2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« アカエリヒレアシシギ | トップページ | コサメビタキ・エゾビタキなど »

2018年9月28日 (金)

サンコウチョウ 幼鳥

里山では嘴とアイリングが鮮やかなコバルトブルーのサンコウチョウは既に南の国へと旅立ったのか見かけることはありません。

居るのは今年生まれの?幼鳥らしき鳥ばかりです。
嘴やアイリングもコバルトブルーには至らず、口の中の色も黄緑色には程遠い感じです。

2f0a0675この時は、幸運な事に枝被りのない好いところへ出てくれました。
2f0a0733
2f0a0613
幼鳥たち、無事に海を渡り成長し、来年もまたその美しい姿を見せて欲しいものです。

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。下の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1378-

               にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

« アカエリヒレアシシギ | トップページ | コサメビタキ・エゾビタキなど »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

度々このサイトで覚えた名前の鳥です。
親鳥たちは既に南国への旅立ちが行われていて
鴨のような親子行動ではなく幼鳥が成長して単独行動で移動するのでしょうか。
外敵がちょっと気がかりな気がします。

おはようございます。
台風24号が、またまた日本列島縦断しそうな気配で、心配ですね。

サンコウチョウの幼鳥、いいですね。
さすがに、幼い顔つきですが、来年やってくる頃には、きっと美男美女になってることでしょう!!

↓のアカエリヒレアシシギも綺麗です。
こちらの休耕田にもやってきたようですが、所用が重なって行けませんでした。
その分、ここで楽しませていただきましたよ。

サンコウチョウの幼鳥さんは、素人目の私にもあどけなさが
可愛いく感じられます。
これから海を渡るのでしょうか・・・・?

本当に無事で又姿を見せてくれると嬉しいですよね~。
、家事の合間に「鳥さん達の写真を眺めてホット一息タイムです。

あすか  様
カワセミとサンコウチョウ。
自分が鳥撮り撮影にハマッてしまた起因の鳥たちです。
白鳥のように家族単位で移動する鳥もますがサンコウチョウなどは子育てが終った親鳥たちは子供たちを残して先に旅立つといわれております。
野鳥の生態は謎だらけと言われておりますが・・・そのとおりですね。

ソングバード 様
台風24号、気になりますね~
何とか被害がないように・・・今のところはただそれだけです。
久しぶりでサンちゃんの子供たちを近くから撮ることが出来ました。

本日、台風が来る前にと、鷹の渡りを見に出かけてきましたが飛翔するのは遥か彼方の高所ばかり。。。
高すぎて写真にはなりませんでしたが一度に160余羽の群の通過には感動しました。

セロリさん  様
サンコチョウは越冬できないので秋になれば再び南の国へと旅立ちます。
外敵から身を守りながら海を渡って飛んでゆく。
その事を思えば渡り鳥たちの健気なさが愛しくてなりません。
それだけに来年もまたその元気な姿が見られることが何より嬉しく感動してしまいます。

サンコウチョウ幼鳥はあどけなさが残り、可愛らしいですね。
親鳥たちとは別行動なのですね。生まれて初めて越冬地へ行けるとは
野鳥の能力は素晴らしいですね。渡りの遺伝子が生まれつき備わっているのかしら・・・

こちらの都市公園で秋の渡りで見られるサンちゃんも幼鳥らしいです。

真夏の成鳥たちとの出会いから、ヒナ誕生など、山場を観察し終えての今の時季。
忘れていたサンちゃんたちとの出会いは、嬉しいですね。
私は、ただそれだけでシャッターを切りましたが、落ち着いて口の中とかも見るべきでした。。。
でも、会えただけで、やはり嬉しいですね。

ホロホロ 様
サンコウチョウの渡り。
親たちが先に渡り、その後から今年生まれの幼鳥たちが旅立つと言われております。
理由は分かりませんが、少しでも大きくなって体力をつけてから飛ぶ?のかもしれませんね。
遺伝子、やっぱり生まれながらに持っているのかもしれません、あの精巧な巣作りでも誰に教わったわけでもないのに作り上げたのですから・・・

korekore 様
巣立ち後は姿を消してしまい、無事成長しているのか気になっていたサンコウチョウたち。
旅立ち前に大きくなった姿を見せてくれた時はやっぱりうれしいものです。
この後は無事海を渡り、再び来年その元気な姿を見せてくれたなら・・・とそれだけが念願です。

こんばんは
サンコウチョウの幼鳥 1枚目は胸の毛や
艶やかな茶色の羽も綺麗に撮れていますね。
どのお写真もいい光の中 スッキリとしたとこで
撮れて良かったですね^^
渡ってしまうのがちょっと寂しいけど 来季また
元気に帰ってきて欲しいですね。
私も昨日はサンチャンに出あえました^^
けど 木々の奥だったり光がなかったり遠かったりで
証拠写真程度でした。
それでも渡り途中のサンチャンに合えたのがめちゃ嬉しかったです^^

台風 明日の夜中がかなり影響がでそうで心配です。
どうぞお気をつけくださいね。

はぴ 様
1枚目は自分が待機していた水場の直ぐ近くまで来てくれました。
こんな近くまで来てくれたことは珍しいことです。
この日、撮影ポイントに居たのは自分だけ。。
本当にラッキーでした。
この幼鳥が海を渡り、来年再び此の地に戻ってくれることを願うばかりです。
そちらでもサンちゃんに出あえた由、好かったですね~

目下、気になるのは台風の事です。
大型である此の台風、被害が出ないことだけを祈るだけです。

こんばんは^^

サンちゃんの幼鳥は、親離れをして
自分の力で、海を渡っていくのですね、えらいわー!

まだ、嘴も黄色くて、あどけないお顔
大丈夫かしらと、ちょっと、心配になりました。
でも、きっと、強いこたちでしょう
立派になって、戻ってきてくれますね。

サンちゃんの、生き生きした姿を見せてもらって、ありがとうございます^^

k-24  様
そうなんです。サンコウチョウは親たちは先に旅立ち、あとから子供たちが旅立つと言われております。
3年前、体にハッキリ特徴のあるサンコウチョウの雄が毎年続けて同じ場所に帰ってきたことを皆さんで確認しています。
サケの帰巣本能のように生まれた場所に帰ってくるものと思えます。
100パーセントではないかもしれませんが・・・ロマンがいっぱいの渡り鳥の世界です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サンコウチョウ 幼鳥:

« アカエリヒレアシシギ | トップページ | コサメビタキ・エゾビタキなど »