2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 今季初見・初撮り タマシギ | トップページ | 今年も大苦戦 サンコウチョウ »

2018年5月26日 (土)

変わったキビタキ

前々回にUPしたプチ遠征時の続きです。コルリを見た場所に現れたのは変わった?キビタキ。この鳥が現れた時には其処に居合わせた鳥撮りCMさん一同「なにこれ・・・?」

2f0a1091
キビタキには違いない様ですが、胸から腹付近までの羽の色が普通のキビタキとは明らかに異なります。

2f0a1132
毎日来ている地元のCMさんによれば、前日までは見かけなかったとのことです。

鳥友さんが調べた結果、雄の1年目の夏羽ではないかとの事ですが、野鳥の判別は、本当に難しいですね。

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。下の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1314-

               にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

« 今季初見・初撮り タマシギ | トップページ | 今年も大苦戦 サンコウチョウ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

不思議な出会いをされたんですね。
雄の1年目の夏羽?
胸が真っ白なのが気になりますね。
不思議?、不思議?

korekore  様
このキビタキが現れたとき皆さん一様に「これは何?」でした。
珍鳥かと一瞬期待してしまいましたが
1年目の夏羽ではないかとの結論に至りました。
鳥の識別は本当に難しいですね。

このキビタキくん、オレンジ色の胸と真っ白なお腹の境目がはっきりしているのですね。
第一回目の夏羽なのですね。
個体差もあるのでしょうか・・・

ホロホロ  様
鳥の識別、本当に難しいですね。
オスメスの違いから幼成鳥、季節の換羽に今回のような第1回目・・・
こうなれば自分の手には負えません(笑)
個体差、胸の黄色の部分でも濃淡の差があるのであるのではないでしょうか。

わぁ~ ほんと変わったキビタキですね。
一年めの夏羽ですか~。
鳥さんの判別 ほんと難しいですよね。
珍しいキビタキを撮れてラッキーでしたね^^

↓のタマシギ 近くで撮れて良かったですね~。
シロツメクサとのコラボ いいですね。
求愛ダンスも見れて羨ましいです。
こちらでも探すんですが見つからずw
以前いたとこも埋め立てられてしまったので
みれなくなってしまいました。

こんにちは

珍しいキビタキに出会いましたね~(*^_^*)

改めてキビタキの画像を見てみました。やはり違いますね。
幼い鳥の様にも見えますね。
野鳥の判別は本当に難しいですね。

こんばんは。
1年目の雄のようですね。
それにしては喉元の黄色が鮮やかです。
南に帰るころには綺麗な姿に変身してるかもしれませんね。

↓のタマシギ、毎年のことながら、お見事です。
こちらでも、田んぼに入ったようですが、すぐにいなくなりました。(^_^)/~

はぴ  様
1年目のキビタキは初めて見ました。
鳥の判別、本当に難しいです。
↓のタマシギ、タマシギは毎年見ておりますがこれほど近くから、しかも求愛ダンスまで見れたのも今回が初めての初めてづくしでした。
今晩のHKTV「ダーウィンが来た」でタマシギが偶然ですが放映されて嬉しかったです。

花菜  様
キビタキでも変わったタイプの鳥を偶然ですが見ることが出来て嬉しかったです。
野鳥の世界、判別だけでも本当に難しく改めて奥が深いものだと痛感しました。
これからも頭を悩ますような鳥に出あうかもしれませんがそれも楽しみのひとつかもしれません。

ソングバード 様
変わった色のキビタキ、鳥博士の「 ソングバード」さんにも「1年目の雄のよう・・・」と、判定して頂きこれで一安心です。
タマシギは毎年数箇所で営巣が確認されていますが今年は若干少ない感じです。
それでも2組のペアの確認が出来、繁殖行為まで見ることが出来ました。
これからは稲も伸び、営巣~子育ての確認も難しいかもしれませんが、確認しないほうが鳥のためには好いのかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変わったキビタキ:

« 今季初見・初撮り タマシギ | トップページ | 今年も大苦戦 サンコウチョウ »