2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 稲刈りの終わった田んぼで | トップページ | 再びノビタキ »

2018年10月10日 (水)

鷹の渡り(2) サシバ

前回は惨敗に終わった鷹の渡りに再度出かけてきました。

遥か彼方を飛ぶ鷹の姿は多くても近くを飛ぶ鷹は少ない。ピンは甘いかもしれませんが何とかフレームに入ったサシバです。

2f0a1952
2f0a1942
2f0a1940

鷹の種類はサシバが圧倒的に多く、稀にツミやハチクマの姿も散見しましたが何れも遠く、ハッキリしない写真なのでボツ。

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。下の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1385-

               にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

« 稲刈りの終わった田んぼで | トップページ | 再びノビタキ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

これがサシバですか。。。
猛禽はツミ、ハヤブサ、オオタカくらいはわかりますが、サシバ、クマタカ、などになると・・・
遠くても、バッチリですね。
私は、カケスでもうまく撮れませんでした。
三枚とも、アイキャッチもきれいに入り、眼の色さえ見れます。
さすがですね。脱帽です。

korekore  様
自分も猛禽となると(どんな鳥でもですが)詳しいことは分かりません。
渡る鷹の集団の中でもこのサシバがダントツに多く、殆どがサシバと言ってもよいほどです。
この日も鷹の他にもカケスやアリスイ、アオバトなどが鷹とは別に通り抜けましたが上手く撮れませんでした。
「 korekore 」さんからの過度のお褒めに嬉しくて舞い上がりそうです(笑)

こんばんは!
ずいぶん前ですが、この季節に、一度石垣島へ鳥撮りに行ったことがあります。
石垣島のバンナ山には、渡りの途中で立ち寄ったサシバやアカハラダカが鷹柱を作っていて壮観でした。
山頂の展望台には、沢山の大砲が上を向いて並んでいましたよ。
遠州に現れたサシバが石垣島を経由して大陸やフィリピンへと渡って行くのでしょうかね?

FUJIKAZE  様
鷹の渡りのルート、自分には全く分かりませんが様々なルートがあるのかもしれません。
各地で鷹の移動データが記録されている様ですが、残念ながら自分には詳しいことは分かりません。
石垣島でご覧になられた鷹の群、何処から飛来したものか不明ですが、渡り鳥の移動にはロマンをかきたてる何かがありますね。

こんばんは
サシバの羽を広げたとこカッコいいですね。
鷹類は名前を知ってるくらいで
見てもまったくわかりません^_^;
先日 tvで都会に住むツミを見て
オスメスの違いや大きさを知ったところです。
あまり撮る機会はないですが、出合えたら撮ってみたいです。

おはようございます。
サシバの鷹柱が見れるんですね。
こちらの調整池でも、珍しくサシバが現れたらしくて、しばらく滞在していたようです。
渡りの現場へ集合する過程で立ち寄ってくれたのかもしれません。

↓の刈り取った後の田んぼに、タカブシギなど、結構たくさん入ったんですね。
先日、私も探しに数カ所の田んぼを探してみたのですが、惨敗でした。

さすが鷹の飛形は迫力がありますね。
遠くに飛んでいる鳥の姿で種類が判別できるとは驚きです。

はぴ 様
猛禽類は近くで見ることはなかなか出来ないので名前などの判別に苦労しますね。
先日放映のツミのTV、自分も見ました。
当地方ではなかなか見られないツミが都会で繁殖していることも驚きでした。
あの番組でも野鳥の場合は欠かさず見ています。
先週はヤイロチョウだった日曜日朝の自然百景も・・・

ソングバード 様
大きな鷹柱は滅多に見ることは出来ませんが少数の5~60羽のものは見ることが出来ます。
以前、かなり大きな鷹柱を一度だけ見た事がありますが、単焦点の望遠レンズなので全容を撮る事は不可能でした。
こんな時にはズームレンズが便利ですね。

あすか  様
猛禽はカッコいいので猛禽専門のカメラマン氏も居ます。
でもなかなか近くから撮る事は難しいので、装備や撮影技術が必要です。
自分などその双方とも欠けているので渡りの時以外、出かけることはありません。

こんにちは^^
鷹が飛ぶ姿は、かっこよく、美しいですね。
羽が、空気をとらえている感じがわかります。

この間、東京でも、珍しい鷹が、繁殖していると
ニュースで知りました。
名前は、忘れてしまいましたが、見てみたいと思いました^^

k-24 様
東京でも鷹が繁殖している様ですね。
先日はオオタカが繁殖しているらニュースを聞きました。
日曜日のNHKTVの「ダーウィンが来た」では都心で繁殖しているツミと呼ばれる鷹の子育ての様子が放映されていました。
江戸川区の 葛西臨海公園も野鳥が多く観察出来る公園として有名と聞いております。

こんばんは
渡っていくサシバ、とても綺麗ですね。
ピンアマどころかハッキリしていますよ。
サシバはまだ、見たことがありませんが、遭遇しても教えていただかないとわかりません。
ツミだけはこちらでも良く見かけます。先日も葛飾の水元公園で出会いました。
おかげで小鳥さんたちは姿をくらませてしまいましたよ(^^)

ホロホロ 様
一寸ピンが甘いかな・・・と思いましたが寛容なコメントを有難うございます。
鷹の渡りの中で最も多いのが此のサシバです。
ツミやハチクマも撮りましたがこちらは正真正銘のピン甘で残念ながらボツの運命に。
願わくばツミを近くから撮って見たいものです。
ツミは飛翔中以外見た事がないのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鷹の渡り(2) サシバ:

« 稲刈りの終わった田んぼで | トップページ | 再びノビタキ »