2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 季節の鳥 ツバメチドリ | トップページ | コゲラとスズメの水浴び »

2018年5月18日 (金)

珍鳥 コシャクシギ

シギの仲間の「コシャクシギ」。珍鳥といえる鳥でもあり、このレポートも前回のツバメチドリ同様、三週間以上前の撮影です。
チュウシャクシギやダイシャクシギは居てもこの「コシャクシギ」を見る事は稀な事で、自身初見・初撮りでもあります。

2f0a9486

雌雄の区別は定かではありませんが二羽揃って居ることはペアなのかもしれません。2f0a9590
飛び出しの瞬間。

2f0a9616


「デジタル写真・にほんブログ村」ランキングに参加しています。下の「デジタル写真」と書かれたバナーまたは「にほんブログ村」の文字を「ポチッ!」とクリックしていただければ幸いです。 -1310-

               にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  にほんブログ村

« 季節の鳥 ツバメチドリ | トップページ | コゲラとスズメの水浴び »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

初見初撮りの鳥とは
鳥の世界の奥深さを感じます。
シギと言えばくちばしの長い鳥と記憶していますが
種別は素人目には全く判別がつきません。

あすか 様
未だ未だ知らない野鳥の世界。
自分など未だ知らない鳥がいっぱいです。
シギ類は似た形のものが多く、判別が本当に難しいです。
鳥名は難しくても写真を撮っているだけでも楽しいものですから。。。

コシャクシギという名だから、ダイシャクシギやチュウサギシギに比べれば、
一回り小さいのでしょうね。
その分、可愛いかも。
突然の飛翔は補正値修正もできず、難しいですね。
でも、いい出来ではないでしょうか。

コシャクシギは未だ見たことがありません。
羽の裏側が均等なまだら模様で、美しい鳥ですね。

korekore 様
図鑑によればダイシャクシギは60cm、チュウサギシギが42cm。
コシャクシギは31cmなのでかなり小型ですね。
全長はとも角実際に見た感じでは嘴の長さがチュウサギシギよりかなり短いな・・・と思いました。
仰るとおり地上に居た鳥が突然大空に舞い上がった時の露出補正の対応は大変なので、カメラボタンの操作カスタマイズボタンを設定をしてあります。
暗い森の中ではその都度手動で露出を補正します。でもこれがなかなか大変です(笑)

ちどり 様
鳥暦の豊かなベテランさんの「ちどり」さんでも見たことがないとなればやっぱり珍鳥ですね。
自分は勿論初見・初撮りでした。
ピンボケにならないように夢中でシャッターを押しましたよ(笑)

コシャクシギの初見・初撮り、おめでとうございます。
2羽も見られたとはすごいことですね。

まだ、私が鳥撮影を始めたばかりの頃、葛西に一羽来たことがあります。
その時は多くのカメラマンさんで賑わいました。
チュウシャクシギと比べると小さいシギだったと記憶しております。

ホロホロ  様
コシャクシギ、葛西には来たことがあったのですね。
この時同行したベテランさんもコシャクシギは非常に珍しいと話しており、「これはかなりの珍鳥だな・・・」と感じた次第です。
チュウシャクシギより10~11cmぐらい小型と図鑑にありましたし、くちばしの長さもかなり短いように思いましたよ。

こんばんは
コシャクシギって珍鳥なんですね。
見れて良かったですね~。
口ばしが頭一つ分くらいなんですね。
私は未見ですが、チュウシャクシギは
田んぼで見ました。
ツバメチドリは歌舞伎顔ですね~。
カッコいいチドリさんで 私も見てみたいです。

はぴ 様
遠くから見れば、チュウシャクシギの様にも見えますが一回り小型。
でもこれがなかなか見られない珍鳥とか。。。
でも地味な鳥ですね。
むしろ↓のツバメチドリのほうが見栄えがしますね、
此の鳥は毎年短い期間だけ見ることが出来ます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/73400637

この記事へのトラックバック一覧です: 珍鳥 コシャクシギ:

« 季節の鳥 ツバメチドリ | トップページ | コゲラとスズメの水浴び »