2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« ホシムクドリ・タヒバリ | トップページ | 川辺の鳥たち ハジロカイツブリ »

2018年12月11日 (火)

季節の田んぼ ハヤブサ・ハイタカ

北国からは早くも雪の便り、当地方の田んぼにも冷たい季節風が吹き始めました。、
今冬は未だ見ていなかったハヤブサ。冷たい風が吹く中、何時もの鉄塔に居るところを見つけ、そおっ~と近づいてパチリ。

2f0a2639
この後、周囲を睥睨しつつ大空を飛ぶハヤブサ、カッコいいですね~

2f0a2672

ハヤブサが飛び去った後に天高く飛翔するのはハイタカ?

2f0a1767

雲ひとつない初冬の青空の下、悠々と飛翔する猛禽たちでした。

                  にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。上の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1416-

« ホシムクドリ・タヒバリ | トップページ | 川辺の鳥たち ハジロカイツブリ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
ハヤブサとハイタカが同時に見れるなんて、ラッキーですね。
今まで2羽同時に見れた経験は味わったことないです。
猛禽類は、やっぱ炉青空バックが一番ですね。

↓のホシムクドリ、こちらでも、もしかしたらと、注意してみても、ムクドリはムクドリ、まるで気配無いです。(笑)
タヒバリはいっぱいいますけど…・・

猛禽類は鳥の中では王様ですね!
飛形も迫力があり、小鳥たちは近寄りがたく感じます。

ソングバード 様
この日は早々にハヤブサに出合え、その次の目的地に向かう寸前に現れたのはハイタカでした。
この後、目的の鳥には出合う事が出来なかったのですが隼とハイタカ双方を見ることが出来ただけでも充分でした。
ホシムクドリは近年増えてきた感じで、珍鳥ではなくなった感じです。

あすか 様
猛禽類は鳥類の中では生態系の頂点に立つ王様。
その中でもハヤブサは飛翔速度のスピード王といわれております。

はやぶさは遠くから見たことはありますが、近くで大きな姿は初めてです。
目が大きい・・・ギョロ目なのですね(^^)
飛翔姿の羽の角度がいかにも速そうでカッコ良いです!
猛禽の飛翔姿はやっぱり青空が良いですね。
ピントがバッチリで気持ちの良いお写真です。

最近、猛禽が気になるようになってきました。
そんな時、私もノスリに会えて、気をよくしています。
ハヤブサは、毎年夏に営巣している海岸の崖があるのでそこに出かけますが、
普段にはなかなか会えないので、よく止まっているという鉄塔を探し出したいところです。
ハヤブサやノスリは違いがわかるのですが、ハイタカとなると自分では見ても特定できないのが
悲しいというか情けないことです。
何度も会うしかないでしょうね。

こんばんは!
2枚目の写真、素晴らしいなぁ・・・。
飛んでいるハヤブサって、本当にカッコウ良いですね。
かつて帝国陸軍が採用した一式戦闘機に、「隼」という愛称を付けた事が納得出来ますよ。
こんなハヤブサを見かけると、つい、♪エンジンのぉおおと~ゴォ~ゴオゥとぉ~♬って口ずさんでしまいます。

こんばんは
ハヤブサにハイタカ どちらも
飛翔シーンがカッコいいですね。
ハヤブサは海上でかなり遠くに飛んでるのを
一度だけみたことがあります。
鉄塔の上にいるとこを近づいて撮れるなんていいですね。
青空も気持ちいいですね~。

ホロホロ 様
ハヤブサ、当地方では注意して見れば時々見られる猛禽です。
目の周囲に特徴があり目が大きく見えますね。
図鑑によれば獲物を獲る時の急降下の速度は鳥類一の早さとか。。
この日は雲ひとつない青空で飛翔姿を撮るには丁度良かったです。

korekore  様
このハヤブサはこの鉄柱がお気に入りか時々此処に留まって周囲を眺めています。
ハイタカとオオタカの違い、似ているので本当に難しいですね。
2羽揃えば大きさの違いで分かるかもしれませんが、単独で飛翔中では比較できないので到底無理です。
撮った写真を見て、スタイルとか横斑の色と太さの違い等々から判断していますが自信はありません。
その為にこのブログ写真の説明文にも(?)をつけました。
ベテランさんならば一度で見分けておりますが。

FUJIKAZE  様
猛禽類の飛翔スタイルはかっこいいですね~
戦闘機や新幹線、それに人工衛星にも使われるハヤブサの名、早い物の代名詞です。
しかし「FUJIKAZE」さん、未だお若いのに随分古い歌をご存知ですね。
「加藤隼戦闘隊 」とは・・・
自分が未だ幼い頃聞いた歌ですよ(笑)

はぴ 様
このハヤブサはこの鉄柱がお気に入りの様です。
昨年~今春も(昨年は未だ幼鳥でしたが)この鉄柱付近でしばしば見かけたものです。
私個人の想像ですが人を全く怖がらない点や同じ範囲で見かけるなど、多分同じ固体ではないかと思っております。
今春のブログです。
http://yusato.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/post-5a6c.html

おはようございます。

ハヤブサ、カッコイイですね!
猛禽は同じ所に止まる事がよくありますよね、
こちらの野鳥公園もミサゴが止まる所が決まっているんです。
青空の飛翔は綺麗ですね(^^)猛禽類は何といっても青空に限りますね!!
ハイタカは羽を広げた模様が凄く綺麗です。
ハヤブサとはまた違った美しさですよね。
青空に違った猛禽も2羽撮れてラッキーな撮影でしたね。羨ましいです。

happy 様
仰るとおり猛禽類はお気に入りの場所があるみたいですね。
このハヤブサも幼鳥時からこの鉄柱が大好き?で、今までにも数回見ております。
飛んでいるところはやっぱり曇り空より晴天ですね。
この日は晴天もさることながら2羽も撮れて万々歳でした。
1日待ってもボウズの日もあればこんな日もある・・・
こんな日を期待してまた出掛けてみたくなります(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 季節の田んぼ ハヤブサ・ハイタカ:

« ホシムクドリ・タヒバリ | トップページ | 川辺の鳥たち ハジロカイツブリ »