2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 三度目の正直 ヒマワリノビタキ | トップページ | 今期も来ました マガン »

2018年10月24日 (水)

オオミズナギドリ

ヒヨドリの渡りを見に行った日に撮ったものですが、海上にはオオミズナギドリの大群がいました。

2f0a2605_2
群の全ては到底フレームに入りませんがその一部です。

2f0a2587前日は近かったとの事ですが、この日は岸からは遠く、欲を言えばもう少し近くに寄ってくれたなら・・・
でも、これほどのオオミズナギドリの群が見られただけでも満足です。2f0a2168

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。下の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1391-

               にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

« 三度目の正直 ヒマワリノビタキ | トップページ | 今期も来ました マガン »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

千葉県銚子港などでカモメが餌場として大群で押し寄せる漁港らしい光景を観ますが、
通常の海で群れを成して飛来し、海上で休息?している鳥たちも見かけますが、
移動途中の光景なのでしょうか。

おはようございます。
いいですね~!!
海原を大きな群れで飛ぶ海鳥、憧れのシーンです。
確かにもう少し近寄ってくれれば最高ですが、贅沢ですよ。(笑)

↓のヒマワリにノビタキもいいですね。
ヒマワリとノビタキは、まだ撮ったことが無いので・・・・・羨ましいです。

あすか  様
オオミズナギドリは国内で最大のミズナギドリで翼開長は122cmもの大きさとの事です。
これほどの群は勿論初めて見ました。
集団で海上を移動するらしくその途中にこの付近に立寄ったものと思われます。

ソングバード 様
この群は少し前、ヒヨドリの渡りを見に出かけた時に偶然見たものです。
大きな鳥なので固体そのものをもっと大きく撮りたかったのですが遠かったので仕方がありません。
仰るように大海原を前に鳥撮り三昧はまさに至福の時間でした。
自分はは毎年見ているヒマワリノビタキ、鳥撮り大先輩の「ソングバード」さんがヒマワリのビタキを撮ったことがないとは驚きでした。

オオミズナギドリは舞鶴湾の冠島が有名ですね。
ここで繁殖するので京都府の鳥にもなっています。
昔、漁船に乗せてもらって近くまで行ったことがあります。
餌をとり損なって船の中へ落ち、なかなか飛べません。助走しないと飛べない鳥だけに哀れだったですよ。
抱えて飛ばしてやりましたけどね。

青い海に乱舞するオオミズナギドリの大群、素晴らしいです。
この鳥は船に乗ってしか見られないと聞いたことがあります。
こちらの東京湾でも最近、この鳥の群れが見られたそうです。
あるフィールドで写真を見せていただきましたよ。

ちどり 様
オオミズナギドリと舞鶴湾の冠島、恥ずかしながらこの事は初めて知りました。
それだけ当地方では殆ど無縁の鳥なのです。
自分も此の鳥を見たのは二度目、一度目も遥か彼方の群を教えていただき見ただけです。
今回も遠かったので固体の特徴も分からないままでした。
船の中へ落ちたオオミズナギドリ、そんなに近くで見た人は少ないのでは?
貴重な体験をされましたね。

ホロホロ 様
此の鳥を見たのは今度で二度目。
前回も遥か海上を舞っているところを見ただけなのです。
今回も遠いので固体の特長さえ分かりませんでした。
洋上で過ごす海鳥は偶然が伴わなければ見ることは出来ませんね。

私は、今までオオミズナギドリと言う水鳥、見たことがありません。
この海辺には、渡りの鳥さんたちが集合する場所なんですね。
ヒヨドリも大群で集結していたし、オオミズナギドリも群れで集まっていたんですね。
私は海辺とは離れた土地にすんでいるので、あまり水鳥さんたちとの出会いがないのです。
冬鳥さんのご来訪がまだ限られている今の時季だからこそ、私も漁港に行ってみましょうかね。

korekore  様
自分もこのオオミズナギドリは二度目です。
前回も此の写真より遠い海上に群れていたところを教えていただき撮っただけのなのです。
今回も海岸からは遠く、鳥を大きく写すまでには至りませんませんでした。
したがって鳥の詳しい形などは図鑑で見るだけに過ぎません。
離れていても群が見られただけでも良しとしました。

こんにちは^^
お写真を見ていると、オオミズナギドリの動きや
海の香りまで感じられて、とても、気持ちよくなりました♪
こんな風に、自由に飛べるといいなぁ

舩が入ると、より、躍動感がありますね。
素晴らしい、ショットです!

こんにちは

大海原のオオミズナギドリに出会えて嬉しかったでしょうね!
少々遠かったのが残念と思いますが乱舞する大群は中々見られるものではないので
凄く感動した事と思います。
私は全くこのオオミズナギドリは初めて知りました。

当方は内海なので見られる海鳥はイワシの群れに頭から突っ込んで食べるカモメの群れくらいです。

k-24  様
屋外での撮影は気持の好いものですが、眼前に広がる大海原は気分も格別なものがありました。
黄色に塗装された船はパイロットボート、港内などを先導する水先人案内の船でした。
写真の上手な「k-24」さんよりお褒めのコメントは嬉しい限りです。

happy 様
此の日はヒヨドリの渡りをメインに出来れば鷹の渡りも・・・と、出掛けたものですが鷹の渡りのポイントの駐車場は満車で鷹は撮れず、思いがけずにオオミズナギドリたちに遭遇することが出来ました。
鷹の渡りは今年も撮っており、珍しいオオミズナギドリに出遭えて結果オーライの1日となりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オオミズナギドリ:

« 三度目の正直 ヒマワリノビタキ | トップページ | 今期も来ました マガン »