2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 久しぶり ホトトギス(赤色型) | トップページ | 里山の常連さん キビタキ »

2018年6月21日 (木)

里山で オオルリ

何時もの里山でオオルリを。オオルリを見るのは別の場所で見て以来で1ヶ月ぶりです。

2f0a6545

サンちゃんは鳴き声もなく、無言でチラリと姿を見せただけ、相変わらずサンちゃん撮影は不調です。

2f0a6374
鳥友さんが山道脇に落ちていた枯れ枝に付いていた使用済みの小鳥の巣を見つけ拾ってきた。巣は昨年のものと思われますが口径が4cm位とごく小さい、こんな小さなしかも精巧な巣を作った鳥は? 

2f0a6392

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。下の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1327-

               にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

« 久しぶり ホトトギス(赤色型) | トップページ | 里山の常連さん キビタキ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

鳥の巣造りと言えばカラスのハンガーを思い浮かべますが・・・(笑)
小さな小鳥でもひな鳥の為に一生懸命巣造りに励みますが、それも結構精巧に出来ているのには驚きですね。

オオルリさんは、相変わらず綺麗な色ですね。
鳥撮りさん達には、人気のある鳥なんでしょう~。
サンちゃん→遠目にでも長い尾に存在感が十分ありますよ。

小鳥の巣の精巧さ凄いです。我が家に鳩の巣を作られた時も
小枝などをあつめて繊細に作ってあったのにはびっくりしたことがあります。

あすか 様
カラスのハンガー、自分もTV等で放映されたことを覚えていますよ。
小鳥の巣、実物も写真では分かり難いかもしれませんが実に精巧に作られています。
巣から鳥の名前が分ればよいのですが・・・

セロリさん  様
オオルリはその美しさからコルリ・ルリビタキと共に青い鳥御三家のひとつとされ、鳴き声の綺麗な事から鶯、コルリともに日本三大鳴鳥の仲間にも入っている人気の鳥です。
今年もサンちゃんはなかなか撮れません。
二年続いて大苦戦です(笑)

そちらの里山は良いですねー!
オオルリ、サンちゃんと羨ましいですヽ(´▽`)/
オオルリ、サンコウチョウとも繁殖しているのでしょうね。
野鳥は手があるわけでもないのに、嘴で器用に精巧に巣を編むのですね。
周りに緑の苔?葉?などもつけて、周囲に溶け込ませていて本当に感心させられます。

ホロホロ  様
此の時期、オオルリやサンちゃんは都心ではやっぱり難しいのでしょうね。
こちらの里山では夏鳥たちが子育ての真っ最中。
デリケートな時期なので営巣中の場所には行けませんが、子育てが順調に進むことを祈るばかりです。
鳥友さんの拾ってきた過去の巣、あまりにも精巧に作られていることにただただビックリです。

こんばんわ。
そういえば、私も2ヵ月前に会えたばかりで、その後一度も会えてません。
あんなに会えたことを喜んでいたのに、一度再会を果たすと、その後はお見限り。
それじゃ、ちょっとかわいそうですよね。
近いうち、また出かけて見ます。
思いもかけず、ヒナにあえるかもしれないし。。。
巣は、口径の長さから言って、エナガかなぁ?

こんばんは^^

オオルリさん、とっても美しい鳥ですね。
くちばしを開けて、きれいな声を聞かせてくれているのでしょうか^^

サンちゃんも、かっこいいです!
いつも、そう思って見せていただいています。
鳥の巣、こんなに、じっくり見るのは、初めてです。
鳥って、すごいですね!

おはようございます。
夏枯れシーズンとはいえ、鳥が少ないですね。
オオルリもそろそろ雛が巣立って、姿を見せてくれる頃でしょうか。
サンコウチョウの巣、営巣中の時はあまり気にしないのですが、予想以上に小さいみたいですね。
(実物の鳥の巣は、みんな想像以上に小さいみたいです。)

korekore  様
そうです。季節の初めに出あえれば先ず一安心で、どうしてもその季節見ていない次の鳥の方に関心が行ってしまいますね。
巣はエナガですか?
とにかく小さいので、当初はメジロかな?と想像しましたが全く分かりません。
エナガかもしれませんね。

k-24 様
撮影時、オオルリは森中に響き渡るような美しい声で鳴いていました。
日本三鳴鳥のひとつに入っているだけに実に綺麗な鳴き声でしたよ。
サンちゃんは大好きな鳥なのですが今年もなかなか撮れなくて。。
鳥の巣、嘴だけでこれほど精巧に作るなんて想像も出来ませんね。

ソングバード  様
鳥が少なくて本当に困ってしまいます。
森では今年生まれたひな鳥たちを見かけるようになりました。
成鳥でも難しい鳥の名、近くに親鳥が居れば何とかなってもヒナ鳥だけとなれば全く分かりません。
サンコウチョウの巣、かつて使用済みの巣を手にとって見た事がありますが確かに小さいものですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 里山で オオルリ:

« 久しぶり ホトトギス(赤色型) | トップページ | 里山の常連さん キビタキ »