2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 秋の風物詩 ひよどりの渡り | トップページ | 三度目の正直 ヒマワリノビタキ »

2018年10月20日 (土)

旅する蝶 アサギマダラ

長距離を移動する蝶として知られるアサギマダラの新聞記事を読み、市内の里山公園を訪れてきました。
例年、フジバカマの花に誘われて飛来する場所は台風24号による塩害でフジバカマがほぼ全滅とか・・・今年は半ば諦めていただけに嬉しいニュースです。

この公園には過去にも2~3度訪れておりますがアサギマダラが飛来する事は全く知りませんでした。

119a9171
地元の人たちで管理されているこの公園、フジバカマの花はそれほど多くありませんがアサギマダラが数頭舞っています。
作業中の人の話によれば午前中の方がよく見られるとか。。。

119a9375
花にはアサギマダラ以外の蝶もいます。昆虫に疎い自分ですがネット図鑑によればアカタテハ?

119a9211
デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。下の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1389-

               にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

« 秋の風物詩 ひよどりの渡り | トップページ | 三度目の正直 ヒマワリノビタキ »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

標高1000メートルから2000メートル級の日本の高山にも長い間生息していると言われる蝶ですね。1000キロ以上も移動するとも言われている多くの謎を秘めている神秘的な蝶が身近で見られるのは羨ましい!

あすか 様
以前見たTVでは追跡調査の結果台湾から飛来の実績もあるとか。
あの蝶が・・・まさに神秘的としか思えませんね。
市内の公園に飛来は、台風の影響で今年は諦めていましたが思いがけない嬉しいニュースでした。

アサギマダラ…あの小さな個体で長い距離を移動するのですから凄いですよね。
伊豆半島一周歩きをした時に、伊豆の松崎で群れて舞っているのに遭遇しました。
一緒のウオーキングガイドさんより、台湾の方まで移動する個体がいると聞きビックリ!

フジバカマの花が好きなんですね。その場所にもフジバカマが咲いていた古道でした。
うろ覚えですが、「フジバカマにピロリジジアルカイド(?)成分が含まれている為
鳥に食べられないんだよ。」と聞いたような気がしましたが・・・?

こんにちは
アサギマダラが見れて良かったですね^^
飛んでるとこも綺麗に撮れててさすがですね。
美しい蝶で毎年 この時期の楽しみです。
こちらでも見れるようになりました。
一昨日は倉真温泉のアサギマダラを見に行きましたが
フジバカマが塩害でなのか イマイチ
アサギマダラも1頭だけだったので
撮らずに帰ってきました。
玉露の里では多い時は20頭近くいたようです。
ちなみに明日は龍勢なので、あの周辺は入れません。

今季初のジョビ君にも出合えてうれしいですね~。
私も早く合いたいです。

すみません。
朝比奈龍勢は今日20日でした。
なので あの辺は車で入れないので
万が一 行かれる予定があるかもと
お知らせいたしました。

セロリさん  様
自分もこのチョウが鳥並みに移動する話を聞いたときには驚いたものです。
アサギマダラはフジバカマの花が大好き。
庭先にフジバカマを植えておけばどんどん増えてアサギマダラが来るかもしれないと植えている人もいるそうです。
ピロリジジアルカイド、この難しい名前のことは申し訳ありませんが全く知らないのです。

はぴ 様
自分もこの時期になると毎年このチョウを見に出かけるようになりました。
昨年は菊川へ、今年は一昨年訪れた磐田市の昆虫公園を予定していたのですが塩害の話を聞き半ば諦めておりました。
倉真温泉は毎年、TVや新聞紙上で紹介されておりますね。
玉露の里のも来るのですか、この事は全く知りませんでした。
ジョウビタキは偶然のおまけのようなものです。
レンズが短か過ぎたのは残念でしたが・・・でもこれから彼方此方で見る事ができますから。。

追伸で朝比奈龍勢のことわざわざお知らせいただき有難うございました。
今日は朝から近くの川でミサゴを見に行っていました。

こんばんは。
そういえば、今の時期ですね。平地でアサギマダラが見れるのは。
こちらでもフジバカマの花のアサギマダラが来てるようです。
旅立ちの前にたっぷり蜜を吸って、体力作りですね。
アカタテハもお花が良く似合いますね。
ジョウビタキも来たようですね。こちらでも姿を見せましたよ。
いよいよ冬鳥の季節が始まります。

ソングバード 様
今晩は。
今年もまたアサギマダラのニュースを聞いて出かけてきました。
アカタテハ、昆虫に疎い自分なのでこの蝶の名前が気になっておりましたが、「ソングバード」さんから頂いたコメントで先ずは一安心できました。
何時ものことながら本当に有難うございました。
これからも何卒宜しくお願いいたします。

こんばんは
羽が痛んでなく、とてもアサギマダラですね。
こんなに小さい蝶が長距離渡るとは、驚異です。中には2000kmも飛ぶのもいるとか。
フジバカマにアサギマダラは有名ですが、近年河川の改修などでフジバカマが減っているとか・・・

もう、ジョビ男くんが来ているのですね。これからの時期、出会えるのを楽しみにしております。

ホロホロ  様
アサギマダラの移動距離は2000kmも・・・
凄いを超えて感心するばかりです。
フジバカマは減っているのですか?
環境の変化が災いしなければよいのですが。
こんな神秘的でかつ、美しい蝶は増えてくれても減ってほしくはありませんね。
ジョビ男くん、今季初見でした。
持参したレンズ、短すぎたのがチョッピリ残念でした。

丘陵地などで今でもアサギマダラに会えますね。
そろそろ帰る準備をしないと、寒い冬がやってくるのになぁ~と、気になります。
ジョウビタキ、ゲットよかったですね。
私は枝被りが一度撮れたのですが、もう少しいいところが撮れてからと
思っているのですが、
その二度目がなかなか出会いがなくて・・・(;´・ω・)

korekore 様
アサギマダラ、鳥撮りの最中でも稀に飛んでいるところを見る事がありますね。
ジョウビタキは自分も枝被りですし、第一豆粒程の大きさですから。。。レンズが短いので仕方がありません。
もう少し近寄ってと思った瞬間飛んで行ってしまいました。
でも、これからは何回も見る機会があるので小さな画像でもガマンしました。

こんばんは。

フジバカマにアサキマダラがとても綺麗に撮れて素敵です。
3頭も一緒にいるアサキマダラはフジバカマがよっぽど美味しいのでしょうね!
長距離を移動する蝶とは知りませんでした。
最近アサキマダラを見かけて写真に収めたのですが地面の上でジーとしていました。

もうジョウビタキが撮れたのですね、短いレンズとは思えないほど綺麗に撮れていますね。
こちらにも早く来てほしいです。

happy 様
アサギマダラはフジバカマの花が好きなのでしょうね。
鳥撮りの最中、稀に飛んでいるところを見ることもありますが、此の花が咲いている場所で見かけることが圧倒的に多いです。
写真を撮るときには花がらみの方がやっぱり綺麗ですしね。
ジョウビタキ、もう少し大きくトリミングしたかったのですがこれが限度でした。
そちらでも来ているかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅する蝶 アサギマダラ:

« 秋の風物詩 ひよどりの渡り | トップページ | 三度目の正直 ヒマワリノビタキ »