2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 尾羽が短くなったサンコウチョウ | トップページ | ツツドリ »

2018年9月 9日 (日)

エゾムシクイ

渡りを前にした夏鳥シリーズの第4編です。
メジロとの混群でムシクイがやってきました。
動きが早く鳥の名前が分かりません。頭央線が見られなかったのでメボソムシクイかと思いましたがベテランさんの話しではこれはエゾムシクイらしいとの事です。

2f0a7758
2f0a7761水浴びシーンは石の陰で写真にならず、出てきたところをパチリ。
2f0a7806

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。下の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1367-

               にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

« 尾羽が短くなったサンコウチョウ | トップページ | ツツドリ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

小鳥たちは同種でなくても昆存で喧嘩等しないのですね。
これからの時期は活発な動きになるのですね。

こんにちは
ムシクイも判別が難しい鳥さんですね。
渡り前に エゾムシクイに出会えて
嬉しいですね~。
どのお写真もキャッチが入ってて
可愛らしいですねぇ。

あすか  様
小鳥同士の喧嘩はしばしば眼にしますが
一方、移動する時など他の小鳥たちと合同で混軍を作ります。
詳しいことは分かりませんが天敵などから身を守る手段なのかもしれませんね。

はぴ 様
エゾムシクイとメボソムシクイとの違い。
自分では判明できず大ベテランさんに助けを求めました。
何れにしても写真だけでは情況差もあって難しいと思います。
写真として残す時はキャッチが入ったものを優先しておりますが、どうしても入らない場合も多いです。

センダイ、メボソ、エゾムシクイ・・・ムシクイの判別は難関ですねー!
頭頂線や羽から区別するのでしょうね。
私のブログにアップしたのもなんだかわからなくなりました(^^;)

ホロホロ 様
ムシクイ類、図鑑では様々な種類があります。
その中でも代表的な3種の内、センダイには頭央線が(個体差もありますが)あるので、難しいのはエゾとメボソとの違いです。
ベテランさんは嘴と羽の色(下尾筒)等々判断しエゾではないかとの結論に至りましたが、絶対とは言えない・・・とのことでした。

こんばんわ。
こんな鳥さんが目の前に現れたら、私は全くお手上げです。
周りの方たちの意見を採用するしかありません。
詳しい人はとってもくわしいんですよね。
私は人の意見を参考にして、そしてすぐ採用となってしまうでしょう。
以前、足がピンク色なのがエゾムシクイだという人がいました。
でも、今回図鑑を見ると、メボソムシクイの足もピンクなのです 

korekore  様
おはようございます。
自分では到底判断が難しくて判断が出来ない場合ってありますよね。
そんな時には周囲の人、中でもベテランさんの意見を伺うことに決めています。
周囲に人が居なかった場合はタブレットに移し、ベテランさんに出会った折に見ていただくようにしています。
自分で間違いないと判断し、ブログUPしたところ、誤りを指摘していただいたこともあります。
鳥自体の個体差のある場合も多いので本当に難しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エゾムシクイ:

« 尾羽が短くなったサンコウチョウ | トップページ | ツツドリ »