2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

« 今年もチョウゲンボウの雄が | トップページ | ノゴマの雄・雌 »

2018年11月21日 (水)

秋本番 チュウヒ

秋も深まり河川敷では季節の猛禽、チュウヒの姿が見られるようになりました。鋭い眼光と嘴が印象的です。

2f0a9744

チュウヒの特徴といえばVラインの飛翔スタイルですね。

2f0a0369
背景のアンテナ?が気になりますが。

2f0a7801
幸運なことに此方を向いてくれました。2f0a0371_2

                  にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。上の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1406-

 

« 今年もチョウゲンボウの雄が | トップページ | ノゴマの雄・雌 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
チュウヒ、冬の風物詩の一つですね。
こちらの調整池にも、少し前からやって来てます。
ハイイロチュウヒと比べて、昼間でものんびり飛んでくれるので、撮り易いかも知れませんね。
顔が独特なので分かり易いですが、地味な猛禽ですね

ソングバード 様
おはようございます。
同じチュウヒでもハイイロチュウヒとは羽の色や美しさなど随分と違いますね。
CMさんの人気もハイチュウは大ですがこちらはいたって普通です(笑)
毎年やってくるハイチュウは今季未だ見ておりません。
チラリとでもよいから早く見てみたいものです。

チュウヒと云う猛禽鳥の名前をは初めて知りました。
湘南海岸で良く見かけるトンビぐらいしか解かりませんが、多くの種類が居るのですね。

おはようございます。
チュウヒの飛翔 カッコいいですね。
鋭い眼光 猛禽はみんなイケメンですね。
猛禽類はほとんどわからなくて
トビくらいしか判別ができません(^^;

あすか  様
チュウヒ、図鑑によればタカ科、チュウヒ属。一見トンビに似た感じですが別物です。
トンビはタカ科トビ属でトンビもタカの仲間なのです。

はぴ  様
チュウヒ、トビの様に高く舞い上がりくるくる輪をかいて飛ぶことはなく、比較的低い位置をゆっくり飛翔してきます。
特徴はVラインの飛翔スタイルです。
ゆっくり飛んでくれるので撮り易いかもしれません。
猛禽類、人により好き嫌いがありますがカッコいいですね~

鋭い眼光のチュウヒ、まだ出会ったことはありませんが、
まさに「タカ」という感じです。
目までハッキリ写されて、綺麗な飛翔写真はさすが!です。

ホロホロ 様
そちらの広大な臨海公園では当然見ることは可能と思っておりました。
正面を向いた猛禽の目はやっぱり鋭いですね。
この日は運よくそんなスタイルを見ることが出来ました。
鳥撮り運不運が大きいですね~
昨日から今日、2日連続で空振りに終わりました。

こんばんは。

チョウゲンボウに続きチュウヒとは運が良いですね!
チュウヒはまだ見た事もありません。
鋭い眼光と嘴とのこと、一番目の写真で分かりました。
Vラインの飛翔が特徴なんですね、良くぞ撮られていますね。
シャッターチャンス、パチパチ、パチです。

ちょッと離れた県外で、猛禽類が見られるようですが、私はそこに行ったことがないので、
チュウヒとか見たことがありません。
もう少し近くに来てくれることを願うばかりです。
しかも、猛禽類って動きがあるのは夕方が多いようですね。
塒に戻るところを狙うとか…?
一度は会いたいものですが。

happy 様
チュウヒ、そちらでは少ないようですね。
チョウゲンやチュウヒ、当地方では比較的多く見られます。
チョウゲンは田んぼに行けば居りますし、チュウヒは河川敷で他の鳥を待って居る時、1日1~2回は通過します。
野鳥の多寡、地域差によるのでしょうね。
パチパチと拍手まで戴き有難うございます。

korekore  様
そちらには猛禽類が少ないのですね。
当地方は広い河川敷や田んぼが多いためか冬季には猛禽類を比較的見ることが出来ます。
猛禽類だけ待ってもなかなか成果は難しいので、このチュウヒなどミサゴの狩やベニマシコを待って居る時に通過したものを撮るのです。
凡そのねぐらが分かれば、夕方撮影チャンスは多くなります。
ミニ遠征でハイチュウを撮りに出掛ける時にはその手を使います。

猛禽類のチュウヒ、大空を、悠々と飛んでいますね。
見事に、V字飛行を、とらえられて
カッコいい姿を、見せてもらいました♪
country walkerさん、チュウヒと目が合っているみたいです^^

k-24 様
大空を悠々と飛翔する猛禽チュウヒ。
現時点では暖かいためか、冬の小鳥たちの姿が少なく、河川敷で猛禽類を写す機会が多くなっています。
飛んでいても固体が大きいので撮るにはそれほど難しくないのです。
むしろ森の中の小鳥の方が難しい場合が多いですよ。
最後の1枚、チュウヒと目が合ったようですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋本番 チュウヒ:

« 今年もチョウゲンボウの雄が | トップページ | ノゴマの雄・雌 »