2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 全国だんごまつり  | トップページ | 季節の鳥 ベニマシコ »

2018年11月15日 (木)

ミサゴ(Ⅱ)

ミサゴが水中の魚を捕るため、水中に飛び込む寸前のポーズを期待して出掛けている河川敷ですが撮影は実に難しく、未だ成功しておりません。この日は曇りで水の色も冴えません。

獲物無しで流木に来たところですが、こんなスタイルで行われる狩が見たいと念願しているのですが実現するのは??です。

狩をして、獲物を捕り舞い上がる場面以降は撮れるのですが着水直前の所謂ダーウィンポーズが撮れません。

2f0a6652
2f0a6655

時々獲物を持って飛んでくることもありますが。。。この時は両足で獲物を持っております。左足で持つのは大きな鮎。

2f0a6620
「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。下の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1403-

               にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

« 全国だんごまつり  | トップページ | 季節の鳥 ベニマシコ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
凄いシャッターチャンスですね。
細い木ですが余程疲ていたのでしょうね。

ふみ 様
本当はこういったスタイルで水中にダイビングするところを撮りたいのですがなかなか実現しません。
細い木は流木で満干の違いで見えるようになります。

鳥の行動は予想外の動きをするのでしょうね。
連射の無駄撮りを覚悟での撮影か、動画撮影しか方法がないような気がします。
しかしドンピシャな撮影が出来た時はこれまた最高の気分になりますね。

あすか 様
そうなんです。ミサゴが水面近くに居る魚を見つけて上空からダイビングするのですが魚も気配を感じて?急に移動するのか鳥も急に方向を変えることが多いので殆どピントが外れてしまいます。
この撮影では未だに成功したことがないのです。
本当に難しいです。

ミサゴ君 捉えたのアユですか。
天然の鮎だから美味しいでしょうね。
君にはモッタイナイからこちらの鯉と交換してよ!(笑)

ちどり 様
左足で捉えているのは紛れもなく落ち鮎です。
昨年は同じ場所で尺鮎をアオサギが捉えたところを見た人たちもおります。
この場所でのミサゴの漁、ボラを筆頭にウグイやコハダなどが多いようですがこれからは落ち鮎も多いと聞いております.
でも、鯉はあまり聞きませんが。。。ハテ?

私も今年こそは、ダーウィンポーズを狙いたいと思っていますが、
どうなりますやら。。。
知り合いの投稿写真などを見させてもらうと、そのジャスト・タイミングにビックリです。
獲物を獲得して飛んで行く、最後の絵みたいなところも撮りたいです。
今日は、頭の上を高く飛んで行くだけでした。

こんばんは。

ミサゴが流木に止まる寸前と止まったポーズ、素晴らしいです。
又大きな魚を両足にしっかりつかんで飛び上がる写真もとても良いです!!
中々撮ろうと思っても撮れないのにしっかり撮れて凄いです。
こちらでも今舟だまりにミサゴが魚をとりに来て大フィーバーしていますが
未だ撮りに行っていません。撮れたらいいのですが・・・?

↓の全国だんごまつりは到着するまでスゴイ階段を制覇しないと食べられないのですね(>_<)
長~い階段はとても苦手なんですがお団子につられて上ってしまうのかな?私も・・・

こんばんは
ミサゴ いいシーンが撮れていますね!
カッコいいなぁ~。
獲物をとる寸前の着水シーン 難しそうですね~。
イメージしてるポーズで撮りたくなりますね。
ラストの獲物を掴んでるシーン 羽の動きも
躍動感あってカッコいいですね!
まだ近くで見たことないので こんなシーンに
出あってみたいです。

korekore  様
ダーウィンポーズ、今年初めての挑戦ですが実に難しいものですね。
鳥友さんたちが撮っているのを見て自分も・・・と始めてみました。
当初は数打てばそのうちに何とかなると軽く思っておりましたがこれが大間違いで未だに実現していません。
何時になったら実現できるやら・・・

happy 様
ミサゴでは連日苦労しています(笑)
飛び込む寸前のポーズを撮りたいと思っているのですがなかなか実現しません。
だんごまつりの団子売り場は石段の下なので階段は上らなくてもOKなのです。
石段の上には本堂があり参拝客は此処を上り、団子の買い物をするだけの人は昇らなくてもよい様になっているのです。

はぴ 様
撮影する河川敷は自宅から近いのでこの頃は毎日出掛けております。
これからは風が強くなりそうなれば寒くて耐えられない場所になりますが・・・
獲物をとる寸前の着水シーン 、実に難しいです。
空中から水面めざし急降下して着水となるのですがピントが奥に行ってしまうのです。
といってMFでは到底追いつけず、幸運に恵まれなければ無理かもしれません。

おはようございます。
PCの調子が悪く、解消に手間取ってしまいました。

ミサゴの飛び込み寸前は、難しいですよね。
この写真も、杭が無ければ、ダーウィンポーズに見えるかもしれませんね。
私は、最近、照準器を使ってないのですが、照準器をしっかりセンターに合わせて、ファインダーを覗かず、照準器だけで追いかけると、確率が高くなるかもしれません。
残念ながら、こちらでは、ミサゴの機会が少ないので試せませんが、以前、コアジサシの飛び込みの時使ってみたことがあるのですが、まずまずでした。

ソングバード 様
実際に写してみて改めてその難しさが分かりました。
ファインダーでの追跡は広角レンズならばともかく鳥用レンズでは到底無理なので、自分も照準器による追跡を行っています。
撮った写真を後から見れば、ピントは空中ではミサゴを捉えておりますが背景に樹木などのある水面近くからピントが背景に行ってしまい主役がピンボケになってしまうのです。
上空の飛翔時なればMFも可能かもしれませんが急降下の最中では自分のウデではMFは到底無理です。
鳥ともさんから教えていただいた親指AFでピントにロックをかける方法を試しているところです。

ミサゴの狩りシーンとても鮮明に撮られています。
が、countryさんはもっと上級のシーンを頑張られているのですね。
いつか、ダーウィンポーズをゲットできますように・・・

ホロホロ  様
この日はダーウィンポーズを狙うも全て失敗。
曇り空なので水の色も冴えず芳しくない写真です。
水の色が鮮明でミサゴの脚が頭より前に出た迫力のあるショットが夢なのですが、望みが高すぎて無理かもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミサゴ(Ⅱ):

« 全国だんごまつり  | トップページ | 季節の鳥 ベニマシコ »