2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 大苦戦です今季のツツドリ | トップページ | アカエリヒレアシシギ »

2018年9月24日 (月)

美しいセイタカシギ

休耕田のセイタカシギ、比較的身近な所で見ることが出来る何時見ても綺麗な水鳥です。

2f0a9185
休耕田には7羽居るようですが、この日現れたのは6羽。

2f0a9176
2f0a9170
「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。下の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1376-

               にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

« 大苦戦です今季のツツドリ | トップページ | アカエリヒレアシシギ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

同じシギ種でも足がスラッと長く見栄えのする綺麗な鳥ですね。
しかし休耕田でもこうした鳥たちが飛来する場所も今は私のような高齢者には羨ましく感じます。

こんにちは!
セイタカシギは石垣島の水田にも沢山いましたが、本州と南西諸島の間を渡っているのでしょうか。
綺麗な鳥ですよねぇ・・・。

あすか 様
セイタカシギ、綺麗なだけでなくスマートでカッコいいところから鳥撮りCMさんにも人気の水鳥です。
休耕田が減ったので自分たちも大変ですが、水鳥たちも苦労しているのではと思います。

FUJIKAZE  様
セイタカシギのライフスタイルの詳しいことは分かりませんが図鑑では旅鳥となっております。
愛知県では越冬繁殖もしておるとの事ですが当地方では??です。
優雅なスタイルは誰が見ても「きれい」な鳥ですね~

セイタカシギ、とても綺麗に撮られていますー!
背景も綺麗でセイタカシギの美しさが倍増していますね。

かつては繁殖もしていて、セイタカシギといえば有名なこちらの谷津干潟。
私は最近、セイタカシギに出会っていないので、見に行きたくなりました。

こんばんは。
このところ天気が悪い日が続いて、鳥撮りも苦労しますね。
セイタカシギ、やっぱり休耕田のような緑があるところの方が映えますね。
こちらでは、数も少し増えて、15~6羽ぐらいいるようです。
しばらく楽しめそうですね。

↓のツツドリ苦労された甲斐あったようですね。
こちらでも、あちこちで姿を現せてますが、その後、撮りに行けてないんです。(^_^;)

こんばんわ。
そちらの休耕田では7羽も飛来したとか。。。
羨ましいことです。
こちらではただの1羽だけでした。 しかも幼鳥。
なんとなくひ弱そうに見えてしまいました。
でも、絵になるシギさんですね。
今年も会えてよかったです。

こんばんは
セイタカシギ 気品があって美しい鳥さんですよね。
お顔はとってもキュートで大好きです。
先日から 近場をぐるぐる 何度も探してるんですが
毎年見れたとこにもいなくて・・・
七羽も見れたとは羨ましいです。
見つけられないと よけいに撮りたくなるんですよね~(笑)
また 探してみます。

ホロホロ 様
休耕田なので雑草の緑が結構好い背景になってくれました。
1枚目は横に開た雑草でなく株立ちの方が好かったかもしれませんがこればかりはね~
谷津干潟では繁殖もしていたのですか。
隣県である愛知県ではその様な話しも聞いたことがあります。

ソングバード 様
そちらでは15~6羽も飛来しているのですね。
当地方でも毎年飛来のニュースを聞きますが、数の多い飛来はありません。
それでも此の美しい姿を見たときはやっぱり嬉しくなります。

ツツドリは大不調でまともに写真を撮らせてくれません。
こんな事は初めての事です。

korekore 様
当地方の池や休耕田にも毎年飛来しますが数はそれ程ではありません。
そちらへの1羽は一寸寂しい気もしますが、何しろ相手は野生の鳥たちです。
一気に飛来が増える可能性も否定できません。
果報は寝て待て・・・のんびり待っておれば飛来の嬉しいニュースが入ってくるかもしれませんよ。
鳥運の好い「korekore」さんですから。。

はぴ 様
季節の野鳥の飛来数、毎年同じぐらいの時もあれば異なる場合もある。
その様なことはわかっているつもりでも一喜一憂してしまいます。それが鳥撮り屋さんの気持ちかもしれませんね。
毎年見られるところは今年も飛来する確立は高いのではないでしょうか。
これからに期待しましょう。

いつ見てもセイタカシギは、美しいですね。

ついつい足の長さの方に、見入ってしまいます。
休耕田があると鳥たちにとっては、立ち寄りやすい場所なんでしょうね。
キレイな水鳥たちの様子を見守る時間も、country walkerさん達も至福の時間なのでしょうね。

セロリさん  様
昨年ぐらいからめっきり減ってしまった休耕田。
農業政策の変更によるものと聞いておりますが水鳥同様自分たちも困惑しております。
仰るとおり、鳥を見つけた瞬間からファインダーに全神経を集中し、ピントや露出に注意をしつつシャッターを押す、この時は何もかも忘れていられる至福の時間だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美しいセイタカシギ:

« 大苦戦です今季のツツドリ | トップページ | アカエリヒレアシシギ »