからないようにカーテンの隙間から覗くのですが間近で見られる鳥たちの表情は実に可愛いものです。
ヒヨやスズメたちはともかく、このジョウビタキがもう少し人慣れしてくれたなら・・・と思いますが、仰るとおり自然界で生きていくためにはこの位の警戒心も必要なのかもしれませんね。

はぴ 様
お褒めいただきありがとうございます。
庭掃除は風が強かった日の翌日には必ず実行しています。
大変なのは草取りと害虫駆除の消毒作業ですが、これだけは自分自身で行っております。
梅も今年は何故か花が例年より随分少なくて半分以下でした。
来年に期待です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我が家のジョビ子さん(2):

« 梅園巡り | トップページ | 冬の田んぼで コチョウゲンボウ »