2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 西湖樹氷まつり | トップページ | アメリカヒドリ(交雑種)、ホオジロガモ »

2019年1月10日 (木)

ヤマシギ

西湖野鳥の森公園では空振りに終わったバードウォッチング。帰りに何時もの公園へ寄ってみた。お目当てはヤマシギと今季地元では未だ見ていないトラツグミです。

鳥を探している時、地に座ってカメラを構えている二人の鳥屋さんを発見。レンズの方向を見て探すも分からないので、鳥の居るところを教えてもらったが実に分かり難い。

そして漸く見つけたヤマシギです。

2f0a5007
ヤマシギ、図鑑によれば「夜行性で昼は殆ど動かず保護色で発見し難い」と、ありますが分かり難いのは図鑑の説明文どおり。
下写真は撮影現場から見たノートリミングのショットです。矢印の先にヤマシギが居るのですが周囲に完全に同化していますね。

2f0a5037

2f0a5069
この後、現地でご一緒した二人のカメラマン氏たちと共にトラツグミを探すも発見出来ず。この日は西湖までミニ遠征し収穫はヤマシギだけでした。

                  にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。上の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1431-

« 西湖樹氷まつり | トップページ | アメリカヒドリ(交雑種)、ホオジロガモ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
ヤマシギも見つけにくいですね。
茂みの中で大きな目を目標に探すのも苦労します。
でも、それだけに、見つけたときの喜びもありますけどね。
こちらでは、同じ仲間のタシギが7羽いましたよ。もちろんヤマシギの方が貴重品ですが…・(笑)

↓の高原からの富士山、いつ拝見しても美しいですね。飽きません。

ソングバード 様
おはようございます。
この時のヤマシギ、先に座って撮っていたCMさんから「あの石と石の間に居ます」と教えてもらっても分からなかったほどです。自分ひとりで探しても恐らく見つけることは不可能だったと思います。
先に来ていた鳥撮りCMさんのお陰です。
タシギも近づくと動かなくなってしまいますね。格好も似ていますがその性格も似ているのでしょうか(笑)
富士山、我々静岡県西部の人間は西側からのスタイルですが、関東方面から見た東側と趣が随分違いますね。
でも何処から見ても飽きないのが富士山でしょうか。

おはようございます。
ヤマシギってよく見ると羽模様や色も
地味でも綺麗ですよね。
それに愛嬌のあるお顔が可愛い~。
ほんと 周囲と同化して見つけるのが
大変ですよね!!
どうにか見つけられてよかったですね~。
トラちゃんには会えなくて残念でしたね。

はぴ  様
ヤマシギ、池や川に居るタシギと似た感じですがタシギよりかなり大きい。
それでもじっと動かず居れば見つけるのは困難です。
この時も他のCMさんが撮っていたので分かりましたが自分ひとりではおそらく発見できなかったと思います。
トラちゃん、毎年来る近くの公園でも未だ見つからず、今季果たして見られるのかな?

ヤマシギ はじめに見つけた人すごい!
ヤマシギの顔が「見つけてごらん」って言ってますね。
また昔のはなしですけど、京都御苑で見た時、全くわかりませんでした。
教えてもらって、やっと「え、あんなところに・・・!」。

ちどり 様
ヤマシギは忍者中の忍者。
「あちらに居ますよ」と教えていただいても当初は分かりませんでした。
ファインダーを覘いても双眼鏡でもダメ。
言われた辺りにピントを合わせシャッターを押してモニターを見て初めてその存在が確認できました。

ヤマシギと云う鳥は自分の身を守るための保護色なのでしょうね。
思わず写真をジッと見つめてしまいました。

これはわかりづらいヤマシギですね。
動けばわかりやすいのでしょうが、固まっていたら、とても見つけるのが大変そうですね。
ヤマシギは未遭遇です。タシギに似ていますね。
トラちゃんは私も一昨日、水元公園へ目的で行きましたが、見つけられませんでした。

こんばんは。

ヤマシギを教えて下さったCMさんに感謝ですよね。
私が行く里山にもヤマシギが出ていると聞いていて行ってこようと思っていた所
工事が始まって撮影禁止になっているとか・・・残念です。

中々見つけられないヤマシギが撮れて良かったですね!!
頭のバーコードもしっかり見えます。
落ち葉の色と同系色では本当に分かりませんよね、でも綺麗に撮れてパチパチパチ

あすか 様
この鳥は木陰や草むらの中で動かなければ先ず見つけることは困難だと思いました。
撮影場所は明るい斜面です。
それでも当初は言われるまで分かりませんでした。

ホロホロ  様
こんばんは。
全くそのとおりです、先に来ていたCMさんの姿を見て近づき、レンズの先を見ても分からないので尋ねました。
このお二人が居なければこの日は3球3振の空振りで終わっていたと思います。
ヤマシギ、地元では無理なので富士山見物の帰途、ここ3年立ち寄って見ています。

happy 様
自分ひとりではおそらく発見できなかったヤマシギ。
先に居たCMさんのお陰の何ものでもありません。
そちらでは工事のため撮影禁止ですか・・・
地元では撮れないので毎年西湖の帰りには此処へ立ち寄り、何とか撮っていますが1年に1度の出合いです。
嬉しいですね~
パチパチと拍手まで頂き有難うございます。

鳥って、ほんとに保護色で身を隠している種が多いですね。
最近、目に衰えを感じるようになってきたので、なおさらです。
私なんて、「 ほらっ、そこ 」 と言われても、見つけれないことがあるのです。
とくにこのヤマシギは、見つけにくい代表ですね。
ポイントに、鳥撮りさんがいてくれて助かりましたね。
私は、いつもその恩恵にあずかっていますよ 

korekore  様
自分も加齢と共に視力・聴力が衰え、鳥撮りでは目の良い人や耳の良い人に随分助けられています。
夏季のヤブサメなど「直ぐその近くで鳴いていますよ・・・・」と言われても全く分からなかったです。
皆さんに発見してもらう、教えていただくは日常茶飯事です。
親切に教えてくださる人、本当にありがたいことですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤマシギ:

« 西湖樹氷まつり | トップページ | アメリカヒドリ(交雑種)、ホオジロガモ »