2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 今年も来ました コアジサシ | トップページ | 今度はヤブサメ »

2018年5月 3日 (木)

今季もあのコマドリが

少し離れた里山へ、今年もまたコマドリが来てくれました。

最初はコマドリのオス。

2f0a5840
少し期間をおいて現れたのはメス。

2f0a8148
そして夏鳥の顔、クロツグミです。

F0a4979
嬉しいことに今年もまた夏鳥の代表する野鳥たちを見ることが出来ました。

「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。下の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1302-

               にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

« 今年も来ました コアジサシ | トップページ | 今度はヤブサメ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

こんにちは 
コマドリ可愛い鳥ですね。
カメラを構えて待っている姿目に浮かびますよ。
忍耐要りますね。

すご〜い! ラインナップですね。コマドリとクロツグミとは・・・
コマドリは可愛いです。昨年、初見した感激が蘇ります(^^)
クロツグミにも初めてなのでできれば出会いたいものです。
平地でこれらの鳥たちに出会えるのは稀なので、やはり山などへ行く必要がありますね。

ふみ 様
かつて自分が大好きだった魚釣り。
近くの海へ出勤前や退社後にも出かけたものですが、鳥撮りは魚釣りに似て居るのか居ないのか分からない魚を唯ひたすら待つ魚釣りに似ています、魚と鳥を置き換えれば・・・

ホロホロ 様
駒鳥もクロツグミも鳴き声が聞こえてもなかなか眼にすることは出来ません。
今日も隣県まで鳥友さんとご一緒し出かけてきましたが、双方の鳴き声は盛んに聞こえておりましたが出あう事はありませんでした。
それでも5月の爽やかな空気と新緑を存分に堪能してきました。

コマドリはこちらでもなんとかなるのですが、クロツグミが難しいです。
思い切って、また遠出してみようかと思い進路はその方向に向けたのですが、
その日に限って、3㌔が30分の渋滞とラジオの高速情報で言っていたので、
途中から方向展開してしまいました。
行くべきだったのかどうか…

こんばんは
早々にコマドリ、黒ツグミに出会えて
めっちゃ羨ましいです~。
しかもオスとメス どちらも合えたんですねぇ。
ピッと立てた尾羽 可愛いですねぇ。
コマドリも黒ツグミもいいとこに出てくれましたね^^

私は一昨日 プチ遠征に行ったんですが
情報不足で・・・スカでした(>_<)
出会えたのはゴジュウカラくらいで
少し早かったのか、行った場所には来ないのかもです。

korekore 様
夏鳥たちが続々飛来してきましたね。
でも、なかなかその姿を見せてくれないのがクロツグミ。
昨日も鳥友さんとミニ遠征してきましたがクロツグミの声は盛んに聞こえてくるのですが姿は全く見えずでした。
それでも久々にコルリを見ることが出来ました。
嬉しかったです。

はぴ 様
鳥撮りには運不運が大きく左右しますね。
幸運の時もあればアンラッキーな時も・・・
「はぴ」さんはゴジュウカラだけ。
ゴジュウカラは平野部では絶対に見る事の出来ない鳥ですから、それはそれとして成果だと思いますが。
自分などゴジュウカラは長い間見ておりません。

こんばんは。
コマドリ、相変わらず良い所に出てくれますね。
先日、こちらの公園にも7~8年ぶりにやってきたのですが、狭い所に4~50人くらいの鳥撮りさんたちで、連日にぎわいました。
取りあえず、頭越しで撮ったものの、証拠写真程度。
人のあまりいないポイントを見つけたいものですが、山にでもこもらないと無理でしょうね。(笑)

夏鳥のシーズンですねぇ。きれいに撮られていますね。
そろそろ御苑にも来ているかなあ。

ソングバード 様
コマドリ、例年どおりの好い場所に来てくれました。
此の撮影地は比較的場所に余裕があり、皆様の中に入れていただき撮ることが出来ました。
地元の方々は殆どが顔見知りのCMさんばかりなのでこんな時は本当に有難いものですね。

ちどり 様
コマドリ、御苑にも飛来するのですね。
関西では野鳥の飛来地として大阪城公園が有名ですが、京都御苑も色々珍しい野鳥が来るのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今季もあのコマドリが:

« 今年も来ました コアジサシ | トップページ | 今度はヤブサメ »