2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« ヤマシギ | トップページ | ウミスズメ »

2019年1月12日 (土)

アメリカヒドリ(交雑種)、ホオジロガモ

アメリカヒドリ。交雑固体が多く、本物との見分けは本当に難しいとの事です。2f0a5567
2f0a6220

少し離れた沖合にはホオジロガモが3羽。

2f0a5974
別の場所、少しだけ近くに居た1羽をパチリ。2f0a6054
アメリカヒドリ。
拙い写真では被写体への光の状況などもあり判別は難しいかもしれませんが、自分ではハイブリットなのかアメリカヒドリ本種であるのか到底判断が出来ません。
お分かりの方、ご指摘頂ければ幸いです。

当初のタイトルは「アメリカヒドリ?」としてUP致しましたが「ソングバード様「takapy77」様より 頸部や額の色、嘴基部に黒斑が見えない事等々からハイブリットではないか・・・とのコメントを頂き「?」を消去し「交雑種」と致しました。
「ソングバード様「takapy77」様、本当にありがとうございました。

                  にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。上の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1432-

« ヤマシギ | トップページ | ウミスズメ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
本種かハイブリットか、迷いますよね。
写真の光具合で色味が変わるので、はっきりしたことは言えませんが、多分ハイブリット〈交雑種〉ではないかと思います。
特に感じたのは、頸部(目の下)の色が、本種は灰白色だと思います。
額の色も、もう少し白っぽいかと・・・・・
日本では、純正種は極めて少なくて、大半がハイブリットみたいですよ。
私も過去に撮った写真は、大半がハイブリットでした。
(間違ってたごめんなさい。)

ソングバード 様
おはようございます。
早速のコメントを有難うございました。
やっぱり・・・ハイブリットですか。
今、図鑑等々を再々度調べてみましたが仰るとおりの色の違いがありました。
しかし、難しいですね~ 鳥の識別は・・・
これからも分からない事や、間違った点も多々発生してくるものと思います。
今後とも、ご指導ご指摘のほど何卒宜しくお願いいたします。
有難うございました。

犬にも雑種とかミックスと呼ばれる犬がいますが、鳥仲間でもそのような類の鳥もいるのですか!
私には鴨は鴨 精々オシドリぐらいまでの判別です。(笑)

あすか  様
鳥にも交雑種があり、特にカモ類は多いとも聞きます。
正常な鳥でも判別が付かない場合が多いのに、交雑種となれば全くお手上げです。
こんな時にネットで相談できるベテランさんの存在は大きく、本当にありがたいことです。

この個体は、ハイブリットだと思います。
ソングバードさんが、仰ってる通り、額の色味に褐色味(ヒドリガモの特徴)がある事。
それと、嘴基部に黒斑が見えない事(アメリカヒドリ♂には黒斑があります。♀には無い場合もある。)
決定版 日本のカモ識別図鑑のP78~79が参考になります。
まあ、殆どアメリカヒドリという感じなので、ヒドリガモの血は、ほんの僅かだと思います。

takapy77  様
コメントを有難うございます。
やっぱりハイブリットなのですね。
嘴基部の黒斑の件、全く知りませんでした、「 takapy77」様には以前にも助けていただいたことがありますが、本当に詳しく調べておられますね。
今回も又、有難うございました。
今後とも宜しくお願いいたします。

こんにちは
ハイブリットかアメリカヒドリ本種なのか
かなり判別は難しいのでしょうね~。
鳥さんの判別はみなさんに任せて
鳥撮りを楽しみたいです^^;
でも 初見初撮りがかかってると
どちらか知りたくなります。
ホオジロガモは先日私も会いました^^

これらの観察に海辺に行かれていたんですね。
アメリカヒドリとはわかっても、交雑固体なのかどうか?
水鳥の区別はとても難しいようですね。
ホオジロガモ、私も早く会いたいものだと思っていますが、
昨年はメスだけしか見れなかったのです。
今季はどうなのか、近々観察に行ってみたいと思います。

はぴ 様
野鳥を撮るだけで満足しているレベルの自分には分かり難い鳥の識別は難しく悩みます。
それでもブログにUPする以上、出来る限り正式な種別名を記載しなければいけないことは当然です。
このような場合、今回の様に回答を頂けることは嬉しくも本当に有り難いことですね。
ホオジロガモとは久々の出合いでした。

korekore  様
此処のところ何時もの公園や田んぼでの冬鳥たちがあまり期待できないので海岸に通いました。
この後のブログも海岸沿いで撮った鳥たちになります。
寒い海岸より少しはマシな内陸部での撮影が出来ればよいのですが、通常では見られる冬鳥たちがあまりにも少ないので。。。
やっぱり気象条件が例年と違うのでしょうか?

先ほど私もアメヒ?の記事を上げました。
こちらに伺うと綺麗な緑色の目の周りのカモ。これでも純粋のアメヒではないのですね。
本当に同定は難しいですね。
皆様のコメントから純粋のアメヒを見るのは難しいようですね。
私が見たのもハイブリットかも(^^)と思えました。

ホロホロ 様
私の場合、「ソングバード」さんや「takapy77」さんがご指摘のように ハイブリットのようです。
今「ホロホロ」さんのブログを拝見しましたが自分の撮った固体と異なり、嘴基部の黒いラインがハッキリしていましたね。
アメリカヒドリ、本当に難しいです。

こんばんは

ヒドリガモの本種か交雑種かの区別は私には全く分かりません。
以前私の池にもヒドリガモの中にアメリカヒドリが入りブログアップした所
ハイブリットの事で訂正したことがありました。
難しいですね。どこがどうちがうのか分かりづらいです。

happy  様
こんばんは。いつもコメントを有難うございます。
アメリカヒドリの交雑種と本物との違い、自分にもよく分かりません。
ただ、アメリカヒドリと言われている鳥には本物が少なくて交雑種が多いことだけは聞いておりました。
「 happy」さんも私同様ブログUP後訂正されたのですね。
しかし難しいですね~
本物との違いは・・・
それでも、自分が分からないところを教えて下さる方々が居ることは本当に有り難いことですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカヒドリ(交雑種)、ホオジロガモ:

« ヤマシギ | トップページ | ウミスズメ »