2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 季節の鳥 コルリ | トップページ | 変わったキビタキ »

2018年5月24日 (木)

今季初見・初撮り タマシギ

天気予報は昼頃から雨、昨日は出先を変えて今季初のタマシギ探しに田んぼ巡りです。
皆さんから聞いている何時もの田んぼでは発見出来ず、場所を変えてウロウロ・・・そして漸く見つけた田んぼには2組のタマシギのペアーが居ました。

その中の一組のメスが近くに居る盛んに羽を上げてオスに「アッピール」? タマシギは一妻多夫制でオスよりメスの方が綺麗、子育てはオス専門です。

2f0a5823
車内からの撮影ですがペアで居るタマシギとの距離は3m位とこれほど近く見るタマシギは初めて。。。
近すぎてシャッター音が災いしてはと連写枚数は減りますが静音撮影に切り替えパチリ。
近過ぎて二羽揃ったところは撮れません。先ずはメスから・・・

2f0a5941
そしてお父さんも。。

2f0a6001
眼下では繁殖行為も行われましたが近すぎたこともあり、写真のUPは断念。

少し離れた田んぼの畦道に漸く二羽揃って来たところです。

2f0a6259

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。下の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1313-

               にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

« 季節の鳥 コルリ | トップページ | 変わったキビタキ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

タマシギのオスはウズラに似てますね。
メスの綺麗な配色も通常のオスメスの逆転なのですね。
♪あまいろのかみのおとめ♪
即、歌ってしまいました。(笑)

あすか 様
タマシギ、ずんぐりしたスタイルはスマートとは言えませんが、カメラマンにも人気の鳥です。
そうです、通常の鳥とは全く逆なのです。
亜麻色と言えばあの「亜麻色の髪の乙女」ですね。

次から次と秘蔵の映像ショットが出てきますね。
タマシギがこんなに近くから撮れるだなんて・・・
やはり車中移動がコツでしょうか。
私は今季まだ例年のタマシギポイントに出かけていません。
これからの暑い中、頑張るしかないのでしょうね。
メスの力いっぱいのディスプレイが綺麗ですね。
これじゃ、オスもいちころ 

korekore  様
このショットは昨日(23日)に撮ったものです。
自分もタマシギがこれほど近くで撮れたのは初めて。
小雨がパラついてカメラマンはゼロ、通行車両も少なかったのが幸いしたのかもしれません。
田植えが終わった田んぼは稲も低いのでタマシギが発見し易かったこともありますが、メスがオスを呼ぶため?の羽を精一杯上げてバンザイスタイルが目立ったので容易に発見が出来ました。
鳥への接近、車中からの撮影に勝るものはないと思います。

タマシギのメスさんのアピール姿…カッコイイ
黒めがパッチリで美人の鳥なのかな?
オスの鳥の方が美しい羽根なのに、タマシギさんは、違うのですね。

車内からの撮影でこんな近くにお目当ての鳥を撮ることが出来
本当にラッキーな一日でしたね~。

セロリさん  様
鳥の世界では珍しいメスの方が綺麗なタマシギ。
一妻多夫性なのでメスは卵を産むだけ・・・巣作りから子育ては一切オスの仕事です。
車内からの撮影は雨がパラつく昨日のような日には有難いのですが、結構窮屈で疲れるものです。
やっぱり三脚を立て、外で撮る方が楽なんです。

タマシギのメスは大きなお目目と白いアイシャドウで超美形ですね(^^)
多くの野鳥は雄が綺麗ですが、タマシギは例外。子育ても雄とこちらも珍しいですね。
今年もイクメンの奮闘ぶりがもうすぐ見られますね。
タマシギ・アマサギどちらも見遭遇です。今季は是非ともアマサギだけでも見たいものです。

ホロホロ 様
タマシギ、普通の鳥とは違う珍しいタイプの野鳥ですね。
今年は例年よりその数が少ないように感じますが何とか探し出しました。
タマシギはそちらの広い公園には居ないのですか。
亜麻鷺は白鷺類に交じって居る事もあります。
見ることが出来れば好いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今季初見・初撮り タマシギ:

« 季節の鳥 コルリ | トップページ | 変わったキビタキ »