2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 日本平夢テラス | トップページ | 季節の鳥 ルリビタキ »

2019年1月22日 (火)

駿府城石垣発掘現場へ

日本平からの絶景を楽しんだ後、秀吉時代の石垣と金箔瓦が発見された今話題の駿府城石垣発掘現場へ。
日本平から距離も遠くなく、歴史ファンの自分としては予ねてより訪れてみたいと念願していたところです。

いつもは巽櫓のある東御門からの入りますが、今日は地下駐車場から近い北門橋を渡って入城です。

119a0194

家康公像、浜松城の家康像と違い年輪を感じさせる像です。天下統一後の貫禄充分といったところでしょうか。。

119a0197
一昨年、家康時代の石垣が発掘された時にも訪れた現場ですが、今回は新たに発見された豊臣時代の天守台石垣発掘現場です。

119a0215
下写真は家康時代の天守台石垣、左に見える金属製のポールの先まで石垣は有ったとのこと。
更にその上に江戸城より大きい城郭史上最大で日本一の天守閣が建てられていた事が判明したそうです。
119a0213

発掘現場の無料の発掘情報館「きゃっしる」にも並べられていますが「坤櫓」には、原型の分かる豊臣時代の金箔瓦が展示されている。

119a0220

城内の富士見広場から見た富士山。家康公も此処から四季折々の美しい富士山を眺めていたことでしょう。

119a0230

江戸城をしのぐとされる日本最大の天守閣と石垣。そして豊臣時代の石垣、これからの調査にますます期待が持てますね。

               にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。上の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1437-

« 日本平夢テラス | トップページ | 季節の鳥 ルリビタキ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

歴史を感じさせる発掘現場ですね。
家康から秀吉時代までの歴史を当時の繁栄が感じられますね。
江戸城復興の話もこちらでは出ています。

おはようございます。
歴史的に有名な駿府城でも、まだ未調査の遺跡があるんですね。
驚きました。
これから、また新しく謎が解けるかもしれないと思うと、歴史好きの人にとってはたまらない話ですね。
富士山は、そんな歴史を見続けてきたんでしょうか。
ロマンを感じます。

あすか  様
江戸城復興ね~
スケールの大きな話ですが東京なら充分可能性大ですね。
名古屋城も木造建築で復元されるかもしれないそうです。
この駿府城もその様な話が出ておりますが秀吉時代の石垣発見でまた混乱してきました。

ソングバード  様
駿府城、明治に入り軍の施設設置のため破壊されたり埋め立てられたりして一部の石垣や堀を残すだけとなったそうです。
そのため発掘調査が行われ、豊臣時代の石垣まで発見されました。
発掘が進めば今川時代のことも判るのではと期待されております。
変わらないのは城内からの富士山の姿です。
仰るとおり、今川義元も家康も此処から霊峰を眺めたと思えばロマンを感じますね。

今回の発掘の駿府城石垣は豊臣政権が築城したということでしょうか?
徳川家康が築城した駿府城とは別の天守閣があったのでしょうか・・・?
良く分からずに質問して、申し訳ございません。
残された石垣から色々なことがわかり、これから先も興味深いことが判明するのでしょうね。

前ブログの日本平夢テラスからの富士山、素晴らしいですね。

ホロホロ 様
今、発掘中の石垣は徳川家康当時の石垣ですが、発掘途中豊臣政権時代の石垣が新たに発見されたのです。
金箔瓦は豊臣時代の物との事です。
家康は旧豊臣政権時代に作られた石垣等を潰し新たにそれを上回る天守を築いたのです。
つまり、豊臣時代より大きな徳川政権の象徴となる大天守を作ったとの事です。
金箔瓦は人為的に破壊し、捨てられていたものが今回世に現れて話題になったものです。

こんばんは
豊臣時代の金箔瓦が発見されて
驚きましたね。
こうして時折歴史に触れるのも
面白いですよね~。
江戸城より大きかったとされる天守閣と石垣
見てみたかったですよね~。

はぴ 様
一昨年、家康時代の石垣発見にこの現場を訪れました。
その時は豊臣時代のことは全く分からなかっただけに自分も興味津々。
家康時代の石垣を復元し、その上に天守を再建の市民の期待もありましたが豊臣時代の石垣発見でややこしくなりました。
更に今川時代の遺跡等が発見されたならば・・・
興味は果てしなく膨らんできますね。

こんばんは。

歴史ファンのcountry walkerさんには興味深く眺められた事でしょうね!
私も戦国時代のドラマ(NHKの大河ドラマ)が好きで興味があり必ず見ていました。

家康時代や豊臣時代の石垣の発掘現場を見て興味津々と言われている事に頭が下がりました。
素晴らしい方だと思いました。
場内からの富士山も素晴らしい眺めでしたね!

happy 様
一昨年、埋もれていた家康時代の石垣の一部が発掘され、一般公開された時にも訪れましたが今度は豊臣時代の石垣や金箔瓦発見のニュースに「これも是非・・・」と思っておりました。
静岡市まで出掛けるならば「日本平の夢テラス」と一緒に思っており、今回の実現に至った次第です。
でも双方とも行って良かったです。発掘現場から遠い昔を偲び思いを馳せる・・・ロマンがありますね~

ホント~ 古のロマンを感じる駿府城の石垣発掘現場ですね。
豊臣時代よりさらに大きな城を築き人為的に破壊され捨てられた金箔の瓦・・・。
徳川家康らしいなと感じてしまう歴史オタクの私です。
江戸城の残っている石垣を思い浮かべると、きっと圧倒される大きさの石垣だったのでしょうね。
ブログを拝見しているだけでワクワク感が募りますよ。

最近は、鎌倉国宝館での源実朝展で「刀剣」を観覧し興味を覚えております。

セロリさん  様
豊臣時代の金箔瓦発見のニュースを聞き、日本平とセットで出掛ける予定を立て富士山の見える日に実行です。
人為的に破壊された金箔瓦、そしてより見事な天守を建築。
家康らしい築城ですね。
家康時代の天守再建の機運が盛り上がってきたこの時期、豊臣時代の石垣が発見され、これをどうするのか市民も歴史家も困惑しているようです。
暦女プラス刀剣女子の仲間入りもされたようですね。
趣味は幾つあってもよいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 駿府城石垣発掘現場へ:

« 日本平夢テラス | トップページ | 季節の鳥 ルリビタキ »