2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« オオルリ(♂) | トップページ | エゾムシクイ »

2018年9月 7日 (金)

尾羽が短くなったサンコウチョウ

久しぶりにサンちゃんを見ることが出来ました。
サンコウチョウのトレードマークであるオスのあの長い尾羽は既に抜け落ちて無く、離れたところから見ただけではオスとメスの区別も分かり難くなってきました。

アイラインがオスにしてはやや細い感じのサンちゃんのオス。

2f0a7927
二羽並んでいます、右側はハッキリしませんが今年生まれた幼鳥?

2f0a7944
これはメスのようです。

2f0a7998
「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。下の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1366-

               にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

« オオルリ(♂) | トップページ | エゾムシクイ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

都心ではまずお目にかかれないサンコウチョウもWeb上で拝見できるのは有難いものです。
二重のお目目が愛らしいサンちゃんも秋に向けての準備でしょうか。

おはようございます。
ここにきて、夏鳥のオンパレードですね。
秋のサンコウチョウ、長い尾羽を落として、そろそろ旅立ちの準備でしょうか。
落としていった尾羽、一度見てみたいものですね。
羽図鑑を見ても、あまり掲載されてるものが無いんですよ。
移動中は複数いるところを見たことないので、別々行動なんでしょうね。

あすか 様
トレードマークの長い尻尾が抜け落ちてしまったサンコウチョウの雄。
秋の渡りの準備完了といったところでしょうか。
撮る方からみれば尾羽の長い方がカッコいいです。

ソングバード 様
おはようございます。
里山には夏鳥たちが終結していたのでしょうか、続けて見る事が出来ました。(と言っても1日に1~2種程度でしたが)
落としていったサンちゃんの長い尾羽、鳥友さんが昨年は偶然拾いましたが、疵もなく実に綺麗だっとの事です。その方は額に入れて写真と共に飾ってあるそうです。
渡りの寸前幼鳥たちが集まって居るところは見た事がありますが成鳥はまだ見た事がありません。

サンコウチョウの親子、対話しているように見えます。
餌の撮り方、天敵へのかまえ・・・など、微笑ましいですね。

ちどり 様
サンちゃん親子、親が子に話をしているように見えましたか。
実は自分も内心そう思っていましたが子の方の写りが悪くて・・・
同じように思っていただけただけでも嬉しい事です。

キビタキ・オオルリに続き、今日はサンコウチョウですか。
私の憧れの夏鳥のオンパレードで素晴らしいラインナップです(^^)

雄のトレードマーク、長い尾羽は短くなってしまいましたね。
やはり、長い尾羽がカッコいいですね。
いつか、長い尾羽のサンちゃんに出会いたいものです。

渡り前の貴重なサンコウチョウファミリーとの出会い、よかったですね。
お子様と言い、尾が短くなったオスといい、母親も一緒で、
これからどこまでの旅を続けるのでしょう。。。?
お子ちゃまも、頑張ってはるかな旅を乗り越えていってほしいですね。
そして、来年のお帰りもうまくいきますように。

ホロホロ  様
あの暑かった日々、殆ど姿を見せてくれなかった夏鳥たち。
秋が近くなった事を感じたのでしょうか9月に入ってから急にその姿を見せてくれました。
渡りの時期を感じて高い山から里山まで降りてきたのかもしれませんね。
あの長い尾羽も来年まで見ることは出来ません。
都会ではなかなか見られない長い尾羽のサンコウチョウ、来春の渡りの時期がチャンスかもしれませんね。
夏鳥シリーズ、後2~3回続きますので宜しくお願いいたします。

korekore  様
鳥枯れで殆ど姿を見せてくれなかった時期が長くありましたが、最近になって夏鳥たちの姿を見かけるようになりました。
と言っても1日待って1~2種程度ですが。
子育て終了後は羽も痛み、綺麗とは言えなかった親鳥も羽が生え変わりすっかり綺麗になりました。
サンちゃんのヒナたちも親鳥と変わらない位大きくなり頼もしい限りです。
来年も元気でその姿を見せて欲しいものです。

こんばんは
ご無沙汰していました~。
サンコウチョウの親子に出会えたとは羨ましいです!
尾のぬけたオスは渡りの準備完了でしょうか。
数年前 近所の川で渡り途中のメスに一瞬出会えたので
またどこかで偶然の出会いを期待しちゃいます。
夏の締めくくりにオオルリにキビタキにも会えて良かったですね^^

はぴ 様
サンコウチョウは8月末頃には既に尾羽が抜けていたと記憶しています。
尾羽が抜けて短くなり、長旅をするには飛行が楽に?なるのかもしれませんね。
でも5月初めに来るときには尾羽は既に長い・・・のが不思議です。
真夏の間は殆どその姿を見せなかった夏鳥たちがここに来て里山でも見られるようになってきました。
高い山から降りてきたのかもしれませんね。

キビタキ・オオルリなど綺麗な色合いの鳥さん達オンパレードのブログを
のんびり拝見してホット一息ついている日曜日の午前中ですです。

サンコウチョウの尾羽がないと、やはり物足りなく寂しい感じがしますね。
旅立ちの準備中のサンコウチョウファミリー・・・幼鳥さん達も無事目的地まで
到着できますようにと思わず祈ってしまいます。(笑)


セロリさん  様
拙い鳥写真が続いておりますが日曜日の一時を見ていただき有難うございます。
サンコウチョウのトレードマークはあの長~い尾羽。
その尾羽のないサンちゃんを見て、やっぱり物足りなさを感じますね。
親子共々目的地までたどり着き、来年また元気な姿を見せて欲しいと願うばかりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尾羽が短くなったサンコウチョウ:

« オオルリ(♂) | トップページ | エゾムシクイ »